サラリーマンは注意!家賃収入を得ている人は年末調整をしよう!

サラリーマンは注意!家賃収入を得ている人は年末調整をしよう!

家賃収入だけの場合、確定申告が必要ですがサラリーマンの場合はどうなるのでしょうか? ネットで調べてみると、副業は確定申告の必要がない、なんて書かれていることがあるんですよね。 今回はサラリーマンが家賃収入を得ている場合はどうするべきなのかを紹介していきましょう!
家賃収入だけの場合、確定申告が必要ですがサラリーマンの場合はどうなるのでしょうか?

ネットで調べてみると、副業は確定申告の必要がない、なんて書かれていることがあるんですよね。今回はサラリーマンが家賃収入を得ている場合はどうするべきなのかを紹介していきましょう!
年末調整とは、会社から支給される給与所得の所得税額を計算する手続のことを言います。

サラリーマンが家賃収入を得ている場合はどうなる?

サラリーマンが副業をしている場合、年末調整なんて言葉を聞くことがありますよね。サラリーマンの場合は会社が確定申告をしてくれるのですが、副業をしている場合は年末調整が必要になるんです。

こちらでは、家賃収入を得ている人が覚えておくべきことを見ていきましょう(`・ω・´)

不動産所得を得ている人は年末調整が必要

先述したようにサラリーマンが家賃収入を得ている場合は年末調整が必要です。勤めている会社だけの収入であれば問題ないのですが、給与以外の収入があるなら自分で確定申告をしなければいけません。

会社は「会社が出している給与分の確定申告」しかしてくれないからです。その他は当然ながら自分で計算をして確定申告をしなければいけないんですよね(・_・;)

20万円以下であれば確定申告を省略できる?

サラリーマンが副業をしている場合、20万円以下であれば確定申告を省略することもできます。

でも、家賃収入で年間20万円以下になることはほとんどないので、ほぼ確実に年末調整をして確定申告をしなければいけないと覚えておいてください。

年末調整をすることでメリットはあるのか?

年末調整をして確定申告をするのは、はっきり言って面倒ですよね(・_・;)

でも、確定申告をすることで支払う税金を少なくしたり、還付金を受け取ることが出来たりなど苦労の分のメリットはあると考えてもいいですよ(*^▽^*)

もちろん、家賃収入で儲かっている人は税金が増える場合もありますが、それは仕方ないですよね。黙っておけば大丈夫、なんてことはないのでしっかり得た収入分の税金は支払うようにしましょう。
近年、不動産投資のセミナーが到るところで開催されていますが、多くの方が、相場より高く物件を購入されています。それは不動産業者とユーザーの間に大きな情報格差があるから。「セカオピ」では、不動産投資のである不動産鑑定士や、金融や投資に強い1級ファイナンシャルプランナーなどの専門家が、公平な目線で情報提供します。

家賃収入を得ている人はどうやって確定申告する?

via pixta.jp
サラリーマンの人は、自分で確定申告をすることがなかなかないと思います。ほとんど会社がやってくれますからね(・_・;)

こちらでは、どうやって確定申告をするのかを見ていきましょう(`・ω・´)

一般的な確定申告同様に行う

基本的に毎年2月中旬から3月中旬まで確定申告の期間が決まっています。その間に経費などを計算して確定申告をするだけです。地域によっては確定申告のための会場が作られたりしていますが、e-Taxというインターネットを使った申告も可能です。

2020年からは新型コロナウイルスの影響もあって、確定申告期間も延長されたりしているので、しっかり期間を把握しておくようにしましょう。

確定申告をしなかったらどうなる?

確定申告をしなかったらどうなるのか、それは脱税になってしまうので犯罪です(-_-;)

副業なんだからバレない、と思っている人がいるならそれは大間違いです。最初は気づかれなかったとしても、必ずバレてしまい追徴金などの問題になるので必ず確定申告をしておきましょう。

それに、先述したように還付金や税金の減少などのメリットもあるので確定申告をしない方が損をするという人が多いんですよ(;´・ω・)

なるべく早めの確定申告をしよう!

サラリーマンの場合、確定申告に慣れていない人が多いです(;^ω^)

そのため、申告漏れなどでやり直さなければいけないこともあります。確定申告の期間は決まっているので、なるべく早めに行うようにしましょう(`・ω・´)

早めに行うことで、ミスがあってもしっかり期間内に修正申告をすることができるからです。

サラリーマンの場合は年末調整をして確定申告をしよう!

家賃収入を得ている人は、しっかり年末調整をして確定申告をしてくださいね。じゃないと、あなた自身が損をすることになるかもしれないからです。

年末調整は面倒な部分が多いですけど、メリットも多いので分からない人は専門家に相談してみるのもひとつの方法ですよ!
TOP