副業のすすめ!副業のメリットについてご紹介、留意点についてもお伝え。

副業のすすめ!副業のメリットについてご紹介、留意点についてもお伝え。

副業をする人は年々増えてきています。副業をする理由は人それぞれです。 本業の収入が大きく減った、夫婦の片方が失業した等生活のためのお金が必要になった。自分が活躍できる場を広げたい。本業以外に人脈を広げたい。好きな趣味で収入を得たい。時間にゆとりがあり、前から考えていたことを試してみたい。様々な理由・目的をもって副業にチャレンジする人が増えています。
副業をする人は年々増えてきています。副業をする理由は人それぞれです。

本業の収入が大きく減った、夫婦の片方が失業した等生活のためのお金が必要になった。自分が活躍できる場を広げたい。本業以外に人脈を広げたい。好きな趣味で収入を得たい。時間にゆとりがあり、前から考えていたことを試してみたい。様々な理由・目的をもって副業にチャレンジする人が増えています。

厚生労働省が平成30年1月に改訂したモデル就業規則においても、「労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。」とされています。最近、ニュースやインターネット上、周りの友人等から副業について耳にすることも多くなり、気になっている方もいらっしゃるかと思います。

そこで、今回はファイナンシャルプランナーの視点から副業をすることでご自身が得られるメリットについてお伝えします。併せて副業するときに気をつけるべき点を解説していきます。副業に興味があるものの、まだ最初の一歩が踏み出せない方はぜひ参考にしてください。

副業のメリットその1  お金が得られる、家計に余裕ができる

副業のメリットにまず挙げられるのはズバリお金です。本業から毎月決まった給料を受け取って生活していますが、正社員であってもなかなか給料の上がらない時代です。本業だけで十分な給与が得られない場合、また一時的に業績悪化のため給与・ボーナスが減らされたとき、副業によって収入を得ることで家計の収支悪化を防ぐことができます。また貯金ができない方にとっても有効な手段といえます。

本業だけで生活できない

根本的に解決する必要があります。毎月家計の収支バランスが取れない場合には収入を増やすか、支出を減らさなければなりません。すぐには支出が削れない場合、副業によって赤字を補填することが可能になります。
しかし、研修期間や見習い期間のため今は賃金が低いが、今後はスキルアップし確実に収入が増える見込みである場合などを除き、本業の収入が停滞し今後もまったくアップが見込めない場合には、副業で収入を得るだけでなく、転職や大幅な支出削減を合わせて検討してみてください。

一時的な収支悪化

ボーナスの支給が大幅に減ったなど一時的な収入減になった時、副業をすることで収入を確保できます。安易に貯金を取り崩す、カードローンで一時しのぎするより副業でお金を得て赤字解消することをおすすめします。

貯蓄をする

理想は毎月の収入の範囲内で生活し、貯蓄をコツコツつみたてることですが、貯まらない場合、新たに副業をすることによってその一部を貯蓄に回すことができます。

勤め先の業績悪化や倒産、自分自身や家族の病気といった万が一のことが起こった時の備えとしてお金を貯めておくことをお勧めします。生活費の半年分を目標に貯蓄にチャレンジしてみましょう。

貯蓄があると心に余裕が出てきます。ある程度貯蓄がたまったらスキルアップのための投資をすることでますます収入が増えていきます。本業で何かあった時も複数の収入源を持っておくことはリスク分散となります。

副業のメリットその2  スキルが得られる、スキルを試せる

副業にはいろいろと種類があります。体力を使うもの、軽作業をするもの、接客するもの、ネットでの販売、資格やスキルを使って請負するものなどさまざまです。ちょっとしたものから本格的なものまで、本業だけでは得られないスキルを得られるというメリットについてご紹介します。

体力を使う副業から得られるもの

配達や引っ越し、交通整理など体を使う副業から得られるものはズバリ体力です。本業の仕事ではパソコンを使った事務仕事であったり、座ったままの仕事をする方におすすめです。体力の他にも例えば、引っ越しであれば重たい荷物の運び方、効率的な作業の仕方、梱包の仕方なども学べます。スキルの他にも早朝のチラシ配りなどで早起きの習慣が身についたりなどの健康習慣を得ることもできます。

接客の副業から得られるもの

接客の仕事から得られるものは、営業力です。本業では社内の人間関係だけで仕事をしている方や元々人と話すことが得意な方が更に自分の強みを伸ばしたい時におすすめです。ホテルの宴会場や高級レストランなどでテーブルマナーやワインの知識などを学ぶといった雑学を得ることもできます。もし、将来本業を転職することになった時、接客経験はひとつのアピールポイントとして生かせるかもしれません。

持っているスキルを活かす

今自分が持っているスキルを活かすことを考えてみましょう。まずは自分のスキルの棚卸から始めます。持っている資格や得意な趣味、または本業で得た人事や経理の能力、マーケティングや広報そして営業の経験が副業で使えるかもしれません。

副業をみつけるためのマッチングサイトやエージェントも最近増えてきました。まずは、自分の得意や好きなことを生かしてお金を得ることができないか、腕試しできるところがないか探してみましょう。もし、独立開業できるような資格をお持ちなら、まずは副業として週末起業から始めるのもよいかもしれません。

副業のメリットその3  人脈ができる、知見が広がる

副業では、本業とまったく違う業種を経験することもできます。例えば副業で有名な方といえば歌手のGReeeeNです。本業は歯科医で副業が歌手という異色のグループです。本業の歯科医では経験できない芸能界という世界を知ることが出来、またそこで普段知り合うことのできない人物と人脈を作ることができます。

こちらはかなり稀な例ですが、一般の方でも普段メーカー勤務の方が本業の休日に地方の町おこしのNPOに参加したり、IT企業にお勤めの方が、副業でコンサルタントとしてセミナーを開いたり、個別相談に応じたりしています。

本業とはまったく違った業種で副業することで得られた経験や人脈を本業に活かすことも考えられます。また他分野での知識から新たな創造が生まれたり、視野が広がり新たな気づきを得るなどのメリットがあります。
本業以外の肩書の名刺を持つことで、別の顔を持つ感覚を得られ、複数の仕事を持つことで気分転換しながら楽しく仕事をすることが出来ている方もいらっしゃいます。

また副業で昔の自分の夢を少しだけかなえることも可能です。例えばエキストラ事務所に登録してドラマの現場や番組の収録に参加するなど普段の自分とは違う世界を味わうこともできます。難しく考えず、自分の好きなことを試すくらいの感覚で副業を探してみるのも良いかもしれません。

副業する際気を付けるべきこと

ここまでは副業することで得られる様々なメリットについてお伝えしてきました。最後に副業する際の留意点について触れたいと思います。

厚生労働省「副業・兼業の促進に関するガイドライン」(平成30年1月策定・令和2年9月改定)によると労働者の留意点として以下3つが挙げられています。

【留意点】

①    就業時間が長くなる可能性があるため、労働者自身による就業時間や健康の管理も一定程度必要である
②    職務専念義務、秘密保持義務、競業避止義務を意識することが必要である
③    1週間の所定労働時間が短い業務を複数行う場合には、雇用保険等の適用がない場合があることに留意が必要である。
まずは労働時間について、本業と副業の労働時間を合算して、どこまで可能なのか考える必要があります。副業に熱心になるあまり、体調を悪くすることは避けなければなりません。現在の就業時間以外の時間から工夫して時間を生み出すことが大事です。朝型、夜型、休日利用型など自分にあった副業に携われる時間を見つけましょう。

次に自身が勤めている企業の副業・兼業に関するルール(労働契約・就業規則等)を確認し、そのルールに照らして副業を決めましょう。まずは副業が可能かどうか必ず調べ、さらに時間外労働の有無や競業にあたる副業先でないことを確認しましょう。

最後に雇用保険・厚生年金・健康保険の適用要件についても確認が必要です。いまお勤めの企業で適用要件が満たされている場合は良いですが、どちらも短時間労働である場合、加入要件を満たさない場合もあるので注意が必要です。

なお、副業を行い、20万円を超える副収入がある場合は、企業による年末調整ではなく、個人による確定申告が必要となります。

まとめ

副業の収入は家計の助けとなります。そして副業をすることで得られる価値はお金だけではありません。スキルや経験、人脈などお金に換えられない価値のあるものを得ることができます。自分にあった副業先を見つけて、キャリアアップや趣味の世界を広げることは人生100年時代の働き方のスタンダードになるかもしれません。

ただし、今は過渡期にあります。自分の勤める本業の会社のルールを調べること、税金や社会保険について自分に当てはまるケースを調べてから行動しましょう。そして何より自分の健康を第一に考え、楽しい副業ライフの第一歩を踏み出しましょう。

執筆者:ファイナンシャルプランナー|山内真由美


北海道出身。大学卒業後10年間食品メーカーに営業企画として勤務。夫の転勤を期に退職し、東京へお引越し。東京で夫の扶養の範囲でお仕事開始。デパートお中元ギフトセンター、病院受付、資格試験監督、テレビクイズ番組モニター、テレビCMエキストラなどなど

ようやく40歳で双子を出産し、子育てに専念して双子の国立小学校受験にトライし合格!
晩産のため、将来の夫婦の老後資金と双子の教育費の両立に不安を覚え、お金の勉強であるFP資格を取得して、住宅ローン繰り上げ返済や教育費の積み立てを実践。
さらにFP資格を生かし都市銀行の運用相談部門に3年半勤務し、主に投資信託、外貨預金、相続対策をご案内していました。

現在は、大学で事務のパートも兼業しながら、金融機関から独立したファイナンシャルプランナーとして運用商品を販売しない立場で、家族のお金に関する不安や
ライフプランを気軽に相談してもらえる場として「FPオフィス ライフ&キャリアデザイン」を開所しました。

▼URL
サイト名「FPオフィス ライフ&キャリアデザイン」
https://fplifecareer.jimdofree.com/

■保有資格 CFP®・住宅ローンアドバイザー®
TOP