ドル建て保険の満期金を受け取る時には税金に注意しましょう

ドル建て保険の満期金を受け取る時には税金に注意しましょう

ドル建て保険は、ゼロ金利政策によって、金利が驚くほど低くなってしまっています。 そのため、日本の銀行ではなく、海外の銀行で資産運用される方が増えてきています。 ドル建て保険もそういった流れで人気となっている保険です。 ドル建て保険も、一般的な保険と同様に、保険金には税金がかかってきます。 どのような税金がかかるのでしょうか。
ドル建て保険は、ゼロ金利政策によって、金利が驚くほど低くなってしまっています。そのため、日本の銀行ではなく、海外の銀行で資産運用される方が増えてきています。

ドル建て保険もそういった流れで人気となっている保険です。ドル建て保険も、一般的な保険と同様に、保険金には税金がかかってきます。

どのような税金がかかるのでしょうか。

ドル建て保険の満期金にかかる税金とは?

ドル建て保険の満期金にかかる税金にはどのような種類があるのでしょうか。特に会社で年末調整をしていた方にとっては、税金の知識が乏しく、わからないことだらけだと思います。

今回はドル建て保険の満期金にかかる税金をシーン別に2つほどご紹介していきます。

所得税

ドル建て保険の満期金にかかる税金として多いのが「所得税」です。所得税になる条件は、保険料を支払っていた人と、保険金を受け取る人が同じケースです。

ドル建て保険と所得税に関してさらに言えば、国内の保険同様の条件を満たして入れば生命保険料控除を受けることができます。

贈与税

ドル建て保険の満期金に「贈与税」がかかる場合には、保険料を支払っていた人と保険金を受け取る人が違っているケースです。

保険料を支払っていた人と保険金を受け取る人が違う場合、そして110万円を超えるドル建て保険の満期金を受け取った場合には、贈与税の対象となります。

ドル建て保険の保険金を受け取る際の注意点

ドル建て保険では、いろいろなタイミングで受け取ることができます。そのため、その時々で適した対応を取っていかなけれないけません。

ドル建て保険をはじめるまえに、どのようなポイントを注意しなければいけないのかを、しっかりと把握するようにしましょう。

確定申告が必要な場合もある

ドル建て保険の保険金を受け取った場合、確定申告が必要となるケースがあります。これはドル建て保険だからでなく、円建の保険の時と同じルールとなっています。

納税は、ドルではなく日本円で行いますので、日本円で受け取った金額に対して、確定申告をしなければいけません。

ドル建て保険は、為替の値動きによっていろいろな変化をもたらす保険になっています。

今回の新型コロナウイルス騒動のように、為替相場が大きく動くような時には、損益を出してしまう可能性が高くなっています。

損益を出してしまった場合には、確定申告は必要ないと思われますが、その部分の損益にたいして、確定申告をすれば、税制改革へと繋がります。

源泉分離課税の対象となるリスクもある

ドル建て保険の保険金を受け取る際には、源泉分離課税の対象となるリスクもあることも覚えておきましょう。一般的には、ドル建て保険を解約すると、解約払戻金を受けとることができます。

解約返戻金を受けとってしまうと、所得税か住民税、贈与税のいずれかの対象となります。

これとは別に、5年以内にドル建て保険を解約し、解約返戻金を受け取ったときには、源泉分離課税の対象となります。

源泉分離課税の対象になると、金融類似商品扱いになりますので、払込保険料と受け取った保険料との差益に対して、所得税15パーセント、復興特別所得税0.315パーセント、住民税5%パーセントの合計20.315パーセントが源泉分離課税されます。

しっかりと税金対策を行った上でチャレンジしよう

今年は、新型コロナウイルスの影響によって、スマートフォンやパソコンで確定申告をされる方が増えてきました。

ドル建て保険は、確定申告が必要となるケースも増えていますので、事前にドル建て保険と税金についての情報を調べておき、ギリギリになって焦ることのないよう心がけてください。
TOP