副業でYouTubeを運営する際の確定申告条件とバレないやり方

副業でYouTubeを運営する際の確定申告条件とバレないやり方

会社員の方がYouTube運営を副業でやるなら、税金面が気になるでしょう。いくらの収入になったら、確定申告が必要なのか覚えておいてください。 また会社員の方は、会社にバレずに運営したいと考えるはずです。確定申告の際に対策すれば、会社に知られることはありません。 ただし会社にバレない方法があるからといって、脱税がバレないとは異なるため注意しましょう。

副業でYouTubeを運営する際の確定申告条件とバレないやり方

会社員の方がYouTube運営を副業でやるなら、税金面が気になるでしょう。いくらの収入になったら、確定申告が必要なのか覚えておいてください。

また会社員の方は、会社にバレずに運営したいと考えるはずです。確定申告の際に対策すれば、会社に知られることはありません。

ただし会社にバレない方法があるからといって、脱税がバレないとは異なるため注意しましょう。

YouTubeで確定申告が必要な条件

YouTube運営をして収入を得るなら、確定申告の条件を知りましょう。副業でやるのか、本業としてなのかでも条件が異なります。本業がある方でも、給与所得の条件で変わるため、それぞれチェックしておいてください。

副業で所得が年間20万円以上

会社員の方が本業とは別に、YouTube運営を副業にするなら、年間所得20万円以上で確定申告が必要になります。

所得とは、収入から経費を引いた額のことです。YouTubeから50万円の収入があっても、経費が35万円かかっているなら、確定申告が必要ありません。経費が10万円であれば、所得が40万円となり、確定申告が必要となります。

収入がなく年間38万円以上

YouTube以外の収入源がないなら、年間38万円以上で確定申告が必要です。納税者すべてに38万円の基礎控除があるため、38万円までは申告がいりません。

なお、令和2年以降は基礎控除が、最大48万円になりました。2,400万円以下の所得の場合は、基礎控除が48万円で、48万円以上だと確定申告の必要があります。

給与所得の年収が2,000万円以上

会社員の方が、給与所得2,000万円以上なら、確定申告が必要です。YouTube収益に関係なく、確定申告をしてください。

給与が2か所以上で少ないほうが20万円を超えている

2か所以上から給与を受けている場合は、少ないほうが20万円を超えたら、確定申告をしてください。会社員の方が別にYouTube事務所に所属し、給与を得ている場合が当てはまります。

副業の確定申告で会社にバレない方法

副業でYouTube運営をするなら、会社に知られたくない場合があるでしょう。会社の就業規則で副業を禁止しているなら、注意が必要です。

住民税の納付を別にする

会社に副業がバレるケースが多いのが、住民税額の増加です。収入に見合わない住民税の請求が来ていれば、会社が疑う可能性があります。

副業の確定申告の際に、住民税の徴収を別にしてもらいましょう。住民税の徴収を「普通徴収」にすると、会社と副業それぞれ別々に住民税を請求してくれます。

普通徴収を選べば、副業にかかる住民税は自分で納付できます。

本業をまじめにやる

YouTube運営を会社にバレないようにするなら、本業をまじめにやりましょう。本業の成績が落ちれば、副業を疑われる可能性があります。

確定申告をしなくてもバレない考えは危険な理由

YouTube運営を副業でやると、税金対策を甘く考えてしまう場合があります。少額だから確定申告しなくてもバレないと考える方は、注意しましょう。

稼いでいるYouTubeチャンネルが一目瞭然

YouTubeチャンネルは、世界中に公開されています。当然税務署の職員も見ることができるのです。

チャンネル登録者数が多い、または再生回数が多ければ税務署にチェックされやすいでしょう。顔出しや名前出しをしていなくても、個人情報は調べられるのです。

YouTube脱税は注目されている

近年はネット上で稼いでいる人が増えているため、国税庁は専門チームを立ち上げました。YouTubeの広告収入は電子送金されるため、記録が残っています。専門チームは電子商取引事業者の情報を得ることが可能で、当然YouTube収益も把握しています。

特にYouTubeで稼いでいる人は収益が大きくなりやすいため、目立つチャンネルは目を付けられている可能性があるでしょう。

YouTube副業は正しく運営しよう

会社員の方がYouTubeで副業をするなら、確定申告の必要性をチェックしてください。少しの収益なら大丈夫だろうと思わず、収入を得ているなら情報収集しておきましょう。

正しく運営すれば、堂々としていられるのです。
TOP