遺産相続の手続き期限はいつまでなの?相続前に知るべき基本情報

遺産相続の手続き期限はいつまでなの?相続前に知るべき基本情報

遺産を相続する時に、最も注意しなければいけないのが期限です。遺産の相続には、いろいろな所で期限があります。期限に間に合わないと大きなトラブルの原因になってしまいますのでご注意ください。
遺産を相続する時に、最も注意しなければいけないのが期限です。

遺産の相続には、いろいろな所で期限があります。期限に間に合わないと大きなトラブルの原因になってしまいますのでご注意ください。

遺産相続の手続き期限は?

遺産相続の手続きには、いろいろな種類があり、それぞれ期限も異なっています。

そのため、重要なお手続きの期限は前もって確認しておく必要があります。今回は、絶対に忘れてはいけない遺産相続の手続きの期限について調べてみました。

相続放棄の期限

相続放棄の期限は、自分が相続する事を知った時から3ヶ月以内です。逆に言えば、相続があることを知ってから3ヶ月以上が経過してしまった場合には、相続を放棄することが難しくなってしまいます。

しかし、しばらく会っていなかったような方が被相続人だった場合、被相続人の借金の額や資産の状況、保証人になっていた事実の有無など相続する内容が分からない場合があります。それらの調査に時間がかかってしまう場合には、家庭裁判所へ申立てをすれば相続放棄の期限を延長することができます。

遺産分割協議の期限

遺産分割協議とは、お亡くなりになった方からの相続が発生した時に、相続する資格がある方が全員で遺産の分割について協議し合意することです。

この遺産分割協議が完了していないと先に進めない事がいくつかありますので、期限も早めに設定されていると思われがちです。

しかし、これは例外なのですが、遺産分割協議の期限はありません。そのため、何年後かに行うということも違法ではありません。

しかし現実的には、相続税の申告期限である相続開始後10ヶ月以内に済ませておくようにします。これよりも後にしてしまうと、相続税を納付していな延滞状態になってしまうからです。いくら期限がないからといって放置せずにできる時に早めにお手続きを済ませておきましょう。
相続人は、相続の開始があったことを知った日(通常は被相続人が死亡した日)の翌日から10か月以内に、被相続人の住所地の所轄税務署に申告・納税する必要があります。

遺産を相続する際の注意点

遺産を相続する時には、事前にどのようなことを注意しなければいけないのでしょうか。これから遺産の相続が行われる方は、被相続人がお亡くなりになるまえに、事前に確認しておくようにしましょう。

遺言書

お亡くなりになった方が、生前に遺言書を作成していた場合には、その場で開封してはいけません。もし開封してしまうと遺言書の偽造や変造の疑いをかけられてしまうからです。

遺言書が懇意にしている弁護士に渡しておらず、自宅の金庫や貸金庫などに保管されていた場合には、お亡くなりになった方が住んでいた住所の家庭裁判所で検認という手続きをしなければいけません。

この検認の作業には、お亡くなりになった方の戸籍謄本や相続する方の税韻文の戸籍謄本が必要になります。

仮に知らずに遺言書を開封してしまった場合には、5万円以下の過料を支払わなければいけません。また、遺言書を偽造したり、書き換えたり、故意に破棄したり、隠してしまった事がバレてしまった場合には、その方は遺産を相続することができません。

準確定申告を忘れずに

お亡くなりになった被相続人の方も、生きていた時の分を確定申告しなければいけません。それが準確定申告になります。この準確定申告は、遺産などを相続する人が、相続開始をはじめて知った翌日から四カ月が期限となっています。

ただし、全員が準確定申告をしなければいけないというわけではありません。

例えば、お亡くなりになった被相続人が事業を営んでいて、毎年確定申告していた場合や被相続人の方が副業や資産運用などで副収入があったために確定申告をしなければいけなかった場合、被相続人のお給料の年収が2,000万円以上あり、確定申告の義務があった場合、そして被相続人が確定申告をすることのによって還付金を受けられる場合などがあります。

期限の早いものから処理しよう

遺産を相続する時には、必ず優先順位を最初に決めてから行動する必要があります。

期限の早い物から処理することで、期限に追われずに相続を進めることができます。事前に相続の手続きなどで期限の早いものを調べておきましょう。
TOP