遺産相続の手続きは厄介?どんな流れで行われるのか?

遺産相続の手続きは厄介?どんな流れで行われるのか?

相続の手続きに関することで悩んでいる人は意外と多いです。 遺産相続は決して簡単なものではないからです。 むしろ何も知らない人が「ちゃんとできたよ!」と胸を張れることの方が珍しいんですよね(;´・ω・) 今回は遺産相続の手続きに関することを消化していきましょう。
相続の手続きに関することで悩んでいる人は意外と多いです。遺産相続は決して簡単なものではないからです。むしろ何も知らない人が「ちゃんとできたよ!」と胸を張れることの方が珍しいんですよね(;´・ω・)

今回は遺産相続の手続きに関することを消化していきましょう。
相続税は、相続や遺贈によって取得した財産及び相続時精算課税の適用を受けて贈与により取得した財産の価額の合計額(債務などの金額を控除し、相続開始前3年以内の贈与財産の価額を加算します。)が基礎控除額を超える場合にその超える部分(課税遺産総額)に対して、課税されます。

遺産相続に関する手続きの流れとは?

こちらでは、遺産相続に関する手続きの流れについて見ていきましょう。手続きの流れと言ってもかなりあるので、その中の一部になりますけどね(;^ω^)

遺産相続のことを考えるなんて縁起でもない、という考えの人もいるでしょう。しかし相続放棄などには期間が定められているので、ある程度は知識を持っていた方がいいのです。

相続の開始日

被相続が亡くなった日が相続開始日となります。亡くなった日が手続きの期限の基準となるのでしっかり覚えておきましょう(`・ω・´)

遺産相続のことは四十九日が終わってからと考える人も多いです。でも、思った以上に手続きに時間がかかってしまうので、早めに取りかかることをおすすめします。

大切な人を亡くして悲しむ時間もないのか、と思いがちなんですけどね。でも期限日などが決まっているので、スムーズな手続きのためにもしっかりしなければいけません。

遺言書の調査

被相続人が残した遺言書を見て相続手続きの方向性を決めることになります。ただ、遺言書が残っているからといって必ずそれに従わなければいけないわけではありません。

あまりにも理不尽な内容だった場合などは異議申し立てをすることができます。基本的に相続権利があれば、遺産相続の輪から外されていても異議申し立てをすることができるのです。

相続放棄の判断

遺産相続においてプラスではなくマイナスの方が多い場合もあります。そんな時は遺産相続の放棄も視野に入れておきましょう。遺産相続をすると決めた時点でプラスだけではなくマイナスも背負うことになるからです(;´・ω・)

しかも、これは3ヶ月以内に行わなければいけません。

つまり、四十九日が終わってから相続財産の調査などをしていると相続放棄の期限ぎりぎりになってしまう場合があるのです(;´・ω・)

基本的に財産調査から相続放棄のことまで考えると、亡くなった後からすぐに取りかからないと時間的にかなり厳しいと考えていてください。

相続手続きに悩む場合はどうすればいい?

遺産相続の手続きに悩む場合はどうすればいいのでしょうか。時間を無駄に使うのではなく、しっかりと工夫をしたやり方が求められます。

その工夫についても見ていきましょう(`・ω・´)

基本的に同時進行で進めていく

基本的遺産相続手続きについては同時進行で行っていくことをおすすめしています。なぜなら、先述したように相続放棄までが3ヶ月しかないので時間的にぎりぎりなのです。

ひとつずつ順番にこなしていたら時間が足りません。

分からない場合は専門家に相談をする

遺産相続の手続きは特殊なので面倒なことばかりです。だからこそ、専門家に相談することを検討しましょう。

専門家に相談すると費用がかかりますが、面倒なことをすべて代行してくれるので損はありません。

素人が完璧に出来るケースは少ない

先述したように素人が遺産相続の手続きを完璧にこなせるケースはほとんどありません。結果として相続放棄の期間を過ぎてしまったなど問題を抱えてしまうことが多いんです。

相続手続きのことは専門家に相談しよう

遺産相続のことを得意とする専門家は数多くいます。

自分の地域で検索をして遺産相続問題を得意とする専門家をさがしてみてください。専門家に相談することが、スムーズな遺産相続の手続きの第一歩言っても過言ではありません。
TOP