13年間の住宅ローン控除が期間延長決定!契約期間など気をつけるポイント

13年間の住宅ローン控除が期間延長決定!契約期間など気をつけるポイント

住宅ローンの年末残高の最大1%が控除される住宅ローン控除。 通常10年ですが、消費税が8%から10%に上がったことで控除期間が13年間と伸びています。 そして、この度の新型コロナウイルスの影響もあり、特例がさらに2年延長されることに決定! 特例の注意点などを解説していきます。
住宅ローンの年末残高の最大1%が控除される住宅ローン控除。

通常10年ですが、消費税が8%から10%に上がったことで控除期間が13年間と伸びています。
そして、この度の新型コロナウイルスの影響もあり、特例がさらに2年延長されることに決定!

特例の注意点などを解説していきます。
今回の税制改正では、この13年間の特例が受けられる期間が延長されます。当初、令和2(2020)年12月末までに入居することが条件でしたが、2年延長され、令和4(2022)年12月末までの入居が対象となります。

適用条件の注意点

まずは購入した住宅が今回の特例の条件に当てはまるのかをチェックしましょう!(^^)!

特例の入居条件や契約期限は、今までに数回変わっています。無理だと諦めていたのに条件に当てはまるなんてこともあるので要チェックです!

契約と入居

購入した住宅のタイプによって定められている契約期間が違うので気を付けてください。注文住宅の場合は2021年9月末までの契約。分譲住宅や増改築等は2021年11月末までの契約です。

ただし中古物件は新築住宅の条件に加えて現在の耐震基準を満たしていること、増改築の場合は工事費が100万円を超えるものと条件が付きます。注文住宅もその他住宅も2022年末までに入居することが適用条件です。

住宅の広さ

2021年の税制改正により、住宅ローン控除を受けられる住宅の広さが緩和されました♪
該当される方、良かったですね(^^)

今までは床面積が50㎡以上だったのですが、今回の改訂では床面積40㎡以上に緩和されます。40㎡は広めの1LDKから2DKくらいの物件が多数。少し狭めのマンションでも対象になるので、広さで諦めていた方には朗報ですね。

所得制限

住宅ローン控除が受けられる所得制限は合計所得金額3000万円以下となっています。控除の対象となる物件の床面積が50㎡から40㎡に緩和されたのですが、50㎡未満の住宅に対しては所得制限が厳しくされていますので注意してください。

床面積が50㎡未満の場合、合計所得金額は1000万円以下です。年収だとそれぞれ3195万円以下、1195万円以下となります。

住宅ローン控除の申請について

住宅ローン控除を利用するには、初年度は確定申告をする必要があります。

因みに確定申告は5年まで遡って申告が可能なので、住宅ローン控除の申請を去年できなかった人は、今年「更正の請求」を行ってください。
via pixta.jp

確定申告を行う

住宅ローン控除を受けるには確定申告をします。新型コロナウイルスの影響で、2021年4月15日まで期間が延長されていますので忘れず申告しましょう♪

自営業やフリーランスをしている方はお分かりですが、正直確定申告って面倒ですよね(;´Д`)
でも、控除のため!

まずは住宅ローン控除の確定申告に必要な書類を集めるところから始めましょう。

必要書類

住宅ローン控除の確定申告手続きには、7種類の書類が必要です。
1 確定申告書
2 住宅借入金等特別控除額の計算証明書
3 源泉徴収所(給与所得の場合)
4 土地・家屋の登記事項証明書
5 不動産売買契約書や工事請負契約書
住宅ローン控除の確定申告は、わかりづらいものが多いとされます。税務署窓口で係員が対応してくれますので、わからないことは聞きながら書き進めるのが良いですね♪

ふるさと納税している人は注意!

お得な返礼品や税制メリットがあることで人気のふるさと納税。利用されている方も多いのではないでしょうか。

ところが、ふるさと納税も所得税・住民税としての税金を控除できる制度。住宅ローン控除はふるさと納税分の控除後に適応されます。ふるさと納税と住宅ローン控除は併用できますが、上限額満額の控除が受けられな可能性も( ;∀;)

要するに、ふるさと納税で控除される部分と住宅ローン控除がだぶってしまうってことですね。

2022年末までの入居が適用条件!

注文住宅の場合2021年9月までの契約、その他の住宅は2021年1月末までの契約であり、2022年末までの入居で住宅ローン控除が適応されます。

だけど正直、分かりにくい!
と悩むこともあるはず。

住宅ローン控除は減税方法としてぜひ使っておきたい制度。わからないな、と頭を抱えたら税金のプロに相談するのも良いかもしれませんよ♪
TOP