サラリーマンの税金対策は副業でバッチリ!

サラリーマンの税金対策は副業でバッチリ!

サラリーマンの方々は、納税面で自営業者や経営者の方々よりデメリットがあるとされていますよね。 つまりキッチリと税金が徴収されていて、その上年末調整などで必要経費の申請などがなかなかし難いということなんです。そんなサラリーマンの悩みを解決できるのが副業かもしれません。
サラリーマンの方々は、納税面で自営業者や経営者の方々よりデメリットがあるとされていますよね。

つまりキッチリと税金が徴収されていて、その上年末調整などで必要経費の申請などがなかなかし難いということなんです。

そんなサラリーマンの悩みを解決できるのが副業かもしれません。

副業を始めればもっと上手に税金対策ができる

コロナ禍で経済が大きな打撃を受け、予想以上に失業者が増える中、政府はワークシェアを目的とした同一労働同一賃金の設定、残業の抑制、副業の奨励などを積極的に行っていますね。

とくにサラリーマンには副業をすすめています。

大手企業ではすでに週休3日制も...

大手企業ではすでに週休3日制を実施すると発表している企業もますし、勤務時間の短縮化を進めているのは周知のことですよね。

それで、サラリーマンは残業代の減少や本給与の減額など、経済的に厳しい状況も発生し始めているでしょう。

政府も推奨する副業を

ですからこそ、政府も会社も推奨する副業をするチャンスなんですよ。

先に言っておきますが、副業による税金対策でかなり節税メリットが得られるんですよね。場合によっては、本業の納税分から大幅にお金が戻ってくることもありますからね。

サラリーマンは副業で個人事業主になると必要経費で節税できる

via pixta.jp
今ではインターネット上で、パソコン一つで簡単に起業できる時代ですよね。
例えば何か専門的なサイトを立ち上げて、定期的にアフィリエイト収入を稼ぐことは頻繁に行われています。

個人経営で運営すれば...

それを個人経営で運営すれば、個人事業主として会社登録が可能になりますよ。

個人事業主になるのはとても簡単で、地元の税務署の窓口へ行って、『開業届』を出してくるだけで済みます。この時に初期資金や設立費用は不要です。

税務署への登録手数料も一切かかりませんので安心してください。

この登録を済ませておくことで、確定申告のときに事業のために掛かった出費を必要経費として計上できるようになるんですね。

白色申告は会計簿はとてもシンプル

ちなみに、白色申告では会計簿はとてもシンプルな単式簿記でOKですよ。
これで年間10万円の基礎控除が受けられます。

また、青色申告は複式簿記といってかなり本格的な会計簿を付ける必要がありますが、青色申告特別控除として年間65万円の所得控除が付いていますよ。

その上、白色でも青色でも事業でかかった経費の計上や減価償却の計上ができますからね。

もし自宅をオフィスにしていれば、部屋の使用面積に応じた金額を家賃経費として計上できますし、通信費用も使用量に応じて経費にできるんですね。
もちろん、光熱費も一部計上できる出でしょうし、お茶やコーヒーやお菓子などもある程度は経費に回せるのです。

なお、マイカーを使って仕事の用事を済ませているなら、クルマの購入費や維持費やガソリン代、車検代金に保険料の一部を経費に回せますからね。

細かく計上

細かく計上すれば、生活費のかなりの部分を経費にできるはずですよ。

ということは、生活費が浮くと同時に、納税額が減額できるというダブルでお得なわけですね。
実際に副業で営業をしているサラリーマンの方々には、副業の納税がほとんどゼロ円で、同時に生活費が大幅に軽減できたという話がたくさんありますよ。

ただし、経費に認められるかどうかはあくまでも税務署の判断です。
支払いでもらったレシートに詳細をメモって、すべて保管しておく必要がありますし、クレジットカード払いの月利用明細も、利用目的などのコメントを入れてしっかり保存しておかなければなりませんから気をつけてくださいよ。

なお、青色申告では会計処理の手間暇がかかりますので、その分はあらかじめ勉強しておくと良いかもしれませんね。

個人事業主になれば副業で損益通算の赤字申告ができる

青色申告でも白色申告でも、副業によって発生した赤字を本業と損益通算することができることを知っていましたか?

例えば副業で経費がかさみ過ぎて、収益よりも50万円の赤字になったとしましょう。

この50万円の損益は、本業であるサラリーマン収入と合わせて計算することができるわけなんですね。

サラリーマンは源泉徴収で天引き

サラリーマンは源泉徴収で前もって税金分を天引きされていますから、年末調整の形で赤字分を課税計算してもらい、多く取られ過ぎた税金を返してもらうことも可能ですよ。

つまり、サラリーマンが副業で個人事業主になると、生活費の削減と節税効果が同時に得られること、さらに本業で払い過ぎた税金が返って来る可能性まであるのですから、一石三鳥のメリットだと言えるでしょうね。

思った以上に効果のある節税対策

納税なんて面倒だと、最初から敬遠する方もいるかもしれませんが、副業で得られる副収入に加えて、思った以上に効果のある節税対策を黙って見逃すのはいかがなものでしょうか?

年々収入ダウンの傾向が強まっていますから、今のうちに副収入の目途をつけておくのは将来的投資だと言えるのではありませんかね。

とにかく、簡単な副業から始めてみて、徐々にメリットを大きく育てていくようにおすすめしますね。
TOP