クレジットカードの審査とは?クリアするポイントも併せて解説

クレジットカードの審査とは?クリアするポイントも併せて解説

クレジットカードを作るときの審査で、どのようなところがチェックされているのかご存じでしょうか。 審査でチェックされるポイントや、通りやすくなるコツを押さえスムーズにクレジットカードを発行しましょう。
クレジットカードを作るときの審査で、どのようなところがチェックされているのかご存じでしょうか。

審査でチェックされるポイントや、通りやすくなるコツを押さえスムーズにクレジットカードを発行しましょう。
クレジットカードを発行する際、カード会社による入会審査が行われます。審査基準はカード会社によって異なり、具体的な審査内容や審査基準が開示されることはありません。しかし、どのカード会社の審査においても、重視されるであろう情報は、ある程度、予測がついているといえます。

クレジットカードの審査とは

きちんと返済をしてくれる人なのかどうか、クレジットカード会社が見極めるために審査が行われています。ただ、一部にはほとんど審査が行われずに発行されているクレジットカードもありますよ。

審査が行われる理由

一時的にカード会社が支払いを立て替えることになるので、あとからきちんと支払ってくれる人でないとカードは発行できません。

そこを見極めるために、カード会社は独自の基準を設けて審査を行っているんです。

審査のないカードはある?

デビットカードは審査がありません。ただ、一般的なクレジットカードと違い、自身でお金をチャージして使用します。

カード会社側にリスクがないので、審査が行われないんです。

審査でチェックされるポイント

クレジットカード会社や銀行など、発行元によって審査基準は異なります。一般的には、勤続年数や職種、年収、住居形態、勤務先の規模、信用情報などをチェックします。

勤続年数や職種

会社にどれくらいの期間勤めているのか、職種は何なのかといった部分を審査されます。収入の安定している職種で、なおかつ長期にわたり勤めているほうが審査で有利になる傾向があります。

年収

年収が低すぎると、審査でネガティブな印象を与えるおそれがあります。年収が低すぎると、きちんと返済してくれるかどうか不安だからです。

ただ、年収が多いからといって必ず審査をクリアできるわけではありません。

住居形態

持ち家なのかそれとも賃貸なのかをチェックされます。審査で有利になるのは持ち家だといわれています。

勤務先の規模

規模の小さな会社よりは、大きなところのほうが審査で有利になるといわれています。規模の大きな会社なら、収入や雇用が安定していると考えられるので、カード会社も安心できるんです。

信用情報

実は、ここがもっとも大きなポイントです!

審査では、信用情報機関に照会し、過去に滞納や踏み倒しなどがないかをチェックします。現在の借入状況も審査の材料になることも覚えておきましょう。

審査に通りやすくするには

いくつかのポイントを押さえておくだけで、クレジットカードの審査に受かりやすくなる可能性があります。
以下、審査に通りやすくなるポイントをまとめました。

多重申し込みはNG

一度に複数のカード会社へ申し込んでしまうのはNGです。こうした情報はすぐ知られてしまうので、「お金に困っている人」とみなされ審査が不利になるおそれがあります。

完済できるものは完済する

クレジットカードの未払い分や、カードローンの借入分などがあるのなら、完済しておきましょう。審査では借入状況もバレてしまい、借入金額によっては審査が不利になる可能性があります。

キャッシング枠を少なくする

多くのクレジットカードには、キャッシング枠があります。このキャッシング枠の限度額が高すぎると、審査に通りにくくなる可能性があります。

キャッシング枠が高すぎると、お金に困っている印象を与えてしまうからです。キャッシング枠はなるべく少なくする、もしくは0円にしましょう。

ポイントを押さえて審査をクリアしよう

クレジットカードの発行元によって審査基準は異なりますが、基本的にはここでご紹介した内容を精査されます。

インターネット上には、クレジットカードの発行が可能かどうかをシミュレーションできるサイトもあるので、そのようなサイトで試してみるのもいいですね。

ここでお伝えした内容も参考に、クレジットカードの審査を無事クリアしましょう。
TOP