ライフカードの審査は甘いの?基準や通過しやすくなる方法を解説

ライフカードの審査は甘いの?基準や通過しやすくなる方法を解説

クレジットカードを作るにあたって、審査通過できるかどうか不安という人はいませんか? できることなら審査の甘いカードを作りたいと思っているのなら、ライフカードの難易度はどうでしょうか? ライフカードの審査について、ここで詳しく紹介します。
クレジットカードを作るにあたって、審査通過できるかどうか不安という人はいませんか?

できることなら審査の甘いカードを作りたいと思っているのなら、ライフカードの難易度はどうでしょうか?

ライフカードの審査について、ここで詳しく紹介します。

ライフカードの審査の基本情報

ライフカードの申し込み条件を見てみると、日本国内在住の高校生を除く18歳以上で電話連絡できる人となっています。この条件さえクリアできれば、誰でも申し込みできます。

ここではライフカードの審査の基本的な情報についてまとめました。

発行までの期間

ライフカードは申し込みからカード発行まで、スピーディと評判です。最短3営業日といわれています。しかし個人差があります。

中には申し込んでから1週間程度、審査結果の出ない人もいます。しかしかかっても1週間程度というのは、カード全体で見ればかなり早いです。

2~3週間程度かかるクレジットカードも少なくありません。
できるだけ早くカードを発行してほしければ、ライフカードに申し込むのがおすすめです。

在籍確認の電話について

カードの審査では、在籍確認が行われます。申込書にかかれている職場で実際に働いているのか、勤務先に電話をかけるのが在籍確認です。

ライフカードの場合、口コミサイトなどネットの情報を総合すると電話がかかってくることは少ないようです。信用情報に事故情報が記載されているなど、審査落ちする可能性のある人に対しては在籍確認の電話のかかってくることもあるかもしれません。

しかしオペレーター個人の名義で電話がかかってくるので、ほかの人が出ても在籍確認の電話と気づかれることはまずないでしょう。

ライフカードの審査に落ちないために

ライフカードに申し込むにあたって、審査に落ちたくないと思うのが普通でしょう。審査落ちするかどうかは皆さんの信用力にかかっています。

すべてをコントロールできませんが、少しでも審査落ちのリスクを減らす方法について紹介するので参考にしてみてください。

入力ミスをなくす

ライフカードの申し込みはホームページのフォームからになります。申し込みフォームが完成したところで、入力内容をもう一度確認しましょう。もしかするとタイプミスや変換ミスが起きている可能性もあるからです。当人にとっては単なるケアレスミスかもしれません。

しかし審査するカード会社からすれば、正しく情報が記入されていないことで「第三者によるなりすましでは?」と疑われる恐れがあります。その結果審査落ちしてしまうかもしれないので、見直しを忘れずに行いましょう。

キャッシング枠をなくす

ライフカードはほかのカード同様、ショッピング枠とキャッシング枠があります。このうちキャッシング枠が必要なければ、ゼロにして申し込みましょう。

キャッシング枠とはATMで現金化できる借入サービスのことです。カード会社ではキャッシング枠を設定して申し込みをすると、審査が厳しめになるといわれています。貸し倒れリスクを回避するためです。

逆に言えば、キャッシング枠を設けないと審査もそれほど厳しくなくなります。

ライフカードの審査難易度は高くないけれども手続きは慎重に

ライフカードの審査難易度を見て見ると、決して高くはないです。

過去に金融事故を起こしたことがなく、仕事をして安定した収入を得ているのであれば、審査通過できる可能性は高いです。ただし決して油断しないようにしましょう。

特に申込フォームにおける誤字脱字には注意が必要です。入力間違いだけで、審査落ちしてしまう危険性もあります。申込書を提出する前に内容を確認して、誤りがないかチェックする習慣をつけましょう。
TOP