フランチャイズに加盟するメリット・デメリットとは?徹底解説!

フランチャイズに加盟するメリット・デメリットとは?徹底解説!

フランチャイズの加盟を考えているなら、まずは基礎知識に加えメリットとデメリットを知っておく必要があります。また、フランチャイズに加盟するメリットはデメリットよりも大きいことから、最近では多くの方が加盟を考えているようです。さっそく、フランチャイズの加盟に関するメリット・デメリットを学んでいきましょう。
フランチャイズの加盟を考えているなら、まずは基礎知識に加えメリットとデメリットを知っておく必要があります。また、フランチャイズに加盟するメリットはデメリットよりも大きいことから、最近では多くの方が加盟を考えているようです。さっそく、フランチャイズの加盟に関するメリット・デメリットを学んでいきましょう。

フランチャイズとは?

個人、もしくは法人でフランチャイズである本部と契約し、店舗を運営するビジネスになります。また、フランチャイズと契約をした店舗は加盟店となり加盟金を支払うことで、店舗運営にかかわる権利を得ることができます。

フランチャイズの業種もさまざまで、コンビニエンスストアからファーストフード店など幅広い業種があるのも魅力です。また個人で加盟するにあたり、とくに資格を取得する必要もありません。研修制度も充実しているフランチャイズも多く、店舗経営も学べるのも嬉しいポイントです。

フランチャイズに加盟するメリット

ここからは、フランチャイズに加盟するメリットについて紹介していきます。メリットを知ることで、フランチャイズ開業時に役立つことでしょう。メリットの多いフランチャイズですが、もちろんデメリットも存在します。

この後にフランチャイズに加盟するデメリットなどにも触れていきますので、いい面も悪い面もあわせて学ぶことで、フランチャイズに加盟するかどうかの参考にしていきましょう。

未経験でもOK

フランチャイズに加盟したことがない方でも、加盟することができます。地域や店舗、フランチャイズ本部の規定などにより異なりますが、研修制度などが充実していることも多く、とくに資格がなくても加盟店として開業することができるのです。

しかし、職種によっては経営者もかねて実務を行う場合や、飲食店での店長になる場合でも「食品衛生管理責任者」「防火防災管理」などといった資格が必要になってきます。あなたが行いたいフランチャイズは、このような資格取得などをしなければならないのか、確認しておくことも大切です。

とはいえ、最近では多くのフランチャイズ加盟店でも資格保持の優位度が下がりつつあります。とくに専門的な業種ではない限り、資格を取得する必要はありません。

しかしながらフランチャイズに加盟して運営していくにあたり、その店舗の運営に優位な資格を保持していることで、そのお店の信用に繋がります。一概には言えませんが、資格を取得して優位な業種なら取得しておくこともおすすめです。

経営や運営に関するノウハウが学べる

もう一つの魅力は、フランチャイズに加盟することで、経営や運営に関するノウハウを学べることです。独学で一から起業するのとは違い、成功しているビジネスモデルや型から、仕入れや接客、運営に至るまでのノウハウを全て網羅することができるのです。

そのため、開業までの時間やコストを大幅に削減させることができるだけでなく、成功する運営方法、失敗しやすい運営方法などが学べるのも嬉しいポイントですよね。

集客や商品開発などをする必要がない

フランチャイズの場合、知名度の高いお店も多く、売り込みや宣伝をしなくてもお客さんが来てくれる状況からのスタートといったところも魅力です。一から起業をする場合、知名度がない状況からのスタートになります。そのため多額の広告費を注ぎ込まなくてはならないこともあります。

さらに、商品開発や接客マニュアルなどの修正・改善などは本部が行うことも多く、あなたは事業拡大に専念することができるのです。この辺りも、あなたが一から起業することを考えるより、メリットが大きいのではないでしょうか?

開業時に銀行から融資を受けやすい

一から起業をする場合、会社員からの信用は得られにくい傾向があります。しかしフランチャイズの場合、過去に運営していた店舗などを改装し運営を行うような場合、過去の加盟店の実績から金融機関の信用を得られやすいメリットがあります。

一部のコンビニなどのフランチャイズの場合、建物やそれに関わる設備などの費用を本部が負担するといったプランもあるようですので、フランチャイズに加盟を考えている場合、このような魅力的なプランがあるケースもありますので、あなたのプランや費用に似合う加盟店を探してみるのもおすすめです。

さらに、補助金や助成金などの制度を利用することで、より開業資金を抑えることができることも嬉しいポイント。
あなたのお住まいの地域で補助金や助成金などの制度が受けられないか確認しておきましょう。

成功しやすいビジネス形態

フランチャイズに加盟することは、今成功しているビジネススタイルをそのままの形で受け継ぐことができます。起業を経験したことのない、未経験者でもそのノウハウや方法を学ぶことができるのです。そのため、ビジネススクールに通うことや、起業するのに場所代や建物の設置費用など多額の資金を用意する必要もありません。

そのため低コストで開業するこのできる、比較的成功しやすいビジネス形態であると言えるのです。また、立地や販売商品など、ちょっとした運営方法などにより売り上げが左右されてしまうこともありますが、成功するノウハウや運営方法なども研修の一環として学ぶことができるのも魅力ですよね。

フランチャイズに加盟するデメリット

これまで、いいところばかりをお伝えしてきましたが、ここからはフランチャイズに加盟するときのデメリットもきちんと知っておく必要があります。
後々、後悔しないためにもきちんとここで学んでおきましょう。

自由度は下がる

一からの起業の場合、自分で商品の仕入れを決めることや、商品を開発することもできます。しかしフランチャイズ加盟店の場合、本部から決められた商品を販売することになるのです。自分で何かを開発するより、決められたルールがある運営となりますので、自由度はかなり低いと言えてしまいます。

とはいえ、一から全てを決めることが苦手な方や、何かのマニュアルがある方が運営しやすいといった方にはとても魅力になるので、自由に何かを販売、運営したい方にとっては不利と感じるでしょう。

また、フランチャイズによっては、営業時間や休日などにも決まりがあり、厳守しなければならないこともあります。この辺りも自由に決められないことがデメリットと言えるでしょう。

制限やルールなどが厳しいことも

同じ商品を販売していても、別の仕入れ先の価格が安いという理由で、仕入れ先を勝手に決めることができません。また、地域性のある商品や独自で考案したメニューなどを勝手に販売することもできません。飲食店のフランチャイズの場合、とくにその店舗のブランドイメージの保持や運営に影響が出ないよう厳しく制限されてしまうことも少なくないのです。

また営業時間の短縮や、休日なども自由に設定できないことから「制限やルールが厳しい」なんて感じてしまうかもしれません。

運営状況にかかわらず、加盟金を支払う義務がある

フランチャイズに加盟する魅力をお伝えしてきましたが、加盟するのに加盟金を支払わなくてはなりません。フランチャイズとして契約し加盟店となった場合、その月の収入や売り上げなどには関係なく、一定の加盟金を支払う義務が発生してしまいます。加盟金額も、選ぶ業種によって差はあります。

契約を結ぶ前に、必ず採算がとれるのか?イメージなどを行い、きちんと確認した上で行うようにしましょう。

​​​​​​ブランド力に左右されてしまう

大手フランチャイズなら、その名が知れ渡り集客や求人確保などに非常に有利と言えます。しかし知名度のあるブランドだからこそ、他店舗などで不正などがあると一気に経営が傾くこともあります。最近ではSNSの普及により、さまざまな情報が拡散されやすくなっています。「あの有名店で学生アルバイトがあんなことを…。」なんてこともメディアにさらされる時代です。

知名度があるフランチャイズだけに、マイナスな情報も流れやすいといったデメリットは避けられない課題でしょう。

契約期間の設定、営業権の譲渡、機密保持義務などがある

契約期間以外の契約解除は、違約金を支払わなければならなりません。店舗での運営が思わしくない時期や、売り上げ額にかかわらず契約期間内に契約を止めてしまうことで、違約金を支払う必要があるのです。

さらに契約が終了したあとでも、同じ業種での運営を禁止しているケースがあります。「​​競合避止義務」というもので、他に運営の情報などが流れることを阻止する目的があります。また、これらに加え、営業権の譲渡や機密保持義務といった内容などの制限がありますので、きちんと確認しておく必要があります。

フランチャイズに加盟する前にメリット・デメリットを知り運営に役立てよう

フランチャイズの加盟を考えているなら、あなたに似合うフランチャイズを見つけるまで情報収集することがおすすめです。あなたが納得できる内容と、予算なども踏まえた店舗を探し出すことが大切です。

これまでに紹介した、フランチャイズに加盟するメリットには、
・未経験でもOK
・経営や運営に関するノウハウが学べる
・集客や商品開発などをする必要がない
・開業時に銀行から融資を受けやすい
・成功しやすいビジネス形態
といったメリットがありました。

また、デメリットには、
・自由度は下がる
・制限やルールなどが厳しいことも
・運営状況にかかわらず、加盟金を支払う義務がある
・ブランド力に左右されてしまう
・契約期間の設定、営業権の譲渡、機密保持義務などがある
といったことに気をつけていきましょう。

これらを踏まえ、あなたはどのような経営を望むのか?じっくりと考えてみてください。まずは、気になるフランチャイズの資料などの請求や情報収集からはじめていきましょう。
TOP