家賃収入を得るはずが失敗!どんな対策を取るべきなのか?

家賃収入を得るはずが失敗!どんな対策を取るべきなのか?

家賃収入と言っても、問題なくお金が降ってわいてくるわけではありません(ノД`)・゜・。 不動産会社に勧められて不動産投資をしたけど、思うように家賃収入を得られなかったという人も少なくないのです(;´・ω・) 今回は失敗理由やどうすれば成功するのかなどをチェックしていきましょう(`・ω・´)
家賃収入と言っても、問題なくお金が降ってわいてくるわけではありません(ノД`)・゜・。

不動産会社に勧められて不動産投資をしたけど、思うように家賃収入を得られなかったという人も少なくないのです(;´・ω・)

今回は失敗理由やどうすれば成功するのかなどをチェックしていきましょう(`・ω・´)
家賃収入を得るための不動産を所有する手法には、区分所有、戸建て所有、一棟所有の3パターンが代表的です。

手堅く家賃収入を得るはずが失敗する理由とは?

家賃収入があれば老後も安泰で資産になる、という言葉をよく聞きますよね。でも、メリットばかりを見ていると失敗する原因になります。

こちらでは、家賃収入で失敗する原因について見ていきましょう。

空室リスク

アパートを建てた場合、すぐに満室になるわけではありません。空室により、思うような家賃収入が得られずに自分の貯金を切り崩してローンの支払いをする、という人も多くいるのです。

例え初期に満室になったとしても、築年数が経つことによって入居者が減少する傾向にあります。空室リスクをしっかり考えておかない人ほど失敗をしているので気をつけましょう。

家賃滞納リスク

新型コロナウイルスの影響などで、収入が減少している人もいますよね(・_・;)

深刻な問題となっているのが、住居費用です。ある程度の補助があるとは言っても仕事がなくなった、などで家賃滞納をしている人もいます。

もちろん、その他にもさまざまな事情で家賃滞納をしている人もいるでしょう。中には支払えるのに支払わないという悪質なケースもあるようです。

家賃滞納のことも考えておかないと、オーナーは思わぬ事態に見舞われるので気をつけてください。

災害リスク

災害などで建物が倒壊などによるリスクもあります。保険に加入していればいいのですが、半壊などでは思うような金額が下りない場合もあるようです。

災害に関しては100%の備えと言うのは難しいですが、災害によって失敗したケースがあることも覚えておきましょう(・_・;)

どうすれば失敗なく家賃収入を得られるのか?

家賃収入と言っても決して甘いものではないことが分かったのではないでしょうか。こちらでは、どうすれば失敗なく家賃収入を得られるのか見ていきましょう(`・ω・´)

リスク対策をする

基本的に出来る限りのリスク対策をしておくことが大切です。リスク対策と言っても初心者は分からないことも多いですよね(・_・;)

私もどんなリスクがあるのかなど、簡単なものしか分からなかったので気持ちは分かります。

そんな時こそ、不動産会社のスタッフに相談しましょう。「考えすぎですよ」「そこまで対策しなくても」なんてリスクを軽視するようなスタッフは信用できないと考えてください。

スタッフにとっては他人事でも、オーナーにとっては死活問題になることを軽視するような人とは仕事は出来ないからです。

ぎりぎりの資金で投資をしない

失敗理由の多くに「資金面の不安」があります(;´・ω・)

ぎりぎりの資金で不動産投資をすると、はっきり言って些細なトラブルでいきなり躓いてしまうのです。そのため、ある程度投資にかけられるお金に余裕があるかをチェックしておきましょう。

信頼できる不動産会社をパートナーにする

不動産投資のことは不動産会社のスタッフに相談するのが一番です。そのため、信頼出来る不動産会社をパートナーにしてください。

些細なことも相談できる人であれば、不安も軽減できるからです(`・ω・´)
エクイティ型クラウドファンディングは、不動産を購入する際の自己資金(エクイティ)に当たる部分を、クラウドファンディングで募るサービスです。対象不動産が生み出す賃料収入および売却益が、投資家の皆様への配当原資となり、運用物件売却時に利益もしくは損失が生じた場合には、売却益もしくは売却損を出資持分に応じて受ける等の特徴があります。

どんなことで失敗するのか覚えておいて家賃収入を検討しよう!

家賃収入を手堅く得るためには、どんなことで失敗するのかを把握しておきましょう。把握しておかないと、予想外のトラブルに見舞われてせっかくの資産を手放すことになりかねません。

対策を取ることに「大げさ」はありません(`・ω・´)

出来る限りの対策をして、失敗に繋がらないようにしてくださいね。
TOP