在宅の副業は会社にバレる?バレない?バレないでやる方法はある?

在宅の副業は会社にバレる?バレない?バレないでやる方法はある?

副業が禁止されている会社の社員でも、副業をやりたくなることもあるでしょう。 しかし、表立ってはやりにくいので、在宅の副業にしてみようと思っているかもしれません。 その在宅の副業は会社にバレるのかバレないのかを、今回考えてみます。

在宅の副業は会社にバレる?バレない?バレないでやる方法はある?

副業が禁止されている会社の社員でも、副業をやりたくなることもあるでしょう。しかし、表立ってはやりにくいので、在宅の副業にしてみようと思っているかもしれません。

その在宅の副業は会社にバレるのかバレないのかを、今回考えてみます。

在宅副業は会社にバレる?

会社によっては副業を禁止しているところもありますが、そのような会社の社員が副業をしようという場合は、常にバレる心配が付いて回ります。

その点、在宅副業なら大丈夫なようにも思えるでしょうが、実際のところはどうでしょうか?検証してみましょう。

どうしてバレる

会社にバレないように在宅副業をやっていても、うまく行かない場合があります。それがどのような時かを解説しますが、意外に多くのバレる原因があります。したがって、その原因を一つひとつチェックして、有効な対策を立てるようにしなければいけません。

確定申告を怠る

副業で得られた収入が年間20万円を超過した時は、確定申告をしなければいけません。ところが、それを怠る人がいます。そうなると延滞税などの罰則が課されますが、もう一つ困ることがあるのです。

それは会社に税金をしっかり支払っていないというお知らせが行ってしまうことです。それにより、在宅副業がバレる場合があります。

住民税額からわかる

本業の給料と副業の給料は、それぞれの会社が支給します。ところが、住民税については、本業の分も副業の分も本業の給料から差し引かれることになっています。

そのため、本業の分の住民税よりも差し引かれる金額が多くなることになります。そうなると、当然会社側も不信を抱き、隠すつもりでも在宅副業がバレてしまうことがあるのです。

口外する

在宅副業が順調に行き始めると、収入も増え、生活が潤い始めます。それがうれしくて、つい同僚などに口外してしまうことがあります。

それが同僚だけにとどまればいいですが、上司にも伝わりやすくなるでしょう。その結果、在宅副業がバレるというケースがよくあります。

金遣いの変化で気付かれる

会社の給料が増えていないのに、急に金遣いを派手にしてしまうことがあります。そのような場合は、ほかに副業でも始めたのかと疑われるでしょう。会社の給料でできる生活というものには限りがありますから、それが大きく変われば、黙っていても在宅副業をしていることが気付かれてしまう場合もあります。
29 件
TOP