不労所得を得たら知っておきたい税金と節税方法を解説!

不労所得を得たら知っておきたい税金と節税方法を解説!

不労所得を得ることができたけれど、あなたが得た収入は課税対象か理解していますか? 知らなくて困ってしまうということがないように、事前に税金を納入する必要があるのか、節税方法があるのか確認しておきましょう。
不労所得を得ることができたけれど、あなたが得た収入は課税対象か理解していますか?

知らなくて困ってしまうということがないように、事前に税金を納入する必要があるのか、節税方法があるのか確認しておきましょう。
不労所得(ふろうしょとく、英: unearned income)とは、労働の直接的対価として得る賃金・報酬以外による所得を示す。

不労所得に関わる税金

フリマアプリでの収入など、税金がかかるかもしれないということを知っていましたか。簡単に始められることではありますが、自分が得た不労所得にかかる税金について確認しておきましょう。

利子所得

銀行の預貯金や国債・地方債・外国国債などの利子から得る所得にも税金がかかります。

給与所得や事業所得とは別に定められた税率が適用され、利子の受け取り時に税金が天引きされるので不労所得でも確定申告の必要がない税金です。

配当所得

株式の配当や出資になどに対する配当に税金がかかってきます。総合課税または申告分離課税のいずれかを選択して配当所得を申告する必要があります。

NISAの場合は、配当金も非課税ですが、あらかじめ証券会社の口座で配当を受け取ることができるよう申し込みが必要です。
via pixta.jp

不動産所得

不労所得で家賃収入などの所得がある人も多いのではないでしょうか。例えば、不労所得としてアパートなどの家賃収入を得ている人などが当てはまります。

家賃収入は、得ている所得の規模によって所得金額の計算が変わり税金もかわるので、申告する時は気をつけましょう。

事業所得

事業所得は、農業や漁業、小売業など事業として営んだ結果、得られた所得です。フリーランスと呼ばれる人たちが得る収入は事業所得となることが一般的です。

不動産から得る収入は原則として不動産所得となりますが、例外で事業所得に分類されることもあるため申告時には注意が必要です。

雑所得

所得は法律で10種類に分けられますがそのいずれにも該当しないものを雑所得とします。

例えば、フリマアプリで得た収入が雑所得となります。

課税対象となり税金を支払う義務が生じてくる場合もあるため、不労所得を得ようと不用品を売った時には気をつけた方が良いでしょう。

個人事業主の方は要注意

via pixta.jp
給与として収入を得ていれば源泉徴収されていますが、不労所得はされておらず税金への意識が薄くなりがちです。そのため、自身で確定申告しなければいけないなど事前に確認しておきましょう。

個人事業税

個人事業税は、都道府県に対して税金を支払う必要があるのですが、事業内容によって税率が変わったり、課税されない事業があったりするため個人事業主として活動している人は事前に確認しておくことがオススメです。

消費税

個人事業主として家賃収入を得ている人は、消費税を納入する義務が生じている場合があるので注意したい税金のひとつです。

住居目的での家賃収入は課税の対象から外れますが、事業用に貸し出している場合の収入などには課税されます。そのため、入居者から預かった消費税を納税しましょう。

税金対策は?

せっかく得た不労所得なので、できることなら税金を納めたくないですよね。控除を得られるケースがあるので、税金対策として覚えておきましょう。

損益通算

株で不労所得を得ている人などは、いつも利益が出ているとは限らないと思います。一定期間内の利益がマイナスとなってしまったという場合は、税金を減らすことができます。

繰越控除

株式などの投資で損失が発生した場合は、その損失分を差し引いて税金を減らすことが可能です。マイナスになっている場合は、確定申告で最長3年間損失を繰越控除することができます。

不労所得として株をしているという人はもしかすると繰越控除の対象になっているかもしれません。

不労所得にかかる税金は事前に確認!

不労所得を得た際は、税金がかかる可能性を事前に確認しておくのがオススメ。

また、どのぐらい収入を得たらどのくらい税金を負担する必要があるのかシミュレーションしておくことも大切ですよ!
TOP