ドロップシッピングの始め方や基礎知識について

ドロップシッピングの始め方や基礎知識について

近年、さまざまな販売方法があります。その中でも手軽に始められるものがネットショップです。しかし、ネットショップにも手間がかかるのでなかなか管理ができない人も多いのです。そんな人におすすめしたいものがドロップシッピングです。 今回はドロップシッピングの基礎知識や利益を出すためのコツについて紹介していきます。
近年、さまざまな販売方法があります。その中でも手軽に始められるものがネットショップです。しかし、ネットショップにも手間がかかるのでなかなか管理ができない人も多いのです。そんな人におすすめしたいものがドロップシッピングです。

今回はドロップシッピングの基礎知識や利益を出すためのコツについて紹介していきます。

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングと言ってもどんなものか分からないという人もいます。こちらでは、ドロップシッピングがどんなものなのかということについて紹介していきましょう。これから、ドロップシッピングを始めたい人もぜひ参考にしてみてください。

アフィリエイトとの違い

ドロップシッピングとアフィリエイトを混同している人もいます。アフィリエイトは広告をクリックした人が商品購入などをすると成功報酬が支払われます。仲介業者の契約や商品の仕入れや発送の手間がかからない点はアフィリエイトと似ています。

ただ、アフィリエイトの場合は商品の販売額や成功報酬額が決まっています。しかし、ドロップシッピングは商品の販売価格をショップオーナーが自分で決めることができます。

アフィリエイトとドロップシッピングは似ていますが、それぞれ異なる特徴があります。そのため、しっかりと比較して自分にはどちらが向いているかをはっきりと見極めてください。人によってドロップシッピングが向いている人とアフィリエイトが向いている人が変わってくるからです。

低コスト・低リスク

アフィリエイトもドロップシッピングは低コストと低リスクで始められるものです。ただ、アフィリエイトとことんあって販売価格を自分で自由に決められるのです。そのため、報酬を大きく伸ばすことができます。
大きな報酬を手に入れたい人はドロップシッピングを検討して見てください。

販売価格を自由に決められる

先述したように、ドロップシッピングは販売価格を自由に決めることができます。そのため、しっかりと稼ぎたい人にはアフィリエイトよりもドロップシッピングがおすすめです。

販売価格を決められることで報酬の幅を広げることができるからです。初心者にもおすすめされているので、アフィリエイトと悩んでいる人は初心者向けのドロップシッピングを試してみることをおすすめします。

ドロップシッピングのメリット

ドロップシッピングにはさまざまなメリットがあります。こちらでは、ドロップシッピングにはどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。メリットを知ることで、自分がドロップシッピングに向いているかを見極めることができるはずです。

手間が削減できる

ドロップシッピングのメリットとして商品を仕入れるためのコストや手間を削減できます。仕入れにはさまざまなコストがかかります。ドロップシッピングではそれらを削減できるので、手間が削減できる意味で大きなメリットがあると言ってもいいでしょう。

在庫過剰のリスクがない

ネットショップでは在庫過剰のリスクが出てきます。しかし、ドロップシッピングでは在庫過剰のリスクはありません。実際に在庫を仕入れることはないので、在庫過剰のリスクを省くことができるのです。これは大きなメリットと言えます。

実際に在庫を仕入れることがなく、ネットショップには商品画像やリンクのみを掲載します。自分で在庫を抱えることがないので、ネットショップ運営が初めての人でも不安なく始められます。

販売に集中できる

ドロップシッピングは発送の手間がありません。ネットショップの場合、自分で梱包や発送作業をしなければいけないものがほとんどです。しかし、ドロップシッピングは在庫管理や商品の梱包、発送、顧客対応など複数の業務を自動化することができます。最小限の手間で済むので、販売に集中することができるのです。

空いた時間でマーケティングや他のビジネスなど、自分の時間に充てることができます。

ドロップシッピングのデメリット

こちらでは、ドロップシッピングのデメリットについて見ていきましょう。どんなデメリットがあるのかを知ることで、よりドロップシッピングが自分に向いているかを知ることができるはずです。

人気商品は売り切れになりやすい

ネットショップとは需要の高い人気商品を集める必要があります。しかし、人気商品は売り切れにやりやすいのです。つまり、自分のショップサイトで販売したくてもすでに品切れ商品を掲載してしまうという可能性があるのです。

品切れの場合は入荷予定日、お知らせ機能などさまざまな機能を付ける必要があります。他にも品切れになっているなら、別の商品への誘導などさまざまな対策を取らないと利益につながりません。

手間がかかる

ドロップシッピングは比較的手間がかからないと言われています。しかし、コンテンツ制作や広告などには時間やコストをかける必要があります。利用者が多いネットショップにするためにも、マーケティングや集客のためのSEO対策などをしなければいけません。

そのため、最初の段階で手間をかける必要があります。後からは楽になるとしても、最初は時間とコストをかけてしっかりと対策をしましょう。

対応が難しい場合もある

ショップオーナーは商品を実際に手に取ったり、目にすることなく販売しなければいけません。そのため、見たことがない商品でも魅力的に説明しなければいけないのです。

そのため、顧客から質問があった場合、しっかり答えられないといけません。顧客からの質問に答えられなかったことで顧客が離れてしまう可能性があります。

ドロップシッピングの始め方

ドロップシッピングに興味があっても、どうやって始めればいいのか分からない人もいます。こちらでは、ドロップシッピングの始め方について紹介していきましょう。これからドロップシッピングを始めたい人は参考にしてみてください。

DSPに登録する

ドロップシッピングを始めるためには、DSPに登録しないといけません。DSPとは『ドロップシッピングサービスプロバイダー』のことです。

DSPにはさまざまなところがあります。DSPによって取り扱い商品が異なり、月額料金も変わってきます。無料のところもあれば、月額料金が必要なところもあります。それぞれでスタイルが変わってくるのでしっかりと比較してから決めるようにしましょう。

ネットショップを開設

DSPを決めたらネットショップを開設してください。マーケットプレイス型(モール型)とASPカート型があります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分に合う方を選ぶようにしましょう。

オリジナル性やデザイン性が高いショップを作りたいならASP型、知名度の高いモールに出店したい場合はマーケットプレイス型を選ぶようにしましょう。

集客

ショップに商品を掲載しただけでは、顧客は集まりません。ドロップシッピングをしている人は多くいるからです。数多くあるネットショップの中からひとつを選んでもらえるのは、奇跡に近いからです。

店をオープンしても広告がないと誰にも知ってもらえません。そのため、自分のネットショップを利用してもらえるように集客を行うようにしてください。どれだけ良い商品を集めても、集客をしなければ意味がありません。

ドロップシッピングで利益を出すコツ

こちらでは、ドロップシッピングで利益を出すためにはどうすればいいのかを見ていきましょう。利益を出すコツはいくつかあります。それらをしっかり把握することで、利益を出せるようになれるはずです。

流行りそうなものを選ぶ

基本的に大手ショッピングサイトなどで販売している商品だけを扱っていても、利益を出すことはできません。なぜなら、既に多くのネットショップで販売されているからです。そのため、他のネットショップが販売しているものばかりだと意味がありません。

そのため、今人気があるものではなくこれから流行りそうなものを選んで販売するようにしましょう。これは先読みをしなければいけないので、マーケティングをしっかりする必要があります。

これからどんな商品が流行るのかなど、周囲に耳を向けてしっかりと先読みをして自分の利益につなげるようにしましょう。

値段は適正に設定

ドロップシッピングは自分で自由に価格設定をすることができます。高額商品が売れれば、それだけ成功報酬も大きくなります。しかし、高ければいいというものではありません。値段は適正に設定しないと信用されません。

商売において信用は大きなものになります。適正価格を設定して、しっかりと信用を積み重ねるようにしましょう。

どれだけ人気がある商品でも高額すぎる価格をつけていると、誰も買ってもらえません。結果としてショップオーナーが損をすることになるのです。

説明は分かりやすく

商品説明はしっかりと分かりやすくを心掛けてください。商品説明が適当だと購入者にも意図が伝わりません。しかし、難しい説明をしてしまうと理解してもらえません。

基本的に中学生でも分かりやすい説明を心掛けるようにしてください。分かりやすさと雑さは違います。簡単ではなく、丁寧に分かりやすく、そしてシンプルな説明を心掛けてください。

ドロップシッピングの始め方をしっかり覚えよう!

ドロップシッピングの始め方は決して難しいものではありません。やり方をしっかりと覚えれば初心者にもできるものです。そのため、やり方をしっかりと覚えましょう。同じドロップシッピングでもマーケットプレイス型とASP型など異なるものがあります。自分のやりやすい方で始めましょう。

DSPサイトは数多くあります。登録する場所によってサポートなどが変わってくるので注意するようにしてください。利用料金の安さだけではなく、サポートが十分かどうかを確認してから選ぶようにしてください。選び方次第でドロップシッピングの成功と失敗が決まるからです。
TOP