副業で稼げる金額とは?平均収入月5万?いくらを目指すべき?おすすめのやり方とは?

副業で稼げる金額とは?平均収入月5万?いくらを目指すべき?おすすめのやり方とは?

副業と言っても稼げる金額は職種によって異なります。時給が数千円のものあれば、1件あたりにかかる時間は少なくて簡単だけど数十円単位の報酬になるなどさまざまな特徴があるのです。慣れてくれば5万円なども夢ではありません。
副業と言っても稼げる金額は職種によって異なります。

時給が数千円のものあれば、1件あたりにかかる時間は少なくて簡単だけど数十円単位の報酬になるなどさまざまな特徴があるのです。

慣れてくれば5万円なども夢ではありません。

副業ではどのくらい稼げるのか?

副業と言っても、収入に関することが不透明だとなかなか実行に移せないですよね。

ある程度の目安があるからこそ「副業を頑張ろう!」という気持ちになるからです。

職種によって違いはありますが、どの程度稼げるのかはしっかり把握しておきましょう。

まずは数千円を目標にしよう

営業マンなどでも、1日に10件の契約を取ろう!と入社直後から考える人はいないはずです。まずは1件契約を取ろう、と小さめの目標から始めていきますよね。

副業も同じ感覚を持ち、最初は数千円を稼ぐことから目標にしてみてください。

実際に副業初心者の場合は数千円が当たり前のようになっています。

逆に理想を高くしすぎると「これだけしか稼げないの?」と副業に対する意欲が減退してしまう場合もあるのです。

慣れて来たら1万円単位を目指そう

副業に慣れて来たら、数千円の報酬では物足りなくなる人も多いです。
そんな時は1万円単位を目指してみましょう。

同じ副業の量を増やしてもいいですし、別の副業を追加することもおすすめです。

最初は数千円だったとしても、数ヶ月で5万円や6万円に到達している人は多いです。慣れてくることでペースも早くなってくるので収入に繋がっているのでしょう。

10万円単位ならプロ?

副業が慣れてくることで10万円単位の収入を得られる人もいます。

ここまでくると、副業とはちょっと言い難いですよね。10万円、20万円の収入に繋がってくると本格的に副業の方を本業にする人が多いです。

ただ、10万円や20万円を稼ぎ始めてすぐに本業にするのではなくしっかり基盤を作ってからという人の方が多いですね。逆にすぐ本業にしてしまうと、軌道に乗っていないことから生活も変わってしまうことがあるのです。

平均収入が高い副業はどんなものがある?

副業と言っても種類によって収入は大きく変わってきます。

平均収入が高い副業と言えば、どのようなものがあるのかと考える人も少なくないのではないでしょうか。

実際に平均収入1ヶ月が高い副業はどんなものがあるのか調べてみました。

投資

収入の多さだけを見るなら、投資がおすすめです。

リスクもありますが、儲かる時は驚くような金額が儲かったという人も多いです。ただ、資産運用は必ずリスクがついてまわります。

特に、ビギナーズラックで初めに大きなお金を稼いでしまうと「損をしても取り返せる」という危険な思考になってしまいます。

しっかり、投資のリスクとデメリットを知っておくことでリスク回避をすることができます。

せどり

いわゆる「転売」です。自分で商品を仕入れて、仕入れ額よりも高値で転売することをせどりと言います。

商品によってはかなりの金額で転売できるので、1回のせどりで儲かる金額も大きくなることがあるようです。ただ、転売してはいけないものがあるので気を付けないといけません。

転売するために古物商許可証が必要だったり、転売してはいけない薬だったりなど調べなければいけないことも多くあります。

この調べることを疎かにしてしまうと、気づかない間に違法な取引を行っていたということになるのです。知らなかった、が通るわけでもないので結果として困るのは自分なのだと覚えておきましょう。

不動産収入

初期費用は大きくなりますが、不動産収入で利益をあげている人もいます。

例えばアパート経営などが当てはまりますね。家賃収入を得られれば比較的安泰と言われています。ただ、近年はさまざまなアパートや戸建てが建つ傾向があるため、古くなってくると見向きもされなくなってしまいます。

他にもアパートの維持費などで大きな金額がかかるので家賃収入の一部はリフォームなどのために溜めておかないといけないのです。

そのため、収入が多くても決してすべてを使えるわけではないと覚えておきましょう。

意外とこの維持費のことを忘れて、修繕が必要になった時に慌てるオーナーは多いようです。あとから慌てることがないように普段から修繕に備えるようにしましょう。

まとめ

副業と言っても投資などは本業以上に稼げることも珍しくありません。

ただ、リターンが多いほどリスクが高くなっていくことも覚えておきましょう。誰もが分かっていることではありますが、お金を稼ぐことは決して楽ではありません。

大きなお金が動く時こそ、そのことを忘れやすくなるので気をつけてくださいね。

副業はさまざまなので、自分に合うものをしっかりと見つけましょう。

今回紹介した以外にも、さまざまな副業があるので自分にできることかを考えながら選んでみてください。
TOP