フリーランスのデザイナーになるためは?必要なことってどんなこと?

フリーランスのデザイナーになるためは?必要なことってどんなこと?

フリーランスのデザイナーと言っても、ピンキリですよね(;´・ω・) 近年はさまざまな働き方があり、フリーランスのデザイナーも決して珍しくありません。 今回はフリーランスのデザイナーに関することについて見ていきましょう(`・ω・´)
フリーランスのデザイナーと言っても、ピンキリですよね(;´・ω・)

近年はさまざまな働き方があり、フリーランスのデザイナーも決して珍しくありません。

今回はフリーランスのデザイナーに関することについて見ていきましょう(`・ω・´)
via pixta.jp

フリーランスのデザイナーになるためには?

フリーランスのデザイナーになると言っても、さまざまな方法があります

もっとも理想的ななり方としては、会社に所属した後に独立することですね。

会社所属のデザイナーであれば、ある程度人脈を作ることができます。

人脈を作った後に独立をするのが、もっともリスクのないなり方と言ってもいいでしょう。

目的を定める

フリーランスのデザイナーになると言っても、目的が定まっていないとブレてしまいます(;´・ω・)

自分がなぜフリーランスになりたいのか、という目的をしっかり持つようにしてください。

ただフリーランス生活に憧れて、という考えだと独立をしても「思っていた生活と違う」という厳しい現実だけがつきつけられることになるでしょう(;´・ω・)

スクールに通う

これまで会社勤めをしていたけど、デザイン関係に縁がない職業だった人はデザインスクールに通うことで知識と技術、人脈作りができます。

一石二鳥どころか一石三鳥なので、デザインと関係ない仕事に就いていた人はデザインスクールに通うことを優先的にした方がいいでしょうね( *´艸`)




デジタルハリウッドは卒業生90,000名突破!3ヶ月から学べる、クリエイター育成専門スクールなんです!結構昔から人気のWEB系の学校です☆

9万人の卒業生は海外やクリエティブ業界で活躍。忙しい社会人でも専門性がしっかり身につく。 自分に合った学習スタイル・無料授業見学や体験受講・無料スクール説明会もあるので、IT業界を目指す方はぜひ☆

安請け合いをしない

これまでデザイン会社に所属していて、ある程度の知識と技術がある人は「自分自身」を売り込みたいからと言って、安価な仕事を引き受けがちです(;´・ω・)

でも安請け合いをすることで「あなたの価値はそれくらい」としか見てもらえなくなります。

フリーランスになった直後は仕事をいくつもしたいと感じるでしょうが、納得できない金額で引き受けることだけはやめましょう。

フリーランスのデザイナーで成功するためには?

フリーランスになったからと言って、すべてのデザイナーが成功するわけではありません。

こちらでは、フリーランスのデザイナーで成功するためには何が必要なのかをチェックしましょう!
via pixta.jp

営業をする

当然ながらフリーランスになると「自分で仕事を取りに行く」スタイルをしないと、誰も取って来てくれません。

そのため、自分のスケジュール管理をしながら営業をしていくしかないのです。

営業をしないと次の仕事になりません。

ただ、フリーランスになりたての場合はスケジュール管理が上手くいかなくて空き時間が出来てしまうこと、仕事を詰め込みすぎたなど失敗をしやすいので注意しましょう!

丁寧な対応をする

仕事をもらった時などは丁寧な対応を心掛けましょう。

デザイン能力が高くても対応に問題がある場合は次の仕事に繋がりません(;´・ω・)

評価は良かったのに、次の仕事が来なかったら何らかの対応の間違いがあったのかもしれない、と考えた方がいいかもしれないですね(-_-;)

努力を怠らない

デザインに関することだけではなく、さまざまなことが日々進化し続けています(`・ω・´)

そのため、努力を怠らないこと、初心を忘れないことが何よりも重要なのです。

常に努力を怠らないことで、自分自身の価値を高めていきましょう。

努力は必ず自分のためになるので、すぐに結果が出なくても続けるようにしましょう(`・ω・´)

自分に出来ることをひとつずつ重ねていこう!

フリーランスは決して簡単なものではありません(;´・ω・)

でも、フリーランスならではの魅力があるのも事実です。

デザイナーとして独り立ちできるめどが立った時は、前向きに検討してみましょう!

すぐに実行ではなく、今すぐにフリーランスになって大丈夫かしっかり考えてから行いましょうね!
TOP