フリーランスと源泉徴収の関係性とは?どんなことを覚えておくべき?

フリーランスと源泉徴収の関係性とは?どんなことを覚えておくべき?

フリーランスとして活動する場合、源泉徴収について知っておかないといけません。 源泉徴収は会社員時代では自分で必要な手続きはありません。 そのため、独立後に源泉徴収を初めて知る人もいるのです(;´・ω・) 納税に関わることなので、しっかり覚えておいてくださいね(`・ω・´)
フリーランスとして活動する場合、源泉徴収について知っておかないといけません。

源泉徴収は会社員時代では自分で必要な手続きはありません。

そのため、独立後に源泉徴収を初めて知る人もいるのです(;´・ω・)

納税に関わることなので、しっかり覚えておいてくださいね(`・ω・´)

フリーランスが知っておくべき源泉徴収について

こちらでは、フリーランスが知っておきたい源泉徴収について見ていきましょう(`・ω・´)

もし、現時点で源泉徴収について知らない人がいるならしっかり覚えておいてくださいね。

安易に考えておくといつのまにか支払うべきものを支払っていなかった、ということになります。

源泉徴収とはなにか

源泉徴収は予め支払う給与や報酬から収めるべき税金を差し引いて支払うことを指します。

フリーランスと会社の立場では必ずしも源泉徴収をされるわけではありません。

会社によっては源泉徴収されないまま支払いが行われ、確定申告の際に支払う金額が分かるという人もいます。

会社員の場合の源泉徴収

会社員の場合は、本人ではなく会社が源泉徴収を行ってくれるので基本的に関係ありません。

人を使って事業を営む会社や個人事業主は源泉徴収票を税務署長と支払いを受ける人に交付しなければいけないとなっています。

基本的に会社所属であれば、会社が代わりに行ってくれるので気にする必要はないのです。

フリーランスの源泉徴収

フリーランスの場合、自分で確定申告をしなければいけません。

そのため、源泉徴収されるものとされないものはしっかりと把握しておく必要があるのです。

これをしっかり把握しておかないと、確定申告の時に損をすることもあるので注意しましょう。

フリーランスとして活動する際は、依頼主に源泉徴収のことを聞いておくようにしましょう。

フリーランスの源泉徴収の手続きとは?

こちらでは、フリーランスの源泉徴収の手続きなどについて見ていきましょう(`・ω・´)

計算方法や納付方法などを知っておくことで、ついうっかりを防ぐことができます。
via pixta.jp

源泉徴収の計算方法

源泉徴収は支払われる金額が100万円以下の場合は「支払われる金額×10.21%」です。

100万円以上の場合は「(支払われる金額-100万円)×20.42%」となっています。

一時期は源泉徴収は10%、もしくは20%だったのですが東日本大震災の際の復興特別所得税が課税されて0.21%、0.42%が課税されるようになりました。

源泉徴収の納付方法

基本的に源泉徴収は税務署の報酬・料金の所得税徴収高計算書という用紙を使用して納付します。

ちなみに確定申告で支払いすぎた分は還付金として確定申告から1ヶ月前後で戻ってきます。

源泉徴収をしっかりしないといけないという理由の中には、還付金に関係する場合もあるのです。

人によっては数万円、数十万円の還付金がある場合もあります。

源泉徴収の納付期限

基本的に源泉徴収の納付期限は翌月10日までに納付しなければいけません。

納付期限を過ぎてしまうと、延滞税が課されるので注意しましょう。

毎月納付が大変という人は年に2回にまとめて支払うことができるケースもあるようです。
分からないことは税務署に聞いてみましょう。

人によって若干ケースが異なることがあるので、税務署に相談するのが一番と言えるでしょう。

フリーランスは源泉徴収についてしっかり知っておこう

フリーランスは源泉徴収などもしっかり自分で管理しないといけません。

うっかりで延滞税が課されてしまうのは勿体ないですからね(^_^;)

無知は罪という言葉もあるように「教えてくれなかったから知らなかった」は通りません。

フリーランスは自分で責任を持たないといけないので「誰かから教えてもらう」ということは、まず考えてはいけないのだと覚えておきましょう。
TOP