フリーランスとは?知ってるようで知らないフリーランスの基礎知識

フリーランスとは?知ってるようで知らないフリーランスの基礎知識

フリーランスという言葉がよく聞かれるようになっていますが、何となく想像はできても、その定義を説明するとなると難しいですよね。というわけで、当記事内ではフリーランスとはどういう意味なのか、フリーランスと個人事業主とは違うのか、またフリーランスになるために必要な事についても取り上げたいと思います。
フリーランスという言葉がよく聞かれるようになっていますが、何となく想像はできても、その定義を説明するとなると難しいですよね。

というわけで、当記事内ではフリーランスとはどういう意味なのか、フリーランスと個人事業主とは違うのか、またフリーランスになるために必要な事についても取り上げたいと思います。

フリーランスとは?

フリーランスとは、企業や組織に所属することなく、自由にさまざまな仕事の契約を、企業やクライアントと直接結んで仕事する人のことです。

たとえば、作家やカメラマン、他にもデザインの分野やプログラマーなど、個人で仕事を請け負う職種にフリーランスの方が多くおられます。

どんな人でも、自分の経験や専門知識などのスキルを使って仕事をすれば、仕事の種類に関係なく、フリーランスと名乗れるんです。

どのような仕事をいくらで請け負うかは、もちろんフリーランスである以上自分次第ですが、その分営業から受注から、すべての仕事のフローを自己責任で果たすことが必要になりますね。

フリーランスの語源は中世にまでさかのぼる?

興味深いことに、一説ではフリーランスという言葉の由来は中世ヨーロッパだという説があります。

ヨーロッパの有力者たちが契約をして雇った騎士たちが、フリーランスと呼ばれていたということです。

フリーランスという言葉が自由の騎士たちに限らず、会社勤めしていない作家や政党とのつながりがない政治家などにも広く使われるようになったのは、1900年代の後半のことです。

自営業・個人事業主との違い

会社員ではなく、自分で事業を営む人のことを個人事業主や自営業者と呼びます。

最近ではフリーランスと呼ぶのが一般的になっています。では、どうしてこのようにさまざまな呼び方がされるのでしょうか?

自営業

via pixta.jp
まず、自営業とは「自分で事業を営んでいる人」の総称で、自分で起業したり、お店を開いたり、あるいは事務所を開設したりなど、自営業にはさまざまな形があります。

また、インターネットの発達と共にオンラインでできる仕事が増えてきたことから、自宅でパソコン一台で起業する形の自営業も一般的になりつつあります。

このように、自営業という呼び方は、会社や企業に就職している人以外で、個人的に事業を行っている人全体に当てはまる言葉なんですね。

個人事業主と自営業は同じ?

個人事業主というのは、法人の設立をしないで個人で事業することをいいます。

法人と個人事業主では、納税の手続きがかなり違うんですが、たとえば税率や課税項目の違いだけでなく、経費と見なされる項目や会計情報にも違いがあります。

ということは個人事業主は自営業には含まれないということでしょうか?

さきほども触れたように、自営業は自分で事業を行う人すべてが含まれますから、個人事業主も自営業だということができます。

個人事業主として税金を払っている方が、自分は自営業なんだと言うことは普通に考えられます。

かといって、逆に自営業をしている人がみんな個人事業主なわけではありません。

「自営業者の中には個人事業主もいる」という言い方が正しいですね。

個人事業主とフリーランスも違うの?

では、個人事業主とフリーランスはどうでしょうか?この2つの呼び名も、似ているようでイコールではありません。

フリーランスという言葉は基本的に「働き方」を表しているので、当然フリーランスでなおかつ個人事業主という人はたくさんいます。

ただし、たとえば飲食店を経営している人やお店を開いて小売業をしているような場合には、働く時間や仕事場所が固定されていることが多いですから、そのような個人事業主はフリーランスであるとはいえないんです。

フリーランスになるには何をすべき?

フリーランスとして仕事をしようと考えている人がまず一番にしておくべきことは、インターネット環境を整えることですね。

とはいえ、高速で安定したネット回線を準備するだけでは十分ではありません。

フリーランスはクライアントが複数あることが普通なので、相手によってコミュニケーションツールが違ったり、また納品の形式もさまざまです。

そのため、本格的に仕事を始めるときには、Googleの各種サービスに精通して基本的なツールの準備が必須なんです。

また、チャットワーク、Microsoft Teamsなど、スムーズに相手の求めるツールでやり取りができる環境を整えておく必要もあります。

そして、もう1つ大切なのが、仕事用に専用のメールアドレスを作っておくこと。

プライベートのアドレスを使い回すのは安全面の問題だけでなく、メルアドが仕事にはふさわしくないケースも。

また、営業や会議、打ち合わせなどで人と会う機会が多いフリーランスの場合は、仕事用の名刺も必要になります。

セキュリティ上、自宅の電話番号や住所を使いたくないという人なら、バーチャルオフィスを利用する手もありますよ。




TOP