FPの仕事を活かせる仕事ややりがいについて

FPの仕事を活かせる仕事ややりがいについて

FPの資格取得をしたら、資格を活かせる仕事をしたいと考えるのは当然ですよね。 はっきり言ってFPの資格を活かせる場所は多くあります。 こちらでは、その一部について紹介していくので参考にしてみてくださいね。
FPの資格取得をしたら、資格を活かせる仕事をしたいと考えるのは当然ですよね。はっきり言ってFPの資格を活かせる場所は多くあります。

こちらでは、その一部について紹介していくので参考にしてみてくださいね。

FPを活かせる仕事は?

1級ファイナンシャル・プランニング技能検定(以下、1級FP技能検定)は、厚生労働大臣より職業能力開発促進法第47条第1項の規定に基づき指定試験機関の指定を受けて、日本FP協会が実施する国家検定です。
こちらでは、FPの仕事を活かせる仕事について見ていきましょう。

明確に「この職業をしたい」というものが決まっていなくても、資格によっては引く手あまたと言ってもいいでしょう。

さまざまな場所でFPの資格を持つ人が求められているので、需要性が高いんですよね。

保険会社

保険会社もFPの資格を取得しているスタッフは積極的に歓迎しています。保険会社は依頼者のもしもの状態に備える仕事をしてくれます。

どちらかと言えば、ライフスタイルなどを聞いて保険の見直しなども積極的にしてくれます。

銀行

銀行は住宅ローンを組むこともあるのでFPの資格を持っている人は歓迎されます。

現在のお金の状況などをしっかり聞きとって、どのくらいまでの住宅ローンなら無理なく支払えるかなどを提案してくれます。

不動産会社

不動産会社も不動産売買を扱うことからFPの資格は歓迎されます。

住宅ローン相談コーナーなどを設置しているところはFPの資格を取得している人が相談に乗ってくれるはずです。

ファイナンシャルプランを立てるだけではなく、しっかりその人に適したプランになるよう親身な対応をしなければいけません。

FPの仕事内容などは?

FPと言っても仕事内容や年収などは多いのかなど気になる点ばかりですよね。こちらではFPの資格を持つ人の業務内容などについて見ていきましょう!

ライフプランニングに関わる相談業務

基本的にFPはライフプランニングの作成や相談などがメインの仕事です。お客さんが来店する、もしくはFPがお客さんのところに行って話を聞くこともあります。

人によってはライフプランニングの作成だけではなく、講演活動や執筆活動などFPの幅を超えた業務を行ってくれます。

FPの年収

FPの年収は人によって大きく変わってきます。200万円台の人もいれば、1,000万円を超える人もいるからです。働いている職場によっても大きく変わってくるようです。

保険会社と銀行では給料の差があるのは当然です。

それだけではなく、FP資格を保有している人は資格手当として追加支給されることがあります。会社勤めと独立系では給与体制自体が異なるので給与も多くなりがちです。

特に独立系の場合は後援会などの費用としてお金を受けとることができます。

ただ、FPの人気度にもよるので臨んだ金額が必ずしも手に入るとは言えません。

FPのやりがいとは?

FPのやりがいは、やはり人に感謝されることでしょう。

ライフプランニングをすることで、本人も気づいていなかった部分に気づける可能性があります。将来設計を立てたくても自分ではできない人も多いです。

そんな人の代わりに話を聞いてライフプランニングをたてると、その人の未来を拓くことができるのです。

これまで真っ暗だった道筋が明るくなることでお礼を言われます。

その瞬間が一番好きという人も多くいるのです。

人に喜ばれる仕事のためにFPを検討しよう

FPは人に喜ばれる仕事と言っても過言ではありません。

特に老後問題があることから、FPに相談をしてライフプランを立ててもらう人が増えました。自分の知識を役立てることができたということで、感謝の言葉を受けた途端、物凄く嬉しい気持ちになるみたいです。

その一瞬のために仕事をしていると言っても過言ではないようですね。

いろいろな人の人生に関われることから、しっかり対応して依頼者の未来を切り開く仕事、それがFPの仕事なんですね。
TOP