FPの資格は副業に向いている?どんなことに気をつけるべき?

FPの資格は副業に向いている?どんなことに気をつけるべき?

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を有している人は、眠らせておくのは勿体ないです。 取得しておいて損はない資格なので、手に職をつける意味で取得している人も多くいます。 今回はFPの資格を取得している人のための、副業に関する知識を紹介していきましょう(`・ω・´)
FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を有している人は、眠らせておくのは勿体ないです。取得しておいて損はない資格なので、手に職をつける意味で取得している人も多くいます。

今回はFPの資格を取得している人のための、副業に関する知識を紹介していきましょう(`・ω・´)
ファイナンシャル・プランナーは、顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け、それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業・職種、およびその職に就く者。

このタスマガジンもファイナンシャルプランナーの方に沢山のコラムを書いてもらってるね!

FPの資格を取得している人は副業で活かそう!

FPの資格を取得していても本業に関係ないと眠ったままになってしまいますよね(-_-;)

それは勿体ないので副業を検討してみてはいかがでしょうか。副業でFPとして相談を受けている人も多数存在しています。

こちらでは、副業でFPの資格を活かすメリットについて見ていきましょう。

副業から顧客を掴むことができる

最初からFPとして独立をするのはリスクが高すぎます。しかし、副業である程度の顧客を掴んだ後に独立をすればリスクも減らせるのです。

全員ではないでしょうが、副業としてFPの資格を活かしている人は独立を見据えている可能性もありますね(*´ω`*)

需要性が高い

FPはさまざまな人のお金の相談に乗ることができます。金融系の職業に就いている人は、積極的に取得している傾向があります。

お金に関する悩みは尽きないため、需要性の高い資格と言ってもいいでしょう。

クラウドソーシングで募集されている

FPの仕事は金融系の会社ばかり、と思っている人もいますよね(;^ω^)

でも、今はクラウドソーシングなどでも募集されていることが多いのです。個人的な相談などをしたい人が多く、クラウドソーシングなどで募集されています。

FPの資格を副業に活かす場合の注意点

via pixta.jp
こちらでは、FPの資格を副業に活かす場合の注意点について見ていきましょう。今後、副業でFPの資格を活かす場合は覚えておいてくださいね(;^ω^)

間違いが許されない

FPは専門性が高い資格ということもあって、間違いが許されません。

もちろん、わざと間違う人はいないでしょうが相談をしてくれる人に対して間違った情報を伝えてしまうと自分自身の評判を損ねてしまうことになるのです。

間違った情報を伝えてしまうと「適当な仕事をする人だ」という印象を与えてしまいます。

情報のアップデートが必要

法改正などによって、情報は常にアップデートしておく必要があります。先述した「間違った情報」も、法改正後の情報確認を怠ってしまうと怒りやすいです。

常に新しい情報を仕入れておかないと、相談者は「あなた」を信頼して相談しに来るのです。

その信頼を裏切らないようにしないといけません。

本業が忙しいとなかなか副業ができない

本業が忙しい場合は、なかなか副業をする時間が作れません。FPは簡単にできる仕事ではないので、しっかりと「副業に充てる時間」を確保しなければいけません。

そのため、本業の時間が不確定の状態は副業をする時間がないという人も多いです。

仕事が忙しい人は、ある程度ゆとりを持ってから副業に充てるようにしましょう。ただ、事前に相談者に「時間がかかる」ということを伝えておくこともひとつの方法です。

そうすることで、普段よりも時間を沢山使って副業をすることができます。

【漫画】ファイナンシャルプランナー(FP)になるとどうなるか? 【メシのタネ】

FPの資格を取得している人は副業を検討しよう!

FPの資格を取得している人は、そのまま眠らせておくのは勿体ないです(`・ω・´)
副業として活用してみてはいかがでしょうか?

FPは需要が高いので、個人の副業でもお客さんがつきやすい場合があります。資格を取得しているという安心感が、相談者にもあるのでしょうね(n*´ω`*n)

将来的に独立を検討している人は、ぜひ副業から始めてください。もしかしたら、本業以上に稼げるようになるかもしれませんよ( *´艸`)

これは本人のやる気次第になるので、必ずしもそうなるとは言えないんですけどね(;^ω^)
TOP