dカードとdカードゴールドの違いって何?どちらを持つか徹底比較!

dカードとdカードゴールドの違いって何?どちらを持つか徹底比較!

ドコモのクレジットカードには、dカードとdカードゴールドがあります。 ゴールドとなるとステータスが上がるので、持とうかな?と検討している人も多いのではないでしょうか。 ドコモのdカードとdカードゴールドは、どんな違いがあるのでしょうか。 dカードゴールドのメリット・デメリットについてもみていきましょう。
ドコモのクレジットカードには、dカードとdカードゴールドがあります。

ゴールドとなるとステータスが上がるので、持とうかな?と検討している人も多いのではないでしょうか。

ドコモのdカードとdカードゴールドは、どんな違いがあるのでしょうか。dカードゴールドのメリット・デメリットについてもみていきましょう。
dカードはドコモのクレジットカード。ポイントカードも電子マネーもこれ一枚で便利!dカードは年会費永年無料!dカード GOLDはdポイントがさらにたまりやすく、便利でおトクな特典もあります!オンラインで簡単にお申込みできます。

dカードとdカードゴールドの違い

ドコモのdカードゴールドを持つなら、明確な違いを分かっていたいですよね。いずれのカードも、ドコモユーザーにとっては魅力がたくさんあります。

どちらのカードがご自身にはお得なのか、具体的に違いをみていきましょう。

年会費

ドコモのdカードゴールドは年会費が11000円かかります。対して、dカードは年会費が永年無料。

年会費が高いな…と感じるかも知れませんが、ゴールドカードとしては安めの年会費です。アメックスのゴールドカードだと年会費は3万円かかりますので、破格であることがわかるでしょう。

もちろん、通常のカードにはないゴールドカードの優待が充実しています。

還元率

お買い物でdポイントが還元される率は、dカード、dカードゴールドとも1%です。ですが、dカードゴールドには「dポイントクラブ優待」があり、さらにお得にdポイントがたまっていきます。

クレジットカードのポイント還元率で1%は高い水準です。

とくにポイントにこだわることなく、年会費も安く抑えたいのであれば、dカードの所有で十分でしょう。

付帯サービス

ドコモの携帯電話を購入から1年以内に紛失・盗難などがあった場合、再購入費用として最大1万円が補償されます。

また、お買い物安心保険や海外緊急デスクなど、dカードは年会費無料であっても付帯サービスが手厚くついているのが特徴です。

もちろん、dカードゴールドは無料版+ゴールドカードの付帯特典。海外旅行保険は最大1億円の補償となり、年会費にしては付帯特典が充実しています。

dカードゴールドのメリット・デメリット

ゴールドカードとしては年会費が安めのdカードゴールド。ステータスも高くなるため、持っておこうかな?と感じた人も多いはずです。

ですが、ゴールドカードとして持つなら他のカードの選択肢が良い場合もあります。ドコモのdカードゴールドを持つメリットとデメリットをみていきましょう。

dポイントが良くたまる

dカードゴールドの「dポイントクラブ優待」で、ポイントが良くたまります。ドコモの携帯電話あるいはドコモ光の税抜き利用金額から10%が還元され、さらに1100円ごとに100円のポイントが還元されるのです。

これはとてもお得ですよね。

ショッピングの還元率と合わせれば、かなりポイントがたまる仕組みになっています。

海外旅行に役立つ

ゴールドカードですので、海外で役立つ付帯サービス多くあります。先ほども少し触れましたが、海外旅行保険が手厚いことはとても安心です。

海外では医療に対する保険が充実しておらず、治療費が本当に目の飛び出るほど請求されることが少なくありません。また、言葉が通じない場合、状況を説明するにも不安なはずです。

海外デスクの存在はとても心強いでしょう。

ドコモユーザーでないならお得感は低い

ドコモユーザーにとってはとてもお得なdカードゴールド。ドコモのユーザーでなくても申し込みができますが、そこまでメリットがあるカードかと言われると疑問です。

ゴールドカードとして見るのであれば、正直世界でのステータスとしては低め。年会費はお得ですが、ゴールドカードとしての機能であれば少し考えどころです。

ただ、ドコモユーザーにはとてもお得なカードであることは間違いありません。

dカードゴールドはドコモユーザーにおすすめ!

日頃のショッピングや携帯電話の利用料金でポイントが貯まりやすいdポイントカードゴールド。

付帯サービスも手厚いので、ドコモユーザーにおすすめです。

そんな海外出ないな、という方ならdカードも年会費無料ととてもお得なので、ご自身のライフスタイルに合わせて選んでみてください。
TOP