マイナポイントを貯めるならpaypayがおすすめ?支払いとチャージの違いについて

マイナポイントを貯めるならpaypayがおすすめ?支払いとチャージの違いについて

paypayはCMなども積極的にしていることから利用者が多い傾向にあります。 キャッシュレス決済サービスの中でも対象店舗が多い特徴があるので、利用する側にとっても使い勝手がいいんですよね。 今回はマイナポイントとpaypayの関係について紹介していきましょう!
paypayはCMなども積極的にしていることから利用者が多い傾向にあります。

キャッシュレス決済サービスの中でも対象店舗が多い特徴があるので、利用する側にとっても使い勝手がいいんですよね。

今回はマイナポイントとpaypayの関係について紹介していきましょう!

マイナポイントをpaypay(支払い)で貯める場合

マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、選んだキャッシュレス決済サービス(※)でチャージやお買い物をすると、そのサービスで、ご利用金額の25%分のポイントがもらえるのが「マイナポイント」のしくみです。
こちらでは、マイナポイントをpaypay(支払い)で貯める場合の特徴を見ていきましょう(`・ω・´)

paypayの支払いでマイナポイントを貯めたい人はぜひ覚えておいてくださいね(*´ω`*)

一括支払いのみ

基本的に支払いの場合は一括支払いのみが対象となっています。分割払いやリボ払いはマイナポイント対象外となるので注意して下さいね。

一括支払いをして利用後に分割払いやリボ払いにしても対象外となるので気をつけましょう。

ヤフーカード以外のクレジットカードは対象外

paypayの支払いをヤフーカード以外のクレジットカードにしている人は対象外となります。

支払いに関してはチャージ以上に厳しい部分があるので「これで大丈夫なのかな」と不安な人は支払いではなくチャージにしておいた方がいいかもしれませんね(;^ω^)

支払い翌日から30日後に付与

paypay利用で支払いを選択している人は、支払いの翌日から30日後に付与されます。マイナポイントが付与されるまで、若干期間があるので注意してくださいね(;^ω^)

支払いにしている人は、意外と「あれ、なんでポイントが付与されてるんだっけ」と何に利用して付与されたのかうっかりしている人も多いようです。

しっかりチェックしたい人はチャージの方がおすすめですね。

マイナポイントをpaypay(チャージ)で貯める場合

こちらでは、paypay(チャージ)でマイナポイントを貯めたい人が覚えておきたい特徴について見ていきましょう。

チャージを日常的に使っている人は対象外とならないよう、しっかり覚えておいてくださいね。

さまざまなチャージが対象

paypayのチャージで対象となるのは、銀行口座やヤフーカード、セブン銀行ATMなどさまざまなものがあります。

支払いと比較して対象外となるものの方が少ないと言ってもいいでしょう。そのため、気軽に使いたい人は支払いではなくチャージを選ぶといいかもしれませんね(*´ω`*)

ギフトカードからのチャージは対象外

paypayチャージで対象外となるものが、ギフトカードからのチャージのみです。これだけが唯一対象外となる事項となっています(;´・ω・)

支払いの方は結構対象外になるものが多いんですけど、チャージの方が分かりやすいですね。

「マイナポイントのことが上手くわからない」という人は、対象外となるものが少ないチャージの方がおすすめですよ(`・ω・´)

マイナポイントは即時付与される

基本的にチャージの場合はマイナポイントが即時付与されます。支払いの場合は30日後となっていますが、すぐにポイントが欲しい人はチャージを選びましょう。

すぐにポイント付与されるので、次の支払いなど金銭的負担を抑えることもできるんです。

マイナポイントが即時付与して欲しい人はチャージ、時間がかかってもいい人は支払いという感じでしょうね(;^ω^)

私はチャージでしているのですが、チョットした時にポイントを使えるので嬉しいですね!

支払いとチャージの違いを覚えておこう!

マイナポイントを貯めるためにpaypayと紐づけている人は多いですね。paypayは利用しやすいという部分もあるからでしょう。

ただ、支払いとチャージでは付与タイミングなどが大きく変わってくるので注意してくださいね。

意外と「paypayだし」という感じで支払いとチャージの違いを分かっていないまま選ぶ人もいるんですよね……(;^ω^)

同じpaypayでも異なる部分があるので気をつけておきましょう(`・ω・´)




TOP