クレジットカードのキャッシング枠がいらない場合の対処法

クレジットカードのキャッシング枠がいらない場合の対処法

クレジットカードにキャッシング機能がついていれば、限度額の範囲内でいつでも現金を借入できます。 ただ、クレジットカードのキャッシング機能が必要ない方も中にはいますよね。 ここでは、クレジットカードのキャッシング枠を外せるのか、あとから追加できるのかといった情報をまとめました。
クレジットカードにキャッシング機能がついていれば、限度額の範囲内でいつでも現金を借入できます。

ただ、クレジットカードのキャッシング機能が必要ない方も中にはいますよね。

ここでは、クレジットカードのキャッシング枠を外せるのか、あとから追加できるのかといった情報をまとめました。
キャッシングとは、現金を借入れすることをいいますが、一般的にはクレジットカードに付帯している現金を借りられる機能のことを意味します。キャッシング枠とは、現金を引き出せる限度額のことです。

キャッシング枠はいらない?

キャッシング枠のあるクレジットカードはたくさんありますが、基本的に外せます。

外すもつけるも本人の自由なのですが、キャッシングのメリットとデメリットを把握しておくことをおすすめします。

キャッシング枠は外せる

「キャッシング枠など必要ない!」といった方もいるので、銀行やカード会社も対応しています。

多くのクレジットカードは、申し込み時にキャッシング枠をつけるかどうかを選べるんです。

申込書には、キャッシング枠が必要かどうかを確認する項目があるので、必要ないのなら「不要」にチェックしましょう。また、後述しますがあとからキャッシング枠を外すのも可能です。

メリットとデメリットを把握する

クレジットカードにキャッシング枠をつけるメリットもあれば、デメリットもあります。キャッシング枠をつけるかどうかは、まずメリットとデメリットを理解してからでも遅くありませんよ♪

メリットとデメリットを事前に把握しておけば、キャッシング枠をつけるかどうかの大きな判断材料にできます。

キャッシングのメリットとデメリット

キャッシング枠をつけるかどうかは、メリットとデメリットを比較しながら検討しましょう。ここでは、クレジットカードにキャッシング枠をつけるメリットとデメリットを解説します。

メリット

キャッシング枠があれば、いつでも現金の借入が可能です。コンビニや銀行などのATMを使い、限度額の範囲内で借入ができるんです♪

借入するたびに、申し込みをして審査を受ける必要もありません。急に現金が必要になったとき、キャッシング機能があれば便利ですよ♪

もちろん、返済もATMを使ってササっとできます♪

デメリット

人によっては、キャッシング枠があることでお金を使いすぎてしまうかも…。

クレジットカードの限度額いっぱいまで使ってしまい、足りなくなってさらにキャッシングにも手を出す、といったケースは意外と多いようです。

計画的に利用したいですね。あと、キャッシング枠をつけると、審査が厳しくなる傾向があるので注意しましょう。

キャッシング枠の外し方

すでに備わっているキャッシング枠を、あとから外すのも可能です。

この場合は、まずカード会社に連絡しましょう。また、キャッシング枠のないカードにあとから追加もできますよ。
via pixta.jp

カード会社へ連絡

カードの発行元へ連絡し、キャッシング枠を外したい旨を伝えましょう。連絡先は、カードの裏面や契約書などに記載されています。

カード会社の公式ホームページにアクセスすれば、オフィシャルの連絡先、問い合わせ先がわかりますよ。

コールセンターのオペレーターに伝え、具体的な手続きの方法や流れを教えてもらいましょう。

あとから追加も可能

このケースでも、カード会社に連絡をします。あとからキャッシング枠を追加する場合、改めて審査を受けなければならないことがほとんど。

そのため、申し込みしてすぐにキャッシングが利用できるわけではありません。審査をクリアすれば、キャッシングできるようになります。

よく検討して決めよう

クレジットカードにキャッシング枠があれば便利ですが、使いすぎてしまう、クレジットカードそのものの審査が厳しくなる、といったデメリットもあります。

メリットとデメリット、どちらも理解したうえで検討しつつ決めましょう。
TOP