20代からの資産形成!必要な考え方と投資の方法4選

20代からの資産形成!必要な考え方と投資の方法4選

資産形成は、何も働き盛りになってから考えるものではなく、老後を考慮するならむしろ20代の内から考え始めた方が有意義と言えます。 ここでは20代からの資産形成について、必要な考え方と具体的な資産形成の方法を4選お届けしますので、将来のために役立ててくださいね。
資産形成は、何も働き盛りになってから考えるものではなく、老後を考慮するならむしろ20代の内から考え始めた方が有意義と言えます。

ここでは20代からの資産形成について、必要な考え方と具体的な資産形成の方法を4選お届けしますので、将来のために役立ててくださいね。
将来に対する不安はいろいろ。準備した老後資金は足りるだろうか。社会保障は大丈夫だろうか。それに備えるのが「資産形成」。運用を部分的に取り入れ、効果的に資産を増やしていくことは、ライフプランを実現するための有効な手段なのです。

20代に必要な資産形成の考え方

20代で資産形成を考えるのは、将来もありますし大変素晴らしいことなのですが、誤った考え方をしてしまうと意味がありません。

ですのでここでは、20代の資産形成に求められる考え方をご紹介します。

いきなり「老後」を考えない

資産形成で最終的に目指すところは、「豊かな老後」になるのは間違いありません。しかし20代の若者が、かなり遠い将来である老後に対して具体的なビジョンを描けるのか、さすがに疑問なのではないでしょうか。

40年以上先のこと、そして将来が遠すぎるあまり先が見えず、資産形成をするにしても気持ちを維持できない、また上手く貯蓄できない可能性があります。

ですのでまずは、結婚だったり何年後に確定している大きな買い物などに照準を定めて、先行きをイメージしやすくしておく方が貯蓄として現実的となるでしょう。

差し引かれた金額だけを考える

資産形成には様々な方法がありますが、定期的に自分の手持ちのお金が差し引かれていくのは共通です。しかし、差し引かれたことで生活がままならない、また支払い等が滞るのでは資産形成自体に嫌気が差してしまいます。

ましてや今は20代、自由にできるお金はもともと少なく、差し引かれるお金を意識してしまいがちです。

そのことから、最初から差し引かれるお金は「もともと無かったもの」と考えておくと、差し引かれたお金だけで生活をするようになるので無理がありません。

決して無理をしない

先でも少し記述していますが、資産形成は決して無理をするものではありません。自分のやれる範囲で、お金が差し引かれても何ら影響がない、「余裕のある」貯蓄であるべきなのです。

そうでなければ、貯蓄分を当てにしてしまったり生活そのものに悪影響が出てしまい、資産形成どころじゃなくなってしまいます。

資産形成の方法でおすすめの4選

資産形成の考え方は上記のとおりですが、では具体的にどのように資産形成をすればいいのか、どんな資産形成があるのかをご紹介します。

ご紹介するものは、いずれも20代でも運用できますので参考にしてみてください。

株式

いわゆる「株」で、企業が発行している株券を購入や販売、また配当で利益を出すものです。取引方法により長期的、短期的な運用が可能と汎用性に優れています。

ただし、株価は常に変動しているものであり、景気の状態によっては元本割れをしてしまい、塩漬け(株価上昇まで購入した株券を放置)せざるを得なくなるケースも。

投資信託

これは、簡単に言えば「お金を出して後は株のプロに任せる」というものです。少額から投資が可能で、20代で初めて株に携わるならコレがおすすめとなるでしょう。

リスクも「20代が初めて株をする」よりずっと低く、資産形成として手堅く配当が得られるでしょう。

ただしプロにやってもらうということで各手数料が必要で、場合によっては高額な場合もあり利益が少なくなるパターンがあります。

不動産

これはマンションやアパートの経営者となり、家賃収入で資産形成をしていくものです。

収入が家賃であることから、安定した収入が見込めますので資産形成として優秀で、ある程度資本がある20代なら誰でもできるでしょう。

しかし、マンションやアパートは老朽化が付き物であり、その維持管理で費用が必ず掛かりますので、「収入と支出」をきちんと管理できなければなりません。

預金

つまり「ただの預金」なのですが、意外とメリットはあります。それは、資産形成に際して「一切のリスクがない」ことです。金融機関の破たんが唯一のリスクと言えますが、1,000万円以下の預金であればすべて保証対象です。

しかし、やはりと言いますか、金利が低過ぎますので、元手がなければ資産形成として成り立たないところがあります。

計画的に資産形成をしよう

20代から資産形成をするのは大変と思われるかもしれませんが逆で、若い時から始めることで余裕を持って目標に至れるでしょう。

しかし、それもきちんとした計画があってこそです。無計画では無理が生じる、または挫折してしまいかねませんので、考えることはしっかりと考えて、また無理のない方法を選んで計画的に資産形成をしましょう。
TOP