20代でお金がないのってヤバイ?今からできる資産形成術とは

20代でお金がないのってヤバイ?今からできる資産形成術とは

学生から社会人までさまざまな立場の人がいる20代。 まだ20代だから大丈夫という気持ちと、もう20代だからしっかりしないとという気持ちの両方があるかもしれません。実際に今の20代はどの程度のお金を持っているのでしょうか。
学生から社会人までさまざまな立場の人がいる20代。

まだ20代だから大丈夫という気持ちと、もう20代だからしっかりしないとという気持ちの両方があるかもしれません。実際に今の20代はどの程度のお金を持っているのでしょうか。

20代のみんなは貯金をしているの?

20代は新社会人や学生も多く、貯金の意識が少ない人も多いでしょう。しかし、一方で結婚や独立を見据えた貯金をスタートしている人もいます。まずは平均値から20代のお金事情を探りましょう。

20代の平均貯蓄額は?

金融広報中央委員会では、家計行動分析のデータによTる金融知識の向上を目指して、さまざまな世代の家計を調査しています。金融広報中央委員会が発表した「令和元年(2019年)家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯]によると、20代の平均貯蓄額は106万円でした。

これは預貯金だけでなく、保険や株式などの投資商品も含めた資産額です。意外と多いと感じるか少なく感じるかはその人の金銭感覚次第でしょう。

20代の貯蓄額中央値からわかること

20代の平均貯蓄額が100万円以上あることを知って、自分よりも多いと焦る人もいるかもしれません。

しかし、平均は必ずしもその実態を正確に表しているわけではありません。平均は貯蓄額が極端に多い人と少ない人が多くても平均は影響を受けます。貯金が1000万円いる人が数人でもいれば、引きずられて平均は高くなってしまうでしょう。

そこで便利なのが中央値という指標です。

中央値とはデータを小さい順番に並べたときにちょうど中央に位置する値です。20代の中央値は5万円。これは平均の106万円と大きく違います。

また金融資産を保有してないという人は45%いました。20代はまだ学生も多く、貯蓄している人の割合は決して多くありません。安定収入がない人もいるため、割合としてはお金がない人も少なくないのです。

20代からお金をためておいた方が良い理由とは

20代はお金がないという人もたくさんいます。しかし、周囲がお金がないから大丈夫というのは大きな間違いです。20代から貯金をスタートしたほうが良い理由をまとめました。

貯金や投資は早くスタートしたほうが有利になる

貯金や国債などは、保有期間に応じて利子がつきます。

早い段階で貯金を始めるということは、それだけ金融資産の保有期間が長くなるということです。
保有期間が長い分、利子や配当が受け取れる投資商品は有利になります。

また結婚資金、教育資金を積み立てたいという人もいるでしょう。少しずつでも早く積み立てたほうが、短期間で高額を積み立てるよりも生活への影響も少なく、楽にできます。

投資は早いうちに経験したい

投資はお金ができてからと考える人もいるかもしれません。

しかし、貯金が増えてから投資をして失敗した場合、損失も投資額に合わせて大きくなります。投資は少額でもいいので若い時から経験を積んでおきましょう。

失敗をしたとしても若い時に少額であれば、リカバリーも簡単です。資産形成の練習として早い段階で投資をスタートしましょう。

ライフスタイルの変化に対応できる

20代から30代は結婚や転職、独立引っ越しなどのライフイベントが大きくなる年頃です。これから結婚しよう、起業しようと考えた時にまず問題になるのが資金でしょう。また子供が生まれれば出産費用、教育費の問題もあります。

経済的なゆとりを作るためにも早い段階で貯金をスタートしましょう。

20代は将来を見据えた貯金をスタートするタイミング

20代の半数近くはお金がない状態です。。

しかし、まだ学生でこれから社会人になって稼ぐ人、資格勉強中の人など20代でも立場は違います。20代は自分の将来を考えて資金準備や資産形成をスタートするためにベストなタイミング。自分が5年後、10年後どのようになっていたいかを考えて、将来のためにをできることを始めましょう。
TOP