資産運用の種類ってなにがあるの?どんな人が資産運用に向いているかチェックしてみよう!

資産運用の種類ってなにがあるの?どんな人が資産運用に向いているかチェックしてみよう!

資産運用と言っても、さまざまな種類があるので「どれにしよう?」と悩む人も少なくありません。 資産運用の種類によって向いている人、向いていない人があるので一概に「〇〇がおすすめ!」とも言えないのです。 今回は資産運用の種類について紹介していきましょう(`・ω・´) 現在資産運用を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください!
資産運用と言っても、さまざまな種類があるので「どれにしよう?」と悩む人も少なくありません。資産運用の種類によって向いている人、向いていない人があるので一概に「〇〇がおすすめ!」とも言えないのです。

今回は資産運用の種類について紹介していきましょう(`・ω・´)

現在資産運用を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください!
資産運用とは、資産を株式や不動産などに投資して増やすことをいいます。

資産運用に向いている人とは?

こちらでは、どんな人が資産運用に向いているかを見ていきます( *´艸`)

資産運用の種類で若干変わってくるのですが、どんな人が向いているのか知ることで自分が資産運用に向いているのかを見極めることもできますよ(`・ω・´)

真面目で論理的な人

基本的に真面目な人ほど資産運用に向いていると言われています。不真面目な人が向いていないというわけではないのですが、感情的な人は向いていません。

感情的になると、その場の勢いに流れされてしまい「正しい判断」ができなくなるからです。

冷静に分析出来る人

冷静に物事を分析出来る人も資産運用に向いています。例え想定外の出来事が起こっても臨機応変に対応が出来るはずです。

逆に冷静に分析が出来ないと、焦ってしまって悪手を打ってしまうことになります。資産運用において、冷静に分析できるかどうかはもっとも大事なことと言えます。

他人の意見に惑わされない人

誰かの意見を参考にすることは構わないのですが、他人の意見に流される人は資産運用に向いていません。周囲の意見に惑わされずに、自分の意思を持って資産運用出来る人が向いているのです。

他人の意見に流され過ぎていると、はっきり言って資産運用でリターンを出すのは難しいです。それだけではなく、常に不安を抱えてしまうことになるので「他人の言葉は参考にしても鵜呑みにしない」という意思の強さが必要となります。

資産運用の種類

こちらでは、資産運用の種類について見ていきましょう。どのような種類があるのか知ることで「これが自分に向いているかも」と比較することができます。

投資信託

投資家から集めたお金をひとつの大きな資金として運用の専門家が株式や債券に投資することを指します。自分ではなく、資産運用のプロに任せるので素人が下手にするよりも安全性が高いです。

どのような対象に投資するのか、は投資信託ごとの運用方針に基づいて専門家が行います。

株式投資

現物取引のことを株式投資と言います。国内市場に上場している株式を投資家が持っているお金で売買することを指すのです。投資家が持つ現金で取引をすることから「現物取引」と呼ばれています。

企業が事業活動によって利益を出した場合は、利益の一部を配当金として受けとることができます。

FX

FXは外国為替取引のことを指し、価格変動に着目した取引を指します。アメリカドルで言えば、1ドルを105円で購入して、117円で売却した場合は12円の利益が出ます。

こういった利益を積み重ねて、資産に変えていくのです。さまざまな国の通貨を組み合わせて取引できるので、やり方としては意外と分かりやすいようです。

さまざまな資産運用があるので自分に向いているものを探そう

資産運用にはさまざまな方法があります。そのため、自分に向いている資産運用を探すことから始めましょう。

まずは自分の性格、ライフスタイルなどをしっかり観察して「どの資産運用が向いているか」ということを見極めてください。

うまく見極められない人は「自分にはできない資産運用」を探す方法でも構いません。消去法で「自分には向かない方法」を消していき、残った方法の中から選ぶのもいいかもしれません。

とにかく、自分に合わない資産運用はしないようにしましょう!
TOP