FXにおける売りと買いのポイントの違いってなに?

FXにおける売りと買いのポイントの違いってなに?

FXは売りと買いでさまざまなポイントがあります。 理想としては最初から詳しく知っておいた方がいいのですが、そうできない人もいるのです。 今回はFXにおける売りと買いのポイントの違いについて紹介していきましょう(`・ω・´)
FXは売りと買いでさまざまなポイントがあります。理想としては最初から詳しく知っておいた方がいいのですが、そうできない人もいるのです。

今回はFXにおける売りと買いのポイントの違いについて紹介していきましょう(`・ω・´)

FXにおける売りのポイント

こちらでは、FXにおける売りのポイントを見ていきますね(*^-^*)

基本的に売りの場合は短期取引の人が多い傾向があります。つまり、売り時を間違えると大きな損失につながってしまうのです。
via pixta.jp

外国為替市場は24時間取引がある

外国為替で取引をしている場合、夜中に大きく相場が変わっていることがあります。

外国為替市場は24時間取引が行われていることもあって、就寝前と起床後でがらりと相場が変わっているということも珍しくありません。

読みと異なる相場に動くならすぐに注文しよう

「相場が予想とは違う動きをしているけど、大丈夫かな」と不安になることもありますよね。読みとは異なる方法に相場が動き始めたら、すぐに売った方がいいかもしれません。

そのまま持っていて利益に繋がる可能性もありますが、予想できない動きだと良い方と悪い方のどっちに動くか分からないのです。

損失を最低限に抑えたい場合は、すぐに売りをした方がいいかもしれませんね(・_・;)

損失を最小限にとどめる方法を考える

為替レートが想定とは異なる方に動くと、大きな損失に繋がることがあります。

そのため、逆指値、イフダン注文、オー・シー・オー注文など、損失を最小限にとどめる注文方法があるので、これらを上手く使うようにしましょう。

FXにおける買いのポイント

こちらでは、FXにおける買いのポイントについて見ていきましょう。売りと共通で注意したいポイントもありますが、しっかり把握して上手くFXをしてください!
via pixta.jp

PCとスマホでチェックできるようにする

基本的にPCとスマホの両方でチェックできるようにしておきましょう。システムに関しては金融庁がしっかり監督しているので、大きな問題につながることは少ないです。

でも、なんらかのシステムリスクが起こる可能性はゼロではありません。

もしかしたら、自分の所持しているパソコンが上手く動かないということもあります。

そのため、すぐにチェックできるようにパソコンだけではなくスマホでもチェックできる体制を整えておくことが重要です。

流動性リスクに注意する

外国為替市場は世界最大の市場であり、膨大な取引量があります。基本的に取引ができないまま相場急変になることはほとんどありません。ただ、過去には「滅多にないこと」が起こったこともあるのです。

流動性リスクによってかなりの損失を出した人も少なくありません。そのため、普段から流動性リスクに備えておく必要があるのです。

ロスカット注文を活用する

相場の急変に備える方法として「ロスカット注文」がおすすめです。

ロスカット注文とは、相場が予想に反して逆方向にいった場合、損失額を一定額におさえるという注文方法です。

FXで成功している人は、このロスカット注文をしっかり活用しているからと言ってもいいでしょう。

リスク対策をしっかりしていることで、相場急変という緊急事態が起こっても問題ないようにしているのです。

FXは売りと買いで注意点が異なる!

基本的にFXは売りと買いで共通する注意点もありますが、それぞれで異なる部分もあります。安易な考えのままでFXを行ってしまうと、大きな損失に繋がるので気をつけてくださいね(・_・;)

ロスカット注文など、リスク軽減のためのポイントをしっかり押さえておくようにしましょう。

どうすれば損をしないで済むか、最小限にとどめることができるのかということをしっかり考えて、FXに対する「良い意味での怖さ」を覚えておくようにしてください。




TOP