資産運用に失敗して借金を抱えてしまったら…どんな解決方法がある?

資産運用に失敗して借金を抱えてしまったら…どんな解決方法がある?

資産運用にはリスクがともなうこともあり、予想外の損失をしないか心配になりますよね。 実際、大損して借金を抱えてしまう人もいます。 もしも資産運用に失敗して借金を抱えてしまったら、どんな解決方法があるのかを紹介しましょう。
資産運用にはリスクがともなうこともあり、予想外の損失をしないか心配になりますよね。実際、大損して借金を抱えてしまう人もいます。

もしも資産運用に失敗して借金を抱えてしまったら、どんな解決方法があるのかを紹介しましょう。
資産運用とは、資産を株式や不動産などに投資して増やすことをいいます。

資産運用で失敗する要因とは?

リスクがあることはわかっていても、資産運用するからには少しでも利益を増やしたいですよね。資産運用には、成功例もいれば失敗例もあります。

ここでは、どんな要因で資産運用に失敗しやすいのかをお話します。

自己許容額を超えて投資してしまう

資産運用は、自己資金を増やしたり減らさないように運用すること。手持ち資金ギリギリまで投資に使ってしまうのは、リスキーです。

生活資金や万が一の事故や災害、病気などに備えてお金を取っておくことは大切。

余裕がない中で投資をしていると、緊急にお金が必要になったときにも投資で増やして資金を作ろうなどと危ういことをしかねません。

リスクの見極めが甘い

資産運用のリスクについて、認識が甘いことも失敗につながりやすい要因です。リスクが低いとされている投資でも、リスクには違いありません。小さなリスクがふくらんで、大きな損失になってしまうこともあります。

予測のつかない事態になることがあるのも、投資ならではのリスク。投資していた会社が倒産したり、持っていた不動産が自然災害に遭うようなこともリスクの1つです。

投資の知識が少ない

投資について知識が十分でないと、大ざっぱな認識になりがちです。利回りがこのくらいあればちょっとくらいリスクがあっても何とかなるだろうとか、マンションの借り手くらいすぐに見つかるだろうという考えも危険です。

リスクを上回る勝ち要素をつかまなければ、資産運用では成功できません。

そのためには、投資の知識に加えて社会情勢や自然災害にすら敏感になっておく必要があるのです。

資産運用の失敗に気付いたらどうすればいい?

資産運用の失敗に気付くのは、早ければ早いほど幸運です。損失が少ないうちに食い止めることができれば、今後の対策もしやすくなります。

とはいえ、失敗に気付くのが遅かったということもあり得るでしょう。資産運用の失敗に気付いたらどうすればよいか、紹介します。

早めに損切りをする

どんな資産運用方法を選んでいても、運用に失敗しているのではないかと思ったら早急に損切りするのが賢明です。

損失を取り返そうなどと思うと、さらに大損してしまうリスクがあります。損切りが苦渋の決断になるとしても、リスクを減らすことを最優先することが大切です。

手持ちの投資用資産を手放す

特に不動産投資をしている場合などにいえることですが、儲からない、失敗しているかもしれないと思ったら資産を手放すことを検討してみたほうがよいでしょう。明らかに失敗した場合も同様です。

リスクが大きい資産を持ち続けていると、さらなるリスクを招きかねません。

不動産以外の投資用資産も同じことで、リスクを察知したものは持ち続けないほうが安全です。

手堅い資産運用方法に乗り換える

運用に失敗しても投資を続けたい場合は、より安全な資産運用方法に資産を移し替えることをおすすめします。このとき、分散投資しておくのもリスクを抑えるコツです。

例えば、定期預金などは利回りが低いとはいえ、資産運用方法の中ではリスクが小さいとされる方法です。

借金を抱えてしまったときの解決方法は?

資産運用に失敗して、多額の借金を抱えてしまうこともあります。運用に失敗するだけでなく、悪質な投資会社に大金を取られてしまうことも珍しくありません。

借金ができたとき、どのように解決したらよいか見ておきましょう。
via pixta.jp

債務整理による解決

株やFXなどの投資で、相場の変動により損失を出してしまうことがあります。この場合、証券会社に追証(おいしょう)という負債を支払わなければなりません。

追証を払うために金融機関から借金をし、支払いができなくなることもあるでしょう。そのときは、債務整理という解決方法があります。

どの債務整理をするか

債務整理には、3種類の方法があります。債権者と直接交渉して借金を減額してもらうのが、任意整理。裁判所に借金を免責してもらうのが自己破産、裁判所に借金を減額してもらうのが個人再生です。

自己破産の場合、裁判所に申し立てても免責に値しないケースは免責不許可事由として却下されてしまうことがあります。

ギャンブルなどで作った借金が免責不許可事由に該当するため、投資も同様ではないかと思われがちです。

しかし、裁量免責によって免責されることもあるため、借金を反省してまじめに手続きをすることが大切です。ただし、裁量免責に相当するかどうかは調査が必要なため、余計に費用がかかることがあります。

不動産投資で失敗したときの解決方法

不動産投資で失敗したら、不動産を売却してお金を回収するのが妥当です。しかし、オーバーローンの物件では普通の売却が難しくなります。

オーバーローンの物件は、任意売却をすることで抵当権を抹消してもらえる可能性があります。ローン債権者と交渉して抵当権を抹消してもらえたら、裁判所に競売してもらい物件を売却可能です。
全国対応にて一人ひとり、しっかり時間をかけた無料相談。

資産運用で借金を作らないように計画的な投資をしよう

資産運用で失敗するリスクは、誰にでもあります。運用に失敗して借金を背負うことがないよう、資産の余裕を見て投資をすることをおすすめします。

計画的に運用することで、借金を作らない資産運用を心がけましょう。
TOP