ビットコインの今後はどうなる?ビットコインの今後を握る鍵とは!

ビットコインの今後はどうなる?ビットコインの今後を握る鍵とは!

ビットコインの動きに注目が集まっています。 2020年後半より高騰し、これを機にビットコインや他仮想通貨市場に新たに参戦した人も多いでしょう。 値動きが激しいビットコイン。 今後はどうなるのか、今後のキーポイントをみていきましょう。
ビットコインの動きに注目が集まっています。2020年後半より高騰し、これを機にビットコインや他仮想通貨市場に新たに参戦した人も多いでしょう。

値動きが激しいビットコイン。

今後はどうなるのか、今後のキーポイントをみていきましょう。

ビットコインはなぜ高騰した?

「億り人」なんて言葉、ありましたね。

時を経て、一時期停滞したものの、2020年後半からビットコインは高騰しました。1BTC(ビットコイン、以下BTC)=400万円を超えたこともあり、これを機にBTC投資を始めた人もいるでしょう。

なぜ、BTCは改めて高騰したのでしょうか。

アセットマネジメントの参入

アセットマネジメントとは資産運用をする会社のことです。アセットマネジメントがBTCを購入し始めたことは市場に大きな影響与えました。この流れで個人投資家も多くBTCを購入、乱高下しながらも高値をキープしています。

BTCの購入は個人が多いイメージがあるようですが、アメリカではすでに保険会社も資産運用の一部をBTCに振り替えています。

BTCの安心性を印象付けたこととなりました。

投資家の影響

大きな企業のトップや、資産を有する著名人・投資家がBTCに注目をしています。その影響もあり、BTC高騰の手助けとなりました。

また、奇しくも新型コロナウイルスが背景にあることも避けられません。

アメリカでは新型コロナウイルスの対策として支給された給付金が、個人投資家のBTC購入に充てられたとのこと。このことから価格が上昇したと考えられています。

企業のビットコイン購入

ビジネスデータ管理・分析会社のマイクロストラテジー社は、現時点で日本円にして1000億円以上のBTCを購入。決済サービスを提供するPaypal社が仮想通貨関連サービスを開始するとしたことで、BTC及び他仮想通貨の一般流通に期待が高まったのです。

企業・投資家・実業家などの一挙種一同が買いの動きに拍車をかけました。

ビットコインの今後を左右する鍵

BTCは値動きが激しく「安定」とは言い難いです。今後の見通しについても、専門家でさえ意見は分かれる始末。

ですが、今後の鍵を握るポイントはいくつかあります。BTCがこれから安定していく鍵を押さえておきましょう。

ビットコインETFの承認

ビットコインETFとは、上場投資信託でBTが取引できるようになる仕組みです。カナダではすでにETFが承認されており、トロント証券取引所に上場しています。

ビットコインETFが各国で承認されれば、大きな資産を持つ投資家がBTC投資を始める可能性を期待できるのです。

また、取引所の審査をBTCが通過することで、BTCの信頼度そのものが上昇し、投資意欲を掻き立てるでしょう。

ビットコイン決済

以前「億り人」が流行語となった頃、実際の買い物でBTCが使える店舗がちらほらと実在しました。

決済として導入初期だったので、現在は見かけなくなりましたが、キャッシュレス決済が当然となった今、またBTC決済は注目されています。

国際間送金が簡単なこともあり、決済速度と手数料といった部分が整備されればBTC決済は一気に現実味を帯びるのです。

仮想通貨の法整備

BTC含む仮想通貨の法整備が整えば、もっと多くの投資家が参入するでしょう。現状、仮想通貨で得た利益には雑所得として税金がかかります。もちろんですが、所得税・住民税もあがります。

また、買い物も課税対象になります。

BTCを10万円で購入した後、50万円になりました。このBTCで10万円の買い物をします。すると差額の40万円が課税対象となるのです。

今後、BTCに関する控除等が一部進めば、投資家の幅は広がるでしょう。

仮想通貨関連のニュースはこまめにチェックしよう!

BTCの今後は、専門家でも意見が割れます。買うタイミングも売るタイミングも、乱高下の中、選択をしなければなりません。

これからBTC投資を考えるなら、仮想通貨関連のニュース全般をこまめにチェックしておきましょう!
TOP