共働き世帯の平均年収やライフスタイルについて

共働き世帯の平均年収やライフスタイルについて

共働き世帯の場合、大体年収はどのくらいになるのでしょうね。 近年は共働きが一般的になっているので、生活水準が上がっていると考えられています。 しかし、実際は支払いなどでなかなか「余裕のある生活」を出来ていない人が多いです。 今回は、共働き世帯の年収に関することを紹介していきましょう。
共働き世帯の場合、大体年収はどのくらいになるのでしょうね。近年は共働きが一般的になっているので、生活水準が上がっていると考えられています。

しかし、実際は支払いなどでなかなか「余裕のある生活」を出来ていない人が多いです。

今回は、共働き世帯の年収に関することを紹介していきましょう。

共働き世帯の平均年収とは?

世帯年収とは、世帯を構成する人たちの年収の合計のことをいい、一般的には「同じ住居に住む人の年収を合算した収入のこと」をいいます。
こちらでは、共働き世帯の平均年収について見ていきましょう。ただ、地域にもよりますので平均とはいっても地域差があることは覚えておいてくださいね(;^ω^)

すべての地域で同じ平均年収というわけではないのです(;´・ω・)

月収66万円前後

共働き世帯の月収は66万円前後が平均と言われています。ただ、職業などによって変動があるのでこの「66万円」は比較的年収が高い仕事と言ってもいいでしょう。

先述したように地域差、職業などによって変わってくるので「一応の目安」程度に見ておいてください。

年代によっても変わってくる

年代によっても共働き世帯の年収は変わってきます。例えば、20代夫婦、30代夫婦、40代夫婦ではかなり変わってきますよね?

34歳以下の場合は年収役570万円、30代後半で年収約630万円、40歳以上で690万円と言われています。

これを見ても、先述した「月収66万円」がかなり夢物語になっていると言えますよね。

つまり、年収が高い職業の平均が月収66万円と言うことなのでしょう。

共働きで年収1,000万円は夢じゃない?

共働きで年収1,000万円は夢じゃないのか、ということですが働き方によっては夢ではありません。ただ、平社員などでは難しいでしょうね(;^ω^)

それなりの役職に就いていることが条件となるのではないでしょうか。

しかし、夢ではなくても職業によってはかなり夢に近いという状態かもしれません(;´・ω・)

年収別のライフスタイルについて

via pixta.jp
こちらでは、年収別のライフスタイルについて見ていきましょう。ライフスタイルを知ることで、どの程度の年収を目指すべきか見えてくるかもしれませんよ(`・ω・´)

年収350万円

共働き世帯で年収350万円の場合、結構生活が苦しいという意見の方が多かったです(;´・ω・)子供がいる家庭の場合、より生活が苦しいという意見が多くありました。

特に、新型コロナウイルスの影響によって仕事に大打撃を受けている家庭も多くあります。

それまでは年収500万円以上あったけど、シフトの変更などで一気に年収が下がったという話もありました。

年収500万円

基本的に夫婦のみで生活する場合は生活に困るということはないでしょう。ある程度趣味にお金を使っても、貯蓄に回す分は残ります。

ただ、子供の人数によっては年収500万円は結構厳しい金額だったりするのです(;´・ω・)

子供の入学・卒業などと重なってしまうと、結構苦しくなってしまうかもしれません。

年収800万円

夫婦だけの場合ももちろん、子供がいても比較的楽に生活が出来る年収です。住宅ローンの金額などを抑えることで、裕福な生活が望める年収と言えます。

ただ、過剰に使ってしまっては年収800万円でも生活が苦しくなるので注意しましょう。比較的貯蓄に回せるお金もあるので、堅実な貯金をすることで老後の心配は必要なさそうです。

共働き世帯の年収でライフスタイルが変わると覚えておこう!

共働き世帯の年収によって、ライフスタイルも変わってきます。

ただ、新型コロナウイルスの影響によって、収入が劇的に落ちている場合があるのです。こういった不測の事態に備えるためにもなるべく年収が高い職業を選んで置いた方がいいでしょう。

年収だけがすべてではありませんが、生活にゆとりを与えるためにも収入アップが期待できる仕事を探すようにした方がいいかもしれませんね(;^ω^)
TOP