ワンルーム不動産投資は節税になるのか? どんな人に向いている?

ワンルーム不動産投資は節税になるのか? どんな人に向いている?

ワンルーム不動産投資は節税効果から取りかかる人が多いです。 近年、不動産投資は年配者だけではなく若い世代でも行っている人が増えています。 今回はワンルーム不動産投資に節税効果があるのかについて見ていきましょう(`・ω・´)
ワンルーム不動産投資は節税効果から取りかかる人が多いです。近年、不動産投資は年配者だけではなく若い世代でも行っている人が増えています。

今回はワンルーム不動産投資に節税効果があるのかについて見ていきましょう(`・ω・´)
「ワンルームマンション」は、ワンルームで構成された集合住宅又は住戸そのものをさすが、その間取りは、一つの居室とキッチンスペースとが仕切られ、キッチンが独立しているタイプのものが多い。

ワンルーム不動産投資は節税効果があるのか?

こちらでは、ワンルーム不動産投資で得られる節税効果について紹介しますね(`・ω・´)

これからワンルーム不動産投資を検討している人は、どんな節税効果があるのかチェックしてください。

所得税

サラリーマンの場合は給与と不動産収入による所得税が課税されます。例えば年収400万円のサラリーマンが不動産収入で100万円の利益があったとしましょう。

しかし、不動産投資における経費で200万円かかっていたとします。

すると、400万円+100万円-200万円で300万円分の所得税が課税されることになります。

住民税

所得税に応じて住民税も計算されます。

つまり、所得税が減額されていれば、その分だけ住民税も減額されるのだと覚えておきましょう!

相続税

相続する場合、現金と不動産では相続税の税率は不動産の方が低いのです。そのため、遺産のことを考えた年配者などが不動産購入などをする傾向があります。

せっかく残されたとしても、相続税で沢山取られてしまっては損をしますからね(^_^;)

節税目的のワンルーム不動産投資がおすすめの人とは?

via pixta.jp
こちらでは、節税目的でワンルーム不動産投資がおすすめな人の特徴について見ていきましょう。どんな人に向いているか知ることで、自分自身に向いているか、不向きかが分かるのではないでしょうか。

年収が短期的に増えた人

年収が短期的に増加すると、翌年の所得税や住民税が急増してしまいます(-_-;)そのため、ワンルーム不動産投資はおすすめです。

購入時に利益が出せる人は少ないです。

つまり、赤字を多く出せるため年収が増えても所得税や住民税を節税することができるのです!

定年退職が近い人

定年退職予定の人が退職前にワンルーム不動産投資をすることで、納税額を抑えることができます。退職後は給与収入もなくなるので、所得自体が少なくなる傾向があります。

そのため、納税額も抑えることができるのです(`・ω・´)

定年退職後の収入のために、手軽なワンルーム不動産投資を始める人たちもいます。手軽な分、比較的取りかかりやすいので「ちょっと投資をしたい」時にもおすすめされています。

年収が変化しない人はおすすめしない?

年収の変化がない人はワンルーム不動産投資はおすすめできません(・_・;)

購入年は節税が出来ますが、翌年からは黒字になる可能性が高いので納税額も増えてしまいます。節税のために購入したはずなのに、負担の方が増えてしまう可能性があるので覚えておきましょう。

初年度だけの節税だけでは、わざわざワンルーム不動産投資をする意味がありません。

むしろ、不動産投資をしている分のコストがかかってしまい、不動産投資を始める以前よりも負担が大きくなってしまう人も多くいるのです。

ワンルーム不動産投資は節税になるかしっかり見極めよう!

ワンルーム不動産投資は節税目的の場合、自分にも当てはまるのかをしっかり見極めてください。営業マンなどの言葉に乗せられて、しっかり見極めないままだと将来的に損をするケースの場合もあるからです。

意外と営業マンに乗せられて「こんなはずじゃなかった」と後悔する人は多いです。そうならないためにも、自分自身で冷静に見極めることを覚えておきましょう。

不動産投資自体は家賃収入を得られるので悪いことではありません。

ただ、自分の財政状況などもしっかり把握しておかないといざという時のトラブルに対応することができなくなるので気をつけてくださいね。
TOP