不動産関係の副業をする人が取得したい資格とは?おすすめの資格7選!

不動産関係の副業をする人が取得したい資格とは?おすすめの資格7選!

不動産関連の副業をしている人は数多くいます。 ただ、不動産系の副業は損も大きくなるので無知なままで実行するのはリスクが高いです。 今回は不動産に関する副業でおすすめの資格はどんなものがあるのかを見ていきましょう(`・ω・´)
不動産関連の副業をしている人は数多くいます。

ただ、不動産系の副業は損も大きくなるので無知なままで実行するのはリスクが高いです。

今回は不動産に関する副業でおすすめの資格はどんなものがあるのかを見ていきましょう(`・ω・´)

副業で不動産業をする場合に役立つ資格は?

こちらでは、不動産系の副業で役立つ資格について紹介していきます!

これから、副業を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね(n*´ω`*n)

宅地建物取引士

宅建の略称で注目されている資格です。

実際の契約実務に関する制限を理解することで、不動産投資には役立つ知識ばかりです。

資格取得まではしなくても、宅地建物取引士の勉強はしておいて損はありません。

不動産投資に必要な知識などを学べるのでおすすめですよ(n*´ω`*n)

税理士

不動産投資において重要な専門家、それが税理士です。

税務知識がないと不動産投資も上手くいかない、と言っても過言ではありません。

税務知識が乏しいままだと、せっかくの利益も少なくなってしまう可能性があるのです。

建築士

資格取得をするには実務経験なども必要になるのですが、知識として持っておいてもいいでしょう。

実際に資格取得までする必要はありませんが、建築士の資格で学ぶ知識は不動産投資にも大いに役立ってくれるはずです(`・ω・´)

不動産に関連するおすすめの資格とは?

こちらでは、不動産に関連するおすすめの資格について見ていきましょう。

こちらも資格取得まではしなくても、知識としては持っておきたいものばかりです(`・ω・´)

マンション管理士

マンションを所有する人は取得しておいても損はない資格ですね。

マンションの建物設備に関する基本的な知識を学ぶことができます。

マンション管理組合のコンサルタントに必要とされる専門知識を有している国家資格であり、マンション経営をする人にもおすすめといえますね(`・ω・´)

ファイナンシャル・プランニング技能士

お金にまつわる総合的な知識を得られる資格です。金融関係者の仕事をする人が積極的に取得する資格です。

不動産投資などは動くお金の桁が大きいことから、取得しておいて損はない資格と言えます。
技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」を名乗ることができます(厚生労働省HPより)。

タスマガジンでもこのファイナンシャルプランナーのコラムが多数掲載さえれてますね。

不動産鑑定士

不動産の鑑定評価に関する法律に基づいて制定された国家資格です。難関資格でもあり、一般的な不動産投資者はこの資格を積極的に取得しようとはしません。

ただ、物件購入時に資格取得をしておけばしっかりと建物の価値を見極めることができるのです。

賃貸不動産経営管理士

賃貸アパートやマンションなどに関する知識や技能などを学べる資格です。賃貸物件を専門にする不動産会社のスタッフが取得する資格であり、オーナーが取得する必要はありませんが、取得しておくことでしっかりと不動産投資に活かせる資格でもあります。

ただ、不動産系の資格は合格率が低いものも少なくなく、多少の勉強で合格ができるほど甘いものではないのも事実です。

そのため、知識だけを学んで資格取得はしないという不動産投資者も多いようです。

これから不動産投資をする人は、知識を蓄える意味で積極的に勉強をしてはいかがでしょうか。






さまざまな資格を取得して副業を成功させよう!

副業と言っても不動産に関することは損失も大きくなる場合があります。そのため、勉強はいくらしておいても損はないのです。

むしろ、損をしないために積極的に勉強をするという気構えを見せるようにしましょう。損をした後で「勉強をしておけばよかった」と後悔をしても遅いのですから……(;´・ω・)

本格的な勉強じゃなくても、最低限の知識は蓄えておいて不動産投資に活かせるようにしておくようにしましょう(`・ω・´)
TOP