住宅ローンの借り換えのコツは?気にするべきポイントは金利と何?

住宅ローンの借り換えのコツは?気にするべきポイントは金利と何?

住宅ローンの借り換えが色々な所で話題となっております。 自分も住宅ローンを組んでおりますので、他人事ではないとは思うのですが、いまいちメリットが分かりにくく、面倒な作業も苦手だったので放置していたのですが、妻から住宅ローンの借り換えを強くすすめられた事をきっかけに、住宅ローンの借り換えについて興味が出てきました。
住宅ローンの借り換えが色々な所で話題となっております。

自分も住宅ローンを組んでおりますので、他人事ではないとは思うのですが、いまいちメリットが分かりにくく、面倒な作業も苦手だったので放置していたのですが、妻から住宅ローンの借り換えを強くすすめられた事をきっかけに、住宅ローンの借り換えについて興味が出てきました。
住宅ローンとは、その名の通り、住宅を買ったり改築したりするために金融機関から借りるお金のことです。

住宅ローンの借り換えのメリットとは?

妻の友達の中に、実際に住宅ローンの借り換えに成功した方がいたので、色々とお話を伺ってきました。わたしが最も知りたかったのが、住宅ローンの借り換えのメリットです。

メリットが大きければ、わたしも住宅ローンの借り換えはやぶさかではありません。

色々なメリットがあるそうなのですが、実際に感じることができたメリットを紹介してもらいました。

トータルの返済額を少なくすることができる

住宅ローンの借り換えをする最大のメリットは、やはりトータルの返済額を少なくすることができることみたいです。このメリットは、残りの返済年数が多い方の方が返済額を大きく減らすことができるようです。

住宅ローンは、借りているお金が非常に大きくなっておりますので、金利が1パーセント違うだけで、トータルの支払金額も全然違います。

100万円単位で変わってくるそうなので、非常に大きなメリットだと言えます。

月々の返済額を減らすことができる

住宅ローンの借り換えをするもうひとつのメリットは、毎月の返済額を減らすことができるということです。

住宅ローンの借り換えをすることによって、トータルの返済額を減らすことができますので、当たり前ですが、毎月の返済額も減らすことができます。

また、新しく契約しなおすことになりますので、現在の収入に合わせて住宅ローンを組みなおすこともできますので、そのタイミングにあった返済プランを新たに構築することができるといったメリットもあるみたいです。

住宅ローンの借り換えの注意点とは?

住宅ローンの借り換えのメリットは、細かくすると本当に沢山あるようなのですが、メリットばかりではなく、少なからずデメリットもあるみたいでした。

妻の知り合いの方が言うには、おすすめはするけど100パーセント良い結果になるとは限らないといった事を念押しされました。

そのため、住宅ローンの借り換えをする時には、色々と注意しなければいけないみたいです。

金利だけでなく手数料や諸費用にも注目

住宅ローンの借り換えの時に、最初に注意して欲しいのが、金利だけでなく手数料や諸費用にも注目しなければいけないということです。

住宅ローンの借り換えを行う場合には、最初の住宅ローンを完済するために全額繰上返済手数料、抵当権抹消費用などの手続きが必要になります。

また、新たに借り換える住宅ローンの手続きとして、保証料、事務手数料、抵当権設定費用、印紙税などがかかることになります。

残りの返済年数

住宅ローンの借り換えをする場合には、必ず残りの返済年数をチェックしてからチャレンジする必要があると言われました。

と言いますのも、住宅ローンの残りの返済年数が短い場合には、住宅ローンの借り換えを行ったとしても、思ったように返済額を減らすことができないからです。

特に残りの返済年数が10年を切っているような場合には、しっかりと計算してからチャレンジする必要があるとのことでした。

住宅ローンの借り換えで返済額を減らそう

住宅ローンの借り換えは、わたし達の夫婦にとっては、非常にメリットが大きな提案でした。

実際に妻の友達のご夫婦が利用した会社を紹介してもらい、シミュレーションをしたところ、大きく返済額を減らすことができました。

もし、毎月の支払いに負担を感じているのであれば、住宅ローンの借り換えを検討してみてはいかがでしょうか?
TOP