住宅ローン控除で住民税も安くなる?住宅ローン控除の仕組みについて

住宅ローン控除で住民税も安くなる?住宅ローン控除の仕組みについて

住宅ローン控除という言葉は、消費税が8パーセントから10パーセントになった時になり、急にニュースで見かけるようになりました。 正直それまで全く耳にしたことがありませんでした。 しかし、昨年末からマイホームを本気で考え、色々な住宅展示場を周っている時にも話にちょくちょく出るようになってきたので、本気で気になってきました。
住宅ローン控除という言葉は、消費税が8パーセントから10パーセントになった時になり、急にニュースで見かけるようになりました。正直それまで全く耳にしたことがありませんでした。

しかし、昨年末からマイホームを本気で考え、色々な住宅展示場を周っている時にも話にちょくちょく出るようになってきたので、本気で気になってきました。
個人の都民税と区市町村民税はあわせて、一般に「個人住民税」と呼ばれています。

住宅ローン控除の仕組み

住宅ローン控除って一体どんな制度なのかな?気になったのですが、インターネット上で住宅ローン控除を開設しているホームページに掲載されている情報では、難しすぎてよくわかりませんでした。

妻の知り合いにおととしマイホームを建てた方がいるそうで、わたしの代わりに住宅ローン控除ってどのようなものなのかを聞いてもらいました。

経済的な負担の軽減

住宅ローン控除がどのような目的で作られた制度なのかというと、何十年も払い続けなければいけない住宅ローンの負担を軽減するために生まれた制度だということでした。

マイホームを購入する方の経済的な負担を軽減することによって、マイホームを購入する人数を増やし、景気を回復するといった狙いがあるようです。

確かにマイホームを購入することによって、その界隈の方の収入が増えることに繋がりますし、銀行に眠っているお金を経済で回すこともできそうです。

もちろん注文住宅を利用することによって、結婚して子供を持つご家庭も増えることにも繋がりますので、税収が増えるようなメリットも期待できそうです。

控除される金額

住宅ローン控除を利用することによって、どれくらい控除されるのか気になりました。どうやら控除される金額は、利用する方によって大きく変わってくるみたいです。住宅ローン控除の金額は、購入したマイホームの金額やローンの総額によって変わるみたいです。

金額は住宅ローンの年末残高等×1.0%という計算式に当てはめて算出するようです。

住宅ローンが2,000万円の方は20万円になりますし、4,000万円の方は40万円になるようです。

年末の住宅ローンの残額で算出されますので、支払った金額が増えていけば、控除される金額は減っていくようです。

時代に合わせて変化し続けている

住宅ローン控除という制度は、不変のものではありません。自体に合わせてアメーバのように流動的に変化しつづけていくようです。

この制度が始まった当初は、マイホームを購入した金額の一部を減税する制度だったのですが、1978年に現在のルールに変わりました。

また、消費税が10パーセントになった時には、控除期間が3年間延長されたり、控除限度額も40万円から認定長期優良住宅等に限ってですが最大で50万円が上限額となってきています。

そのため、住宅ローン控除を利用する場合には、最新の住宅ローン控除の状況をしっかりと理解する必要があります。

住民税から控除される条件

住宅ローン控除は、一般的には所得税から控除されるようになっておりますが、中には住民税から控除されるケースがあるみたいです。

どのような時に所得税ではなく住民税から控除されるようになるのでしょうか?気になったので質問してもらいました。

所得税額が住宅ローン控除額より少ない場合

住民税から控除されるケースは、ズバリ所得税額が住宅ローン控除額より少ない場合です。

これまでの住宅ローン控除は、上限が40万円と決まっていたので、マイホームローンの残高が4,000万円以上あった場合でも、40万円しか控除されませんでした。

しかし、控除されなかった金額が消えていくのは忍びないということで、この上限40万円を超えた部分も所得税ではなく住民税から控除するような税制改正が行われたのです。

住宅ローン控除をお得に利用しよう

住宅ローン控除は、かなりお得な制度です。

ただでさえ一生をかけて支払うローンを組んでいるのですから、こういった制度があるのは、単純に嬉しく思いました。

もしマイホームの購入に悩んでいるのでしたら、ぜひ住宅ローン控除を調べてみてください。
TOP