不動産投資で得る不労所得とは?気をつけたいリスクについて

不動産投資で得る不労所得とは?気をつけたいリスクについて

不労所得と言えば、不動産投資を考える人が多いのではないでしょうか(*´ω`*) 賃貸住宅経営をすることで、不労所得を得ている人は意外と多いんですよね。 最近は不動産会社に打診されてアパート経営をしている人も少なくないです(`・ω・´) 今回は不労所得と不動産投資の関係性について紹介していきましょう!
不労所得と言えば、不動産投資を考える人が多いのではないでしょうか。

賃貸住宅経営をすることで、不労所得を得ている人は意外と多いんですよね。最近は不動産会社に打診されてアパート経営をしている人も少なくないです(`・ω・´)

今回は不労所得と不動産投資の関係性について紹介していきましょう!
そもそも不動産投資とは、「何らかの不動産物件を購入して第三者に貸し出し、その家賃を利益として受け取る投資方法」のこと。

不労所得目当てで不動産を始めるのはリスクが高い?

はっきり言って不労所得目当てで不動産投資をするのはリスクが高いです。

それだけで不動産投資をして失敗した、という人も多くいるんですよね。こちらでは、なぜリスクが高いのかを見ていきましょう。

空室リスクがある

不動産物件を所持しているからと言って、必ず満室になるわけではありません。近年はアパートやマンションなど集合住宅地が全国的に増えています。

つまり、それだけ不動産投資をしている人が多いということですね。入居者は強制ではなく「自分で暮らすところを選ぶ」のが特徴的です。

他の物件を選ぶ権利があるので、必ずしも満室ではなく空室のままという場合もあるのです。

家賃滞納リスクがある

仮に満室だとしても家賃滞納リスクがあります。新型コロナウイルスの影響によって、家賃が支払えなくなったという声も多くありますよね……。

暮らしている人が故意に滞納しているわけではなくても、家賃収入で生活をしている場合は滞納は死活問題となってしまいます。

家賃は支払うもの、ということは当然ですが「当たり前」だからこそ滞納リスクがあるということをうっかり失念している家主さんもいるんですよね(;´・ω・)

修繕費用がかかる

例えば不動産物件に不具合が出た時などは、家主さんが修繕する義務があります。家賃収入はすべて収入に繋がるのではなく、修繕のために取っておく必要があるんです。

意外と修繕費用を忘れて、実際に修繕が必要な時になって慌ててしまう人もいるようです(;´・ω・)

不動産投資で不労所得を得られる?

不動産投資で不労所得を考えない方がいいのかな、と思う人もいますよね(・_・;)

結論から言えば、しっかりと対策をすることで不労所得目当てでも大丈夫だと思うんです。こちらでは、どんなことを覚えておくべきか見ていきましょう(`・ω・´)

正しい知識を持てば大丈夫!

不動産投資と言っても、さまざまな注意点があります。

正しい知識を学ぶことで、しっかり不労所得に繋げることが出来るのではないでしょうか。メリットばかりではなく、デメリットなどを知ることで甘い考えを捨てることができるのです(*^▽^*)

リスク対策をしていれば大丈夫!

空室対策、家賃滞納対策などリスク対策をすることで不労所得に繋げることができます。

特に家賃滞納の場合は保証会社に加入することで、家賃滞納が起こっても保証会社からお金が入ってくるので滞納によるリスクをカバーすることができます。

不労所得のメリットばかりを見ないように!

先述したようにメリットばかりを見ないことが大事です。むしろ、調べることはメリットよりもデメリットだと言えるでしょう(`・ω・´)

デメリットを知ることで、どんなトラブルが起こるのかを知ることができます。事前に知っておくことで、リスク対策に繋がるのではないでしょうか(*^▽^*)

不動産投資を検討して不労所得を得よう!

不動産投資をすることで不労所得を得ることができます(`・ω・´)

ただ、しっかり知識を得ないと不動産投資による不労所得を得るのは難しくなるでしょうね。不動産投資は決して甘いものではありません(ノД`)・゜・。

むしろ、不労所得を目当てに不動産投資をして失敗したという意見も多くあるのです。どんな失敗をしたのかを知ることで、あなた自身が同じ失敗をしないようにしてくださいね!
TOP