おすすめ!考えておきたい資産形成方法7選!

おすすめ!考えておきたい資産形成方法7選!

将来の不安を覚える人が増えていますよね(;´・ω・) 今回はおすすめの資産形成方法について見ていきましょう(`・ω・´) どんな資産形成の方法があるかチェックしたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
将来の不安を覚える人が増えていますよね。今回はおすすめの資産形成方法について見ていきましょう(`・ω・´)

どんな資産形成の方法があるかチェックしたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめの資産形成方法について

こちらでは、初心者にもおすすめされている資産形成方法について見ていきましょう。これから資産形成を考えている人は、自分にはどんな方法が向いているかをチェックしてください。

財産形成貯蓄制度

企業が導入している福利厚生制度のひとつです。毎月の給料やボーナスから一定額を天引きしてお金を貯めていくシステムになっています。

天引きされたお金は会社に残るのではなく、金融機関に送金されて一定の利息がついて積み立てられます。

積立定期預金

毎月一定額ずつ口座に貯めていく預金のことを積立定期預金と言います。普通預金よりも高い金利が魅力的で、積立金額を自由に変更できるのも特徴のひとつです。

元本割れのリスクがないので、無理のない範囲で貯めていくことができるシステムです。ただ、利息に対して20.315%の税金がかかることも覚えておきましょう。

貯蓄型保険

保険と言えば入院保障などを考える人が多いですよね。しかし、貯蓄型保険の場合は保障よりもお金を貯めることを目的とした保険です。

生命保険料控除を利用して所得税や住民税の軽減効果があるのも魅力のひとつです。

外貨建て保険

顧客が支払った保険料を、保健会社が米ドルや豪ドルのような外貨に両替をして運用する保険です。市場金利の高いドルに両替して運用されるので利回りの高さに魅力があります(*ノωノ)

ただ、為替リスクがあることを覚えておかないといけません。
将来に対する不安はいろいろ。準備した老後資金は足りるだろうか。社会保障は大丈夫だろうか。それに備えるのが「資産形成」。

将来のために考えておきたい資産形成方法とは?

こちらでは将来のために考えておきたい資産形成の方法について見ていきましょう。どんな資産形成の方法が自分に向いているのか、特徴を把握して見極めましょう!

確定拠出型年金

確定拠出型年金には企業型と個人型があります。企業型は勤務先が掛け金を拠出して、自分で運用先を指定します。個人型は掛け金の拠出も運用先も自分で行う特徴があるのです。

運用が成功すれば資産を増やすことができますが、60歳までは引き出せません。それに掛け金の上限が定められていることも覚えておきましょう。

つみたてNISA

年間40万円までの投資に対して運用益が非課税になる制度のことを指します。非課税枠は最長で20年間利用できるので、最大800万円の投資が非課税になるのです(`・ω・´)

100円から始められる魅力がありますが、年間40万円までしか拠出できないデメリットもあります。デメリットもありますが、さまざまなメリットもあるのでつみたてNISAをしている人は多いですね。

低解約返戻金型終身保険

低解約返戻金型終身保険は保険料払い込み期間の解約返戻金を少なくするものです。返戻金を少なくすることで、保険料を抑えられる終身保険となります。

保険料の払い込みが終わった後に解約することで、支払った保険料以上の解約返戻金を受け取ることができるのです。そのため、老後資金の準備資金として利用している人も多いですね(n*´ω`*n)

さまざまな資産形成方法があるので比較検討しよう!

資産形成方法にはさまざまなものがあります。そのため、しっかりと自分に合うものを見つけるようにしてください。資産形成は自分に合わない方法だとストレスが溜まってしまい、上手く運用できなくなってしまいます。

面倒な手間をかけたくない人は、あまり負担がかからない資産形成方法を選ぶようにしましょう。

資産形成方法はさまざまなので、しっかり比較検討することで自分に向いているものを見つけることができるはずですよ(n*´ω`*n)




TOP