株で儲けるためには元手はいくら必要?お小遣いでもできる少額投資とは?

株で儲けるためには元手はいくら必要?お小遣いでもできる少額投資とは?

株で儲けるというのは、仕事が忙しくて時間のない会社員の方やお子さんが小さくて働きに出る事ができない育児中の主婦の方などにとっては憧れの存在です。 もちろん株で儲けるためには、色々と大変だったり、逆にお金を減らすリスクもあったりするのですが、将来的に株で儲けようと思っているのでしたら、どのくらい元手を用意したらよいのかくらいは知っておくべきだと思います。
株で儲けるというのは、仕事が忙しくて時間のない会社員の方やお子さんが小さくて働きに出る事ができない育児中の主婦の方などにとっては憧れの存在です。

もちろん株で儲けるためには、色々と大変だったり、逆にお金を減らすリスクもあったりするのですが、将来的に株で儲けようと思っているのでしたら、どのくらい元手を用意したらよいのかくらいは知っておくべきだと思います。
まずは少額からはじめてみてはいかがでしょうか?投資をすでに行っている人のうち、約7割の方たちも最初は100万円以内から投資をはじめています。(みずほ証券にて実施したアンケート結果より(20歳以上の男女1,656人から回答)2015年1月実施)

株初心者におすすめの少額投資法とは?

via pixta.jp
以前は100万円以上でないとチャレンジすることができなかった株式投資ですが、時代柄あまり自由に使えるお金を持っていない方でもチャレンジすることができる少額投資法というスタイルが登場しました。

バブルの崩壊以降、リーマンショックやコロナ禍など何かと経済が不安定な日本国内で少額投資法を選択するメリットについて調べてきました。

リスクが少ない

少額投資法とは、10万円以下で行う株式投資の事を指します。小額投資の最大のメリットは、やはりリスクが少ないということだと思います。

少額投資法は、ローリスク・ローリターンな投資スタイルですので、負けても最小限の損失で抑えることができます。

そのため、少額投資法はまだ株式投資に慣れていない方が、経験を積んでいく方法として非常に重宝されています。

その分、大きく儲ける可能性も低いのですが、初心者の方にとっては、投資したお金が減りにくいのは嬉しいメリットだと言えます。

分散投資が可能

元手が少ない株式投資は、多くの株を所有することはできません。しかし、少額投資法でしたら、投資する株一口あたりの投資金額を少額に抑えることができますので、色々な株を少しずつ、少ない金額で購入することができます。

こういった色々な種類の株を購入することを分散投資というのですが、分散投資をすることによって、ひとつの株価が下がったとしても、他の株の利益で補填することができます。

少額投資法は、ただでさえ負けにくい投資スタイルですので、リスクを極限まで下げることができるのです。

本気で儲けるなら元手はいくら必要なの?

via pixta.jp
株初心者におすすめの少額投資法では、大きく負けるリスクは少ないのですが、同じように大きく儲けることも難しいスタイルになります。

株式投資においてまとまった資産を形成しようと思っているのであれば、どれくらいの元手が必要になるのでしょうか?

20万円がおすすめ

株式投資でしっかりと利益を出しつつ、リスクを軽減するといった意味では、20万円が最低ラインだといわれています。

その理由は、国内で安定して利益を出すことができる銘柄が10万円以下のものが多いからです。株式投資をする場合には、東証1部、東証2部だけでなくマザーズやJASDAQなども視野に入れる必要があります。

これら4つの株式市場では、1単元価格が10万円以下の銘柄が非常に多くなっています。多くの銘柄からしっかりと選ぶためには、10万円の元手は欲しい所です。

また、一つの銘柄ですとリスクの分散をすることができません。最低でも2つの銘柄は欲しいので、20万円を元手にするのが理想となります。

投資額を徐々に増やしていく

株式投資をはじめる際の元手は20万円が理想ですが、最初から最後まで20万円でいくよりも、毎月1万円ずつでも構いませんので、投資額を徐々に増やすようにしましょう。徐々に増やすことによって、リスクを軽減するために複数の銘柄を所有することができるようになります。

最低でも5銘柄を所有することができるようになれば、リスクを高い確率で減らすことができるようになります。

最初から50万円を用意できない方でも、徐々に増やすのであれば、将来的に5銘柄を所有することは難しくありません。
SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、日本で初めてTポイントを使って株が買える、新しいタイプの証券サービスです。ネット証券No.1(※2)の口座数、預り資産、株式委託売買代金を誇るSBI証券とTポイントのデータを元にしたマーケティング事業を展開するCCCマーケティングとの合弁会社として設立されました。

長期的に運用しよう

もちろん元手が30万円、40万円と増えれば増えるほど儲けることが楽になりますが、その分リスクも高くなります。

そのため、最初に20万円からはじめて、経験と知識を増やしながら徐々に投資額を増やしていくのがおすすめです。

漠然と投資をするのではなく、常に勉強するつもりでチャレンジするようにしましょう!
TOP