全期間固定金利の住宅ローンフラット35のメリットとデメリットを教えて!

全期間固定金利の住宅ローンフラット35のメリットとデメリットを教えて!

マイホームを購入するときには、宝くじでも当たらない限り、大半の方が住宅ローンを利用すると思います。 住宅ローンにも色々な種類があって、固定金利型、変動金利型、固定金利期間選択型などから、自分のライフスタイルやマネープランに合わせて選ぶ事ができます。 その中でも、特に多くの方が注目しているフラット35について色々と調べてきました。
マイホームを購入するときには、宝くじでも当たらない限り、大半の方が住宅ローンを利用すると思います。

住宅ローンにも色々な種類があって、固定金利型、変動金利型、固定金利期間選択型などから、自分のライフスタイルやマネープランに合わせて選ぶ事ができます。

その中でも、特に多くの方が注目しているフラット35について色々と調べてきました。

住宅ローンのフラット35とは?

住宅ローンの中でも特に人気があるのがフラット35です。

実際に利用している知人に話を聞いたところ、民間の金融機関が貸し出した住宅ローンを、最初に住宅金融支援機構が買い取りることによって、担保とする債券を発行することでお金を貸している住宅ローンだそうです。

要は住宅金融支援機構と民間金融機関が提携することによってできた住宅ローンのサービスだということでした。
民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する最長35年の全期間固定金利住宅ローンです。

ずっと固定金利

住宅ローンのフラット35は、その名称からもわかるように、最長35年間の利用が可能な住宅ローンになります。

フラット35のフラットは、 平らであることや起伏がないことといった意味を持つFLATから用いられており、最長35年間の金利が変わらない住宅ローンになります。

一般的な住宅ローンの金利が、その時々の市中金利の上下によって変動するようになっておりますので、35年間ずっと一緒という所に惹かれる方も多いようです。

保証人や繰上返済手数料が不要

住宅ローンのフラット35を利用する際には、保証人が要りません。

また、繰上返済時における手数料や、民間ローンの固定金利期間選択型の時に必要な固定金利期間継続時の事務手数料なども支払う必要がないそうです。

個人事業主でも利用しやすい

フラット35には、最低所得金額に関する制限がありません。また、一般的な住宅ローンとは違い、給与所得者でなくても利用することができます。

例えば、年金生活をしている方や個人事業主などの給与所得者でなくても利用することができるのです。

フラット35のメリットとデメリットとは?

フラット35は、非常に優れた住宅ローンであることは間違いありません。しかし、フラット35にもデメリットというものが存在しているみたいです。

実際に利用している方にフラット35のメリットとデメリットについて聞いてみました。

フラット35のメリット

フラット35のメリットは、利用した時点の金利で固定される事が最大のメリットになります。契約した後に金利が上がってしまっても、最初に契約した金利から動きません。

そのため、マネープランを構築しやすいといったメリットがあります。

また、団体信用生命保険への加入も任意となっております。子どもが返済の後継者となる親子リレー返済にも対応しているのもメリットだと言えます。

フラット35のデメリット

フラット35のデメリットは金利です。フラット35はその特徴から、変動金利と比較すると金利が高めに設定されております。

変動金利の場合には、金利が高騰するリスクを踏まえておりますので、フラット35よりも金利は低めに設定されております。

また、団体信用生命保険に加入する時には、その分だけ金利が上乗せされることになります。頭金の額が少ない方は、金利が0.4パーセントほど上乗せされるといったデメリットもあります。

フラット35は要チェック!

フラット35は、非常に利用しやすい住宅ローンだと言えます。

特に今回の新型コロナウイルス騒動のように、経済が不安定な時には、先行きを見通しやすいフラット35の優位性が大きく注目されることになります。

住宅ローンはひとつではありませんので、自分のライフプランにあった住宅ローンを選ぶようにしましょう。
TOP