100万円の資産運用ならNISAがおすすめ?メリットやデメリットについて

100万円の資産運用ならNISAがおすすめ?メリットやデメリットについて

資産運用で注目されているもの、それがNISAです。 100万円の自己資金があるなら、NISAを利用することをおすすめします。 これから資産運用を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね(`・ω・´)
資産運用で注目されているもの、それがNISAです。

100万円の自己資金があるなら、NISAを利用することをおすすめします。これから資産運用を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね(`・ω・´)

100万円の資産運用でNISAを選ぶメリット

こちらでは、資産運用でNISAを選ぶメリットについて見ていきましょう。なぜ100万円の自己資金があるならNISAを選ぶべきなのか、しっかりチェックしてください。

最長5年間非課税になる

その年に使用しなかった非課税投資枠を翌年に持ち込むことは出来ません。しかし、最長5年間の非課税が可能なのです。

ちなみに、金額は最大600万円に対して最長5年となっています。

初心者におすすめされている

NISAは初心者にもおすすめされています。なぜなら、分かりやすくて初心者でも利用しやすいシステムになっているからです。

初心者が資産運用に消極的なのは「難しい」というイメージだけが先行しているからです。しっかりと知識を知ることで、分からないことへの不安や恐怖は無くなります。

NISAに関しては、そういった説明やシステムの分かりやすさがあるのです。

だからこそ、資産運用の初心者にも注目されているのでしょう。

年間120万円の非課税枠

最長600万円の非課税枠があると言いました。これは、120万円×5年という計算です。

非課税枠には上限がありますが、2016年までは100万円だったことに対して、それ以降は120万円に増額されています。

このように、やりやすいように増額などがされていることもあって、利用者が多いのでしょう、

100万円の資産運用でNISAを選ぶデメリット

こちらでは、NISAのデメリットについて見ていきましょう。100万円の自己資金があるならNISAがおすすめされています。しかし、メリットばかりではないのです。

デメリットも知ることで、本当にNISAを利用するべきなのかどうかを見極めることができます。

他の損失をカバーできない

NISAは株式売却などで利益が出れば非課税になります。しかし、損失になってもカバーはできないのです。

プラスが出た時は対応できるのですが、マイナスになるとNISAは対応が出来ません。

その結果、NISAを利用したことによって税負担が増えてしまうケースもあるのです。そのことを覚えておかないと、実際にその場面になった時に慌ててしまうことになります。

短い取引手法と相性が悪い

NISAは非課税枠が1年に120万円まであります。一度使用した枠は戻らないのです。そのため、短期間に何度も取引を行う手法をしている人は、NISAとは相性が悪いと言ってもいいでしょう。

短期間利用でNISAを使っていると、すぐに限度額に達してしまうことになるからです。

そのため、長期的な取引をする人こそNISAのメリットを最大限に引き出すことが出来ると言えます。

口座がひとりにつき1口座しか開設できない

一般的な総合証券口座は複数所持することができます。しかし、NISAの場合はひとりにつき1口座しか持つことができません。

これは、120万円という非課税枠を分かりやすくするからかもしれませんね。1口座しか持つことができないことから、若干不便さを覚えている人もいるようです。

ただ、これはNISAの特徴のひとつとして考えておけば大きなデメリットとは言えないのではないでしょうか。
・投資信託で2,000万円以上貯めたい人
・NISAやiDeCoを活用して効率的に資産を作りたい人
・数ある投資信託から優れた数本を選ぶコツを知りたい人
・自分に合った最適なポートフォリオを作りたい人
・ETEやREITなどを上手く活用したい人
・少額の積立で大きく資産を築きたい人

NISAのメリットとデメリットを把握しておこう

100万円の自己資金があり、資産運用をするならNISAを検討してみましょう。基本的にNISAもメリットばかりではありません。デメリットもあります。

だからこそ、しっかりメリットとデメリットを把握しておくようにしてください。

これらを知ることで、しっかりとトラブルを防ぐ、いざという時に迅速な対応ができるなどさまざまなことにつながります。分からないことは積極的に問い合わせてみてはいかがでしょうか。
TOP