20代からできるお金の運用術!NISAやiDeCoについて紹介します

20代からできるお金の運用術!NISAやiDeCoについて紹介します

20代でもお金の知識がある人は、そう多くありません。しかし、税制優遇などの制度は知らなければもったいないものがたくさんあります。今回は知っておいて欲しい制度の中でも、NISAとiDeCoについて、簡単に紹介します。
20代でもお金の知識がある人は、そう多くありません。

しかし、税制優遇などの制度は知らなければもったいないものがたくさんあります。今回は知っておいて欲しい制度の中でも、NISAとiDeCoについて、簡単に紹介します。

投資のスタートに最適なNISA

NISAが始まった時には金融機関などでも盛んにNISA口座が宣伝されました。銀行や証券会社にNISA口座を作った人も多いでしょう。NISA口座はどのように利用するのでしょうか。

NISAって何?

NISAは正式名称を少額投資非課税制度といい、毎年120万円までの投資の利益が5年間非課税になる制度です。

投資信託や株式で配当金や売却益がある場合、20.315%の税金がかかってしまいます。せっかく利益が出ても税金で引かれてしまうと、損したような気持ちになるかもしれません。しかし、NISA口座内の取引であれば5年間は非課税にできるため、税金を引く前の利益をそのまま受け取ることができます。

つみたてNISAってなに?

つみたてNISAは2018年からスタートして長期積み立てや分散投資を支援するための非課税制度です。
つみたてNISAは毎年40万円が上限ですが、最長で20年間にわたって非課税にすることができます。

つみたてNISAと一般のNISAはどちらか選んで証券会社や銀行に作ることができます。つみたてNISAは、より長期で積み立てたいと考えている人向き。教育資金やマイホーム資金などを貯めたいという人におすすめです。

老後資金を用意するためにおすすめのiDeCo

20代だから事やっておくべき事があります。それがお金の運用。若いうちに色々チャレンジして、自分に合った資産形成を。
via pixta.jp
老後の資金と言われても20代のうちはピンと来ないかもしれません。

しかし、日本は世界有数の長寿国。長期化する老後に備えるためには、早い段階で準備が必要になります。より豊かな資産形成方法の一つがiDeCoです。

iDeCoって何?

iDeCo(イデコ)は国による私的年金の制度。

加入は任意で、自分で申し込んで自分で運用方法を選んで掛け金を運用します。iDeCoでは掛け金や運用益、そして給付金の受け取りの際に税制上の優遇を受けることができます。

iDeCoのお金は原則として60歳になるまで受け取れません。そのため、節税しながら長期的に老後のための資産を用意したいという人に最適な制度です。

iDeCoのメリットとは

iDeCoはさまざまな税制優遇を受けることができる制度です。

例えばiDeCoに拠出した掛け金は全額が所得控除の対象となり、税金が軽減されます。また金融商品を運用して利益が出た場合も非課税で再投資することが可能。

受け取りの時にも公的年金等控除や退職所得控除の対象になります。iDeCoでの年金資産は他の年金制度に持ち運ぶこともできるので、転職や退職の予定がある人も安心して利用できるでしょう。

何重もの税制メリットがあり、使い勝手が良い制度としてこれからの資産運用を支えてくれる存在です。

積み立ては早い年齢からスタートが有利

つみたてNISAやiDeCoは積み立てを想定した制度です。

いくら積み立てるかは人によって違いはありますが、早く始めれば早く始めるほど、月当りの拠出金額は少なくなります。

また運用益が期待できるため、拠出金総額も少なく済むことが多いでしょう。積み立て投資は時間を味方にする投資法。20代からスタートするとそれだけ有利になります。

貯蓄の目的に合わせてピッタリの制度を活用しよう

資産形成に向けてさまざまな制度が用意されています。

大切なのは貯蓄の目的に応じて自分に合った制度を選ぶことです。iDeCoは老後資産形成向きなので、始めたら60歳まで現金化することが原則できません。

一方でNISAはいつでも現金化できる一方で、非課税の期間が決まっています。iDeCoで老後資産を用意して、それよりも前にかかる結婚や教育、マイホーム資金はNISAで準備するなど、それぞれの性質に応じて制度を使い分けましょう。
TOP