ECサイトで成功するコツや覚えておきたいこととは?

ECサイトで成功するコツや覚えておきたいこととは?

ECサイト運営をしている人は意外と多いです。 趣味でハンドメイドをしている人なども多いからです。 近年は店で売っているようなレベルの高いハンドメイドアイテムを販売している人もいます。 今回はECサイト運営を成功させるためのポイントなどについて紹介していきましょう。 これからECサイト運営を始めようと考えている人はぜひ参考にしてみてください。 ECサイトは何気なくしているだけでは成功しません。 成功のためのコツがあるのでチェックしてみましょう。
ECサイト運営をしている人は意外と多いです。趣味でハンドメイドをしている人なども多いからです。近年は店で売っているようなレベルの高いハンドメイドアイテムを販売している人もいます。

今回はECサイト運営を成功させるためのポイントなどについて紹介していきましょう。これからECサイト運営を始めようと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

ECサイトは何気なくしているだけでは成功しません。成功のためのコツがあるのでチェックしてみましょう。
令和元年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、19.4兆円(前年18.0兆円、前年比7.65%増)に拡大しています。また、令和元年の日本国内のBtoB-EC(企業間電子商取引)市場規模は353.0兆円(前年344.2兆円、前年比2.5%増)に拡大しています。 また、EC化率※1は、BtoC-ECで6.76%(前年比0.54ポイント増)、BtoB-ECで31.7%(前年比1.5ポイント増)と増加傾向にあり、商取引の電子化が引き続き進展しています。

ECサイトを成功させるためのポイント

こちらでは、ECサイトを成功させるためのポイントを見ていきましょう。どんなポイントを覚えておけばECサイトを成功に導けるのでしょうか。

失敗したくない人こそ、ぜひ覚えておいてください。

コンセプトやジャンルを決める

ECサイト運営のためには、なんでも販売すればいいというわけではありません。しっかりとコンセプトやジャンルを決めておかないとちぐはぐ感が出てしまうのです。

それだけではなく、コンセプトやターゲットを決めることでECサイト運営の計画や方向性を立てやすくなるのです。例え人気ジャンルであっても、詰め込んだものに魅力は感じませんよね?

ある程度しっかりまとまりがあるかどうかを見極める人も多いはずです。

逆に自分が購入する側だったら「このサイトで買いたいと思えるか」ということを考えながらECサイトを構築していきましょう。

ターゲットを決める

コンセプトやジャンルが決まったら、ターゲットも決めましょう。例えば健康系であれば若い世代ではなく、ある程度年齢を重ねた世代などがターゲットになります。

美容系の場合は20代女性などがメインになるのではないでしょうか。美容系と言ってもアンチエイジング系だったら、もう少し年齢層が高くなるかもしれませんね。

このように、コンセプトやジャンルによってターゲット層が変わってくるのです。ターゲット層を決めないと、ECサイトの成功はないと言っても過言ではありません。

商品のバランスを考える

取り扱う商品のバランスも考えておくことをおすすめします。例えば、コスメショップでファンデーションしか置いていない店で買い物する気は失せますよね。コスメ全般をバランス良く扱っていて欲しいと考えるのは当然ではないでしょうか。

このように、偏った商品取り扱いをしているとユーザーは購入意欲をなくしてしまいます。そうならないよう、ある程度バランスの良い商品取り扱いを心掛けましょう。

ECサイト成功のために必要な業務とは?

こちらでは、ECサイト成功のために必要な業務について見ていきましょう。どのような業務が欠かせないのか、その一部を紹介しています。

ただ、これがすべてではなく一部だということも覚えておいてくださいね。私的に欠かせないかなっていう業務を3つ紹介しているだけですから、

商品説明の画像

商品説明の文章や商品の画像は絶対に欠かせません。特に欠かせないものが写真です。文章だけでしっかり説明しても、写真画像がなければ「本当に説明通りのものなの?」と疑ってしまう人も出てくるからです。

写真に関してはなるべく商品の状態が分かるようにしておきましょう。

薄暗い部屋だと商品が上手く映らない可能性があるからです。

サポート業務

商品購入の際にユーザーから問い合わせが来ることもあります。問い合わせ対応を丁寧にすることで、リピーターがつく可能性が高いのです。

インターネット上での取引の場合は、買い手の声を聞く機会は少ないです。だからこそサポート業務をしっかりするべきだと考えてください。

サポート業務を適当にしていると、買い手に与える印象が悪いものになってしまいます。対応漏れ、発送トラブルなどで悪い口コミがついてしまうとその後にも悪影響を及ぼすのです。

マーケティング業務

ECサイトの訪問数や売り上げを伸ばすための広報活動をマーケティングと言います。どんなものが流行っているのか、どんな商品が求められているのかなどをしっかりリサーチするのです。

流行りだけに乗っかるのではなく、流行を取り入れながらもしっかりと自分のECサイトらしさを出せるようにしておきましょう。

マーケティングをしっかりすることで集客につながり、ECサイトの運営を軌道に乗せることができるようになります。話題性のある商品を求めるなら、やはりSNSをチェックしておきましょう。

SNSは流行の最先端と言っても過言ではありません。

ECサイトで成功させるためのコツは?

こちらでは、ECサイトで成功させるためのコツについて見ていきましょう。どのようなポイントを押さえれば、ECサイトで成功できるのかチェックしてみてください。

ただ、あくまでも参考であって真似をしないようにしましょう。真似をしても自分らしさがなくなってしまい、結局良い方向には進まないからです。

他のECサイトも確認してみる

どんなECサイトにすればいいか悩んでいる人は、他のECサイトをチェックしてみましょう。人気のあるECサイトは、独自のポイントなどを取り入れています。

どのようなポイントが注目されているのかを知ることで、自分のECサイトの方向性を知ることができるのではないでしょうか。

ただ、人気があるからと言って真似は良くありません。

真似をしても二番煎じですし、ECサイト運営自体ができなくなる可能性があります。あくまでも参考ということを忘れないようにしてくださいね。

周りに流されない

ECサイトを軌道に乗せたいと考えている人にありがちなことですが周りに流されないようにしてください。周囲に流されても、コンセプトやターゲット層がブレてしまって一時的な集客にしかなりません。周りに流されず、自分で決めたコンセプトやターゲット層を見誤らないようにしてください。

ECサイトの運営で成功している人たちも、最初から軌道に乗っていたわけではありません。

地道な活動があったからこそ成功していると言っても過言ではないのです。

商品をしっかり選ぶ

購入者がどんな商品を求めているのかをしっかり見極めて取り扱うようにしましょう。どこにでもありそうなものを選んでも意味がありません。あなたのECサイトだからこそ購入できるようなものを選ぶようにしてください。

そういった意味ではハンドメイド作品が人気の高いジャンルというのはうなづけますね。その人の技術力で作ったものを販売しているからです。

ECサイトの失敗例とは?

こちらではECサイトの失敗例について見ていきましょう。成功するためのコツとして、どんなECサイトが失敗になっているのかを知ることも有効です。

失敗例を見ることで、反面教師にすることができます。自分が失敗をしないために、しっかりと失敗例をチェックするようにしてください。

自己主張が強いサイト

失敗例の定番と言ってもいいのが、自己主張が強いECサイトです。購入者側のことを考えているのではなく、運営者の自己満足のようなECサイトになっている場合があります。

購入されなくてもいいという考えならいいのですが、誰かに買ってほしいという気持ちがあるならば自己主張が強すぎないようにしましょう。奇抜なECサイトはパッと目を引きますが、集客力が高いとは言えません。

特にコンセプトやターゲットとはかけ離れた奇抜さは違和感だけではなく、不快感も与えてしまいます。適度な目を引く鮮やかさは有効ですが、ビビットカラーのような派手さは控えましょう。

取扱商品のバランスが悪い

取扱商品が豊富というのは魅力にもなりますが、デメリットにもなります。例えば、美容から健康までなら何となく問題内容に思えます。しかし、それがハンドメイド、掃除などまったく関係のないジャンルまで入っていることがあります。

多くの人に見てもらおうとさまざまなジャンルを取り入れる傾向がありますが、これは失敗例です。どれかにまとめた方が人も見に来てくれる傾向があるのです。

なんでもあります、という店よりも〇〇に特化していますという店の方が興味を引かれますよね。なんでもあるというのは魅力ですが、逆に客を遠ざけている場合もあるのだと覚えておきましょう。

いろいろと取り扱いすぎ

先述したように、いろいろなものを取り扱いすぎるとバランスが悪くなってまとまりがなくなります。ちょっとした限定的な取扱商品ならいいですが、通常からいろいろなものを取り扱っているのはあまりおすめできません。

自分の興味のあるものを軽く紹介くらいならいいのですが、あれもこれもと欲張って取り扱うと、逆に「ここってなんの店だっけ?」と思われてしまうのです。

質より量という言葉がありますが、ECサイトに限っては量より質と考えてください。

「これで大丈夫かな」と不安になる人は、客観的に自分のECサイトと他の人のECサイトを比較してみてはいかがでしょうか。比較することで、主観的な部分が消えて客観的な意見を持てるようになるのです。

ただ、先述したような限定的な取り扱いは希少価値を与えてくれるので効果的と言えます。
季節限定などを上手く活用して集客力を高めましょう。

ECサイトを成功させるためのコツを覚えておこう

Cサイトを成功させるためにはさまざまなコツがあります。このコツを上手く活用することで成功へと導くことができるのではないでしょうか。

ECサイトはさまざまな人に注目されていることもあり、気軽にできる副業とも言われています。ハンドメイドなどの趣味がある人は、作るだけではなく販売も検討してみてください。自分が作ったものを喜んでくれる人がいるというだけで励みになるはずです。

ECサイトの作成は比較的簡単で初心者でもやりやすいと言われています。

難しく考えずに、最初は気軽に作れるものから取りかかってみてはいかがでしょうか。自分の作品や仕入れた物に関する意見なども聞くことができるのでおすすめです。

【MakeShopは8年連続流通額No.1!】
「売れる」ネットショップ構築・運営サービスです。

≪特徴≫
◎ 15日間の無料体験
◎ 8年連続流通額No.1・機能数、業界No.1
◎ 低コスト
・販売手数料0円
◎ 充実した安心サポート
◎ 徹底したサーバー管理で安定稼働
◎ プレミアムプラン以上10,000店舗超の導入実績
◎ 圧倒的な集客力とSEO機能
TOP