女性におすすめ!副業と本業に活かせる資格7選!

女性におすすめ!副業と本業に活かせる資格7選!

女性と男性ではおすすめされている資格なども変わってきます。 性別によって取得できないものは少数派ですが、やはり女性に向いている資格、男性に向いている資格などもあるのでしょうね(;^ω^) 今回は女性が副業として活用できる資格について見ていきましょう!
女性と男性ではおすすめされている資格なども変わってきます。

性別によって取得できないものは少数派ですが、やはり女性に向いている資格、男性に向いている資格などもあるのでしょうね(;^ω^)

今回は女性が副業として活用できる資格について見ていきましょう!

女性が副業として活用できる資格とは?

こちらでは、女性が副業のために取得している資格などについて見ていきましょう。これから副業を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね(*´ω`*)

セラピスト

治療や療法を行う人のことですが、取得する資格によって仕事内容も変わってきます。一般的なセラピストと言えば、整体の資格取得をした人もいますね(`・ω・´)

自宅でも開業できるので、副業のような感じで働きたい人におすすめです!
via pixta.jp

ネイリスト

ネイリスト技能検定で資格取得をしている人がネイリストとして活躍できます。合格率も85%ほどと言われていて、比較的取得しやすいと言ってもいいでしょう。1級までの最短で1年程度と言われています。

2級や1級だけではなく、ジェルネイル検定などスキルアップのために、ネイリスト技能検定以外の資格取得をする人もいます。

心理カウンセラー

臨床心理士などの資格を取得している人が心理カウンセラーとして副業をしていることも多いです。心理カウンセラーは国家資格がないため、民間資格を取得することになっているのです。

民間資格も数多くあるので、自分に合う資格を取得するようにしましょう。

フラワーデザイナー

フラワー装飾技能士という国家資格を取得した人のことを指します。ブライダル、イベント、さまざまな花が活躍する場面で仕事をすることができます。

専門学校に通う場合と通信講座で資格取得など、ライフスタイルに合わせたやり方で取得が可能です。

女性が取得しておきたい資格について

こちらでは、女性が取得しておきたい資格について見ていきましょう(`・ω・´)副業だけではなく本業や日常生活にも役立てられる資格ばかりなのでおすすめですよ!

栄養士

食事や栄養の指導などもできる資格です。栄養士は都道府県知事の免許を受けた国家資格が必要なので注意しましょう(;^ω^)

ちなみに管理栄養士は厚生労働大臣の許可を受けた国家資格となります。

栄養士の資格取得にはいくつか条件があるので、当てはまらない場合もあるので気をつけましょう。
via pixta.jp

保育士

保育士は国家資格が必要であり、さまざまな場所で働くことができます。副業として時短勤務をする人もいますね(;^ω^)

資格取得は二年生短大、四年制大学の保育し課程を修了、もしくは保育士試験に合格の2通りです。

ただ、保育士試験は合格率が10%ほどなのでかなり狭き門となっています。

介護福祉士

介護福祉士は国家資格所有者であり、さまざまな高齢者や体に障害がある人の身体介助を行います。介護の職場によって待遇などが多いのですが、時短勤務として副業のように働く人もいます。

ただ、勉強などでかなり大変だと言われているので副業メインの人には不向きかもしれませんね。
・受講卒業するだけで資格を取得できます。
・女性のための通信講座
・講座数は290講座以上
・初心者でも簡単に資格取得できます。
・家にいながら在宅で簡単に資格取得。

ライフスタイルなどに合わせた資格取得をして副業に活かそう

基本的に資格を取得する場合は、ライフスタイルに合わせたやり方を探しましょう。無理にライフスタイルに変化を与える副業をすると、さまざまなところでバランスを崩します。

そうならないためにも、資格取得や副業の際は自分の生活をしっかり見直してみるべきです。ライフスタイルに影響が出てまで副業をするべきなのかは、家族で話し合いましょう。

もしかしたら、そこまでして副業をして欲しくないという人もいるかもしれません。自分だけで完結せずに、しっかり周囲にも相談するようにしてくださいね!
TOP