転職後の年収はどうやって決まる?年収交渉して給料アップ!

転職後の年収はどうやって決まる?年収交渉して給料アップ!

転職後の年収はいくらになるのか?という点は非常に気になることですね。 特に年収アップを期待して転職をする人にとっては死活問題です。 転職後の年収は企業によって決まり方が異なります。 また、交渉次第ということもあるようですよ! 転職後の年収の決まり方と年収交渉のコツを紹介しましょう。
転職後の年収はいくらになるのか?という点は非常に気になることですね。

特に年収アップを期待して転職をする人にとっては死活問題です。

転職後の年収は企業によって決まり方が異なります。

また、交渉次第ということもあるようですよ!

転職後の年収の決まり方と年収交渉のコツを紹介しましょう。

転職後の年収の決まり方

転職後の年収の決まり方は基本的には次の3つです。

その他として、内定と同時に給料が決定しないケースについても解説しますね。

前職の年収額から

一つは前の会社での給料を参考にして年収を決める、という方法です。

会社にとっては妥当な方法ですよね。

前の会社の給料が高ければそれをキープすることが可能です。

ただし、前職の会社の年収が低い場合は危険です!

それに合わせられてしまう可能性もあります。
via pixta.jp

経験やスキルを参考

企業によっては前の会社の年収を参考にしないケースもあります。

これは前職で、自分のスキルに見合った給料がもらえていなかった場合にメリットが大きいです!

新しい事業を始めるにあたり、その人のスキルや経験が欲しい場合や、スキルによって給料が決まる外資系などはこの決め方が多いです。

転職先の給与体系に基づく

その会社の給与体系…年齢や役職などによって給料が決まっているというケースがあります。

この場合、それに合わせて年収も決まります。

今まで年齢よりも低い年収だった人にとっては、年収アップのチャンスかもしれません。

内定と同時に給与が決定するケースとしないケース

試用期間などが設けてあると、年収はすぐには決まりません。

試用期間が終了した時点で、はじめてはっきりとした年収が決まります。

試用期間中の勤務態度やスキルによっては、高い年収が期待できるかも!

その反対もあるのでしっかり仕事をすることですね!

年収アップのための交渉のコツ

年収アップのためには年収交渉も必要です。

もちろん交渉をすれば必ずしも上がるわけではありませんが、希望金額は伝えておいて損はありません。

ただし、伝え方次第ではマイナスイメージを与えてしまうこともあるので注意が必要ですよ。

希望年収はストレートに回答

via pixta.jp
転職の場合、面接で希望年収について聞かれることがあります。

その場合は、ストレートに希望年収を伝えてもよいでしょう。

そうはいっても「いくらでもいいです」と答えたくなるのが日本人ですよね。

しかし謙虚さがメリットになるとは限りません。

特に年収は重要なことです。

自分の希望金額を伝えることは悪いことではないですよね!

希望年収と最低額を伝える

希望の年収金額を伝えると同時に、最低金額を言いましょう。

「可能であればこの金額ですが、最低でもこれくらいは頂けるとうれしいです!」と言っておけば、謙虚さも伝わるし、年収が下がるのも避けることができるでしょう。

また、最初からお金の話はイメージダウンにつながります。

年収の話は面接官から聞かれたタイミングでした方が無難です。

もし、年収の話が出なかった場合は、面接の最後に希望を伝えるとよいですよ。

希望金額には明確な根拠が必要

希望年収を素直に伝えるのはよいのですが、今までの年収と比べて破格な金額を言うのは非常識ですよね。

そうはいっても、今までがかなり安い給料だったり、自分に自信があったりするなら高い金額を言うのもアリと言えばアリですが、その場合はその根拠を示すことが重要です。

金額に関しては自分の自信だけではなく、客観的な相場も把握し常識的な金額を伝えた方がよいでしょう。

常識がない、と見られたり、お金だけ?と思われたりするのは悪い印象を与えてしまいます。

一方的な年収アップの交渉は避けるようにしましょうね!




希望年収は伝え方に配慮しながらも素直に伝えよう

面接で「今までより100万円の年収アップをお願いします」と言って、それが通るということはそうそうないでしょう。

しかし、転職によって年収アップは期待できるものです。

面接では希望金額を素直に伝えるとよいでしょう。

その際には最低金額を伝える、一方的な交渉をしないなど、伝え方にも配慮しましょうね!
TOP