ITエンジニアの年収とは?年収を上げるためのコツを紹介

ITエンジニアの年収とは?年収を上げるためのコツを紹介

これからITエンジニアを目指す方は、年収が気になることでしょう。ほかの職業と比べてどのくらい高いのかわかれば、エンジニアを目指すべきなのか判断しやすくなります。 エンジニアの平均年収や、初年度の年収をチェックしておきましょう。 今後の年収の推移はどうなのか、年収を高くするためどうすべきなのか解説していきます。

ITエンジニアの年収とは?年収を上げるためのコツを紹介

これからITエンジニアを目指す方は、年収が気になることでしょう。ほかの職業と比べてどのくらい高いのかわかれば、エンジニアを目指すべきなのか判断しやすくなります。

エンジニアの平均年収や、初年度の年収をチェックしておきましょう。今後の年収の推移はどうなのか、年収を高くするためどうすべきなのか解説していきます

ITエンジニアの年収

日本のITエンジニアの年収は、高い傾向にあります。ただし年齢によっても多少異なるため、詳細を確認しておきましょう。

平均年収や、20代の年収、今後の予測をチェックしておいてください。

平均年収は496万円

2020年の求人データから、エンジニアの平均年収がわかります。データによると、約496万円であることがわかりました。

地域による差は多少ありますが、400万円代のところが多いようです。月給で換算すると、月41万円はもらえているといえます。時給では、1,000~2,000円程度で、派遣やアルバイトでもそれほど低くはありません。

20代は300万円代から

20代のエンジニアの平均年収は、300万円代です。若いころからいきなり400万円代にいくわけではありません。エンジニアの仕事は、経験や実績を積んではじめて収入が高くなります。スキルがなければ、年収を高くすることはできません。

多くの人は年齢によりスキルがアップするため、年収も上がります。30代で多い人であれば400万円に達し、40代で500万円を目指すことも可能です。

今後は年収が高くなる

近年はエンジニアの数が減少しているため、年収が高くなると予測できます。希少価値が高く、多くの企業で1人の人材を取り合うようになります。

IT分野の導入により人材が求められるのに対し、人材は不足しているのが現状です。今後エンジニアを目指すなら、ある程度の年収は維持しやすいでしょう。努力次第では、高収入を目指すこともできます。

ITエンジニアが年収を上げるコツ

平均年収400万円代は、中央値によるデータです。つまり年収が低い人もいれば、高い人もいる状態です。

エンジニアになっても、年収が思ったより高くならない方もいます。年収が低いと感じるなら、年収を上げる工夫を試してみましょう。

年収が高い業種を選ぶ

エンジニアの年収が高いのは、ソフトとハード共に金融や保険系です。金融や保険系のエンジニアは、700万円代の年収がもらえる可能性があります。どちらも受託開発が必要で、セキュリティの高さが重要です。高いスキルを求められる仕事のため、必然的に年収が高くなります。

次いで年収が高い業種だといえるのが、外資系やコンサル系です。日本の企業より外資系を選べば、年収が高まる可能性があります。どちらも600~700万円代の年収を目指せます。

プログラミング言語を覚える

新しいプログラミング言語を習得すれば、新たな職場が選べます。プログラミング言語は種類があり、習得する幅を広げるだけで、年収アップにつながります。

また他者との差別化のため、ほかの分野の知識を深めるのもおすすめです。ITコーディネーター、中小企業診断士などの資格も役立ちます。さらにWEB業界の知識を深めるため、ウェブマーケティング知識の習得もおすすめです。

フリーランスで働く

ある程度の実績を積んだら、独立するという方法があります。フリーランスになると、単価が高いプロジェクトを選べるようになります。さらにやっただけ収入に結びつき、年収を高めたい方にはピッタリです。

ただしエンジニアの知識だけでなく、営業スキルも必要です。経営者としてやっていくためには、経営スキルも必要となるでしょう。

いきなり独立するのではなく、幅広い知識を習得しながら徐々に進めていくのがポイントです。

エンジニアで年収アップを目指そう

エンジニアの年収の高さが気になるなら、働く業種を比較しましょう。また自らスキルアップする努力も忘れないようにしてください。

努力次第では、1,000万円クラスに達することもできる職業です。
TOP