新たな働き方テレワーク!企業と労働者それぞれのメリット・デメリットとは

新たな働き方テレワーク!企業と労働者それぞれのメリット・デメリットとは

さまざまな企業が働き方の多様化を進めていますが、実際どのようなメリットやデメリットがあるのか、よくわかりませんよね? そこで、ここでは企業と労働者、それぞれのメリットやデメリットをご紹介します♪
さまざまな企業が働き方の多様化を進めていますが、実際どのようなメリットやデメリットがあるのか、よくわかりませんよね?

そこで、ここでは企業と労働者、それぞれのメリットやデメリットをご紹介します♪

企業のメリット・デメリット

労働者にはたくさんのメリットがあるといわれていますが、実は企業側にとってもメリットはいっぱい♪

ただ、デメリットもあることを忘れてはいけませんね。働き方の多様化を目指す企業の経営者は、メリット・デメリットどちらも把握しておきましょう。

優秀な人材の獲得

優秀な人材ほど、柔軟な働き方を求めています。

自分の力がもっとも発揮できる職場で働きたい、と考えているんです。

多様な働き方ができる職場なら自分の力を最大限発揮し、快適に働けそうだと考えるので、優秀な人材の獲得につながるんです♪

コスト削減

たとえば、従業員に在宅ワークで働いてもらうとしましょう。

在宅で業務に従事してもらうのなら、広々としたオフィスは必要ありませんよね。

オフィスの賃料はもちろん、水道光熱費や通信費などもカットできるんです。

特にオフィスにかかる費用は大きいので、それを削減できるのは大きなメリットといえるでしょう。

勤怠管理しにくい

これまでなら、職場で当たり前に顔を合わせるので勤怠管理もしやすかったのですが、在宅ワークならそれができなくなります。

きちんと仕事をしているのか把握できず、進捗を管理しにくいのもデメリットですね。

コミュニケーションがとりにくい

在宅ワークのケースでは、従業員同士が顔を直接合わせないので、コミュニケーションがとにくくなります。
その都度通信アプリやメール、電話などを利用しなくてはならないので、古い世代の方はなかなかなじめないかもしれませんね(^^;)

従業員のメリット・デメリット

企業で働く従業員側にもたくさんのメリットがあり、デメリットもあります。多様な働き方ができる企業へ就職、転職するのなら、どちらもきちんと理解しておきたいですね♪

業務効率化が可能

オフィスへ出勤しなくていいので、時間を有効に使えます。

業務の効率化を図れるので、これまで以上に仕事がはかどるかもしれません。

オンラインで情報のやり取りを行えばスピーディですし、コミュニケーションをとる煩わしさもありませんね♪

プライベートを大切にできる

多様な働き方のできる企業なら、ワークライフバランスを大切にできます。

出勤にかかっていた時間が不要となり、自宅で働けるので自由に使える時間も増えるんです。
仕事とプライベート、どちらも充実しますよ♪

オンオフが切り替えしにくい

自宅ではついダラダラしてしまう、といった方は少なくないようですね(^^;)

これまでのようにスーツを着て出社することがなくなるので、オンとオフを切り替えにくいかもしれません。
人によっては、今までよりも長時間労働になるケースもあるようです。

きちんと仕事用の服に着替える、メリハリをつけるなどすればこうしたリスクを回避できそうですね。

仕事がはかどらないことも

環境が変わったことで、仕事がはかどらなくなるおそれもあります。

在宅ワークなら上司や同僚なども周りにいないので、誰にも注意されません。そのような環境なので、ついだらけてしまう方も多いようです(^^;)

テレワークで新たな働き方を実現しよう

テレワークなら、企業も労働者も多大なメリットが得られます。

これからはますます多様な働き方ができる企業が増えると考えられるので、企業も早めに導入を進めたほうがいいですね。企業も労働者も、テレワークのメリットとデメリット、どちらもしっかり把握しておきましょう。
TOP