転職後の年収の相場はどれくらい?年収アップのコツは?

転職後の年収の相場はどれくらい?年収アップのコツは?

年収アップを期待して転職をする人も少なくないでしょう。 スキルや転職先によっては年収アップが期待できるのは確かです。 でも転職するとどれくらい年収アップできるのでしょう? 年収が上がる人もいれば下がる人もいます。 転職後の年収相場やアップするための秘訣を教えます!
年収アップを期待して転職をする人も少なくないでしょう。

スキルや転職先によっては年収アップが期待できるのは確かです。

でも転職するとどれくらい年収アップできるのでしょう?

年収が上がる人もいれば下がる人もいます。

転職後の年収相場やアップするための秘訣を教えます!

転職後の年収の相場は?

転職したら100万円は年収アップしたいな~と思うのは個人の自由です。

しかし現実はそううまくいかないことも。

世間の相場はどれくらいなのでしょう?

50万円程度なら可能

転職して年収が上がった!という人は50万円程度のことが多いようです。

50万円の年収って悪くないですよね。

そのためにはただ、転職すればよいわけではありませんよ。

スキルに合っている職種や面接の際の交渉次第、ということもあるようです。

年収アップには研究が必要ですね。

下がってしまう場合もある

転職後に年収が下がってしまうことももちろんあります。

基本的な給料は同じなのに手当がない!とか、同じ職種でも企業によって欲しいスキルではない!という場合など、理由はいろいろ。

年齢や経験、地方と首都圏など地域によっても給料に差が出ることもあります。

転職後の年収アップが期待できる職種

職種によっても年収アップができる場合とできない場合があります。

では、どのような職種が年収アップに期待が持てるのでしょう?

年収アップが期待できる職種を挙げてみました。

IT関連

via pixta.jp
今も昔も、さらにますます花形のIT関連は給料が高いことでも知られていますね。

専門的知識が必要であるにもかかわらず、IT企業は増え続けています。

人材不足になるのも当然で、知識のある技術者には高いお給料を払ってでも雇用したいのです。

また納期などもあり、残業が多いのも年収が上がる理由。

ただし、IT関連といっても下請けの下請け、という会社ではお給料が安いということもあるようです。

不動産営業

営業はインセンティブがつくことが多いので、やる気とスキル次第では年収アップにつながりやすいです。

特に不動産営業はインセンティブを採用している会社が多く、利益率も高いことから売れれば大きなインセンティブがつきます。

会社によっては20%程度の歩合率であることも!

たくさん売ればたくさん稼げるということですね。

クリエイティブ系

スマホやゲームは新しいものが次から次へと出ています。

Webクリエイターやゲームクリエイターの就職先は増え、優秀なクリエイターは高い年収を支払ってでも獲得したいという企業が多いです。

医療機器・医療技術系

医薬品や医療技術、新素材などのニーズが増え、医療・化学に関する知識や技術が必要とされています。

医療系や化学系の技術者、薬剤師などの人材確保に力を入れている企業が多いのも年収アップにつながります。

転職で年収アップをするコツ

転職で年収アップをねらうコツを知っておきましょう。

ただ高い給料の企業を選んで面接を受けるだけでなく、コツを把握しておいた方が希望が叶いやすいですよ♪

同じ職種を複数受け交渉する

給料の高い職種を複数受け、年収を比較して交渉するという方法があります。

この方法はスキルに自信がある人なら、年収アップにつながりやすいです。

専門的知識があるなら、やってみる価値があるかも。

スキルや専門知識がなくても年収交渉は年収アップにつながることもあります。

自分の希望年収をしっかり伝えることは大切です。

その際には、自己アピールでそのくらいの年収に見合うスキルがあることをアピールすることが必要ですよ。

年収アップ可能な企業を選ぶ

インセンティブがある、手当が充実しているなど、年収アップが可能な企業を選ぶことも必要です。

ただし、今までと違う職種は避けた方がよいでしょう。

未経験だと年収が下がることはあっても、上がりにくいですよ。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを通せば年収交渉は担当者がやってくれます。

自分ではなかなかできない、と思うなら転職エージェントを活用するのも一つの方法ですよ。

転職後の年収アップのコツを知り年収アップをねらおう

人材不足の職種や専門的知識が欲しい企業、インセンティブのある会社などを選べば、年収アップにつながりやすいです。

100万円年収アップ!も夢ではないかも♪

企業をいろいろチェックするとともに、自分のスキルや経験をアピールして年収アップをねらいましょう。
TOP