変額保険って実際どう?変額保険のメリットとデメリット

変額保険って実際どう?変額保険のメリットとデメリット

ここ最近変額保険の人気が高まっています。 運用実績によって返戻金が増えるとして人気の保険商品です。 運用実績により、ですのでメリットもあればデメリットもあるのが正直なところ。 今回は変額保険のメリットとデメリットをお伝えしますので、変額保険に加入を検討している方はぜひ参考にしてください。
ここ最近変額保険の人気が高まっています。運用実績によって返戻金が増えるとして人気の保険商品です。

運用実績により、ですのでメリットもあればデメリットもあるのが正直なところ。

今回は変額保険のメリットとデメリットをお伝えしますので、変額保険に加入を検討している方はぜひ参考にしてください。

変額保険のメリット

まずは変動保険のメリットからみていきましょう。人気の商品ですから、加入することでメリットが多いのはお分かり頂けていると思います。

どうしてもリターンばかりに目が行きますが、変額保険のメリットはリターンだけではありません。

メリットを詳しくみていきます。

定額保険より保険料が安い

他の一般的な定額保険よりも、保険料が安いというメリットがあります。

保証は欲しいけれど保険料が負担になるのでは本末転倒です。少しでも保険料を抑えたいのであれば、定額保険の選択は良いでしょう。

それに、運用次第では満期での支払金が増えます。

もちろん、逆に減ってしまう場合もありますが、運用利率がプラスになると保険料を押さえて大きなリターンを受け取ることになるのです。

インフレに強い

インフレによって物価が上昇し、貨幣価値が下がってしまうと一般的な保険商品は太刀打ちできません。というのも、受け取る金額が決まっているため、インフレ下では焼け石に水となりかねないのです。

その点、変額保険はインフレに応じて保証額が増えていきます。運用実績にもよりますが、大きな備えとなるのです。

インフレが起こらないなんて保証はないので、資産を守る方法として有効と言えるでしょう。

基本保険金が保証されている

変額保険には死亡保険金と重度障害保険金の最低保証がされています。

確かに、運用状況によっては元本割れをしますが、ゼロになることはありません。ただし、自分のライフプランによって、どの部分に保証がほしいかはしっかりと見極めておきましょう。

たとえば、経済的な不安定な状態で変額保険を掛けたとしても、途中解約しては保証もないままに損をして終わってしまいまうので注意が必要です。

変額保険のデメリット

保険料を押さえてリターンを大きくできる可能性があるので、変動保険は魅力的です。ですが、「運用次第」というのはリスクでもあります。

これから加入を検討しているのであれば、あえてデメリットにもちゃんと目を通しておきましょう。

損失を生む可能性がある

運用次第でリターンがあるということは、運用次第で損をするということです。この部分はちゃんと理解をしておきたい、変額保険のデメリットになります。

ただし、先ほども触れたとおり最低保証があるため、他の金融商品と併用しての運用でしたら「備え」として十分でしょう。

貯蓄だけに焦点を当てると、少し心許ないのは否めません。

短期の運用はむなかい

変動保険は途中解約をすると元本が割れて損失を出します。長期的な運用ができる人でないと、運用リスクが高いです。

貯蓄を増やすことに焦点を当てるのであれば、保険を投資目的にする必要はないと言えます。

短期間での運用を考えるということは、投資としての期待をしているのですから、投資は投資として切り離す方が良いでしょう。

各種費用がかかる

変額保険は払い込んだ保険料の全額が運用に回るわけではありません。保険を維持するための費用や手数料といった諸経費を引いた費用が、運用に回されます。

ということは、運用利率がマイナスでなくとも、ゼロ水準であった場合、受け取る金額は増加しないのです。運用が必ずプラスで長期間保有できることによって、リターンは大きくなります。
via pixta.jp

変額保険の運用は保険会社にしっかりと説明を受けよう

変額保険で将来の備えをするのは良い考えです。ですが、全ての保証と貯蓄を変額保険だけで選択するのは少しリスクが高いとも言えます。

どのように資金運用をしていくか、ファイナンシャルプランナーに相談しながら、確実な方法で運用していきましょう。
TOP