法人口座を作る際におすすめしたいネットバンキングはココだ!

法人口座を作る際におすすめしたいネットバンキングはココだ!

日本はバブルが崩壊して以降、長らく不況が続いています。阪神大震災や東日本大震災などの災害や、リーマンショック、新型コロナウイルスなどの影響によって、日本の法人は苦境に立たされています。少しでも出費を抑えるために、ネットバンキングをメインバンクにする法人が増えてきました。
日本はバブルが崩壊して以降、長らく不況が続いています。阪神大震災や東日本大震災などの災害や、リーマンショック、新型コロナウイルスなどの影響によって、日本の法人は苦境に立たされています。

少しでも出費を抑えるために、ネットバンキングをメインバンクにする法人が増えてきました。

法人口座をネットバンキングで作成するメリットとデメリット

ネットバンキングをメインバンクにする法人が増えてきている一方で、頑なに都市銀行などをメインバンクにしている法人もあります。

これは、ネットバンキングをメインバンクにすることによって、得られるメリットだけでなくデメリットも存在するからです。

利便性が高い

法人の方がメインバンクをネットバンキングにする理由は、とにかく利便性が高いということがあります。24時間365日いつでもインターネット上で振り込みや決済が可能です。

もちろん銀行に直接足を運ばなくてすみますので、時間と労力を無駄に浪費しなくても良いといったメリットもあります。

他にも振込手数料がリーズナブルであることや、預金の金利の高さなどは法人を経営している方にとっては、ありがたい存在だと言えます。

また、会計システムと連携しやすくなっていますので、会計システムに入力する手間を省くことができます。このように、ネットバンキングにはメリットがいっぱいあります。

信頼度が低い

ネットバンキングをメインバンクにできない方の中には、ネットバンキングだからこその弱さを懸念しています。

例えば、取引先の中にはメインバンクをネットバンキングにしていることで、不安に思われてしまうといった事があります。

また、お金回りで疑問に思ったことや改善点を知りたいという時に、お金のプロである銀行の方に相談できないというのも大きなデメリットになります。他にもセキュリティ面で不安に感じる方も多いようです。

基本的にネットバンキングでは、IDとパスワードさえあればログインすることができてしまいます。スマートフォンアプリの場合には、指紋認証などでロックをかけることはできますが、それでも不安に感じる方が多いということなのです。

法人口座を作る際におすすめのネットバンキング

法人口座に適しているネットバンキングはどのようなものがあるのでしょうか?わたしが実際に法人口座としてネットバンキングを制作した時に、最後まで迷った2つのネットバンキングの特長をまとめました。

GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行は、2018年の夏に誕生した、まだ歴史の浅いネットバンキングです。GMOあおぞらネット銀行の最も大きな特徴が、手数料の安さです。

GMOあおぞらネット銀行の手数料の安さはネットバンキング業界最高水準となっています。特にGMOあおぞらネット銀行だけのサービスでもある振込料金とくとく会員やVisaビジネスデビットカードを上手に使えば、まとまった経費削減を可能にします。
来店不要!代表者と取引責任者が同一の場合は必要書類の郵送や印鑑不要で口座開設が可能。経理コストの削減・同行間なら振込手数料無料・多数の認証機能で安心・サービス利用料ゼロ円・サービス: 法人口座, Visaビジネスデビット, バーチャル口座。

ジャパンネット銀行(現PAYPAY銀行)

ジャパンネット銀行は、ひとつの事業所で20口座まで作ることができます。大きな企業にしてみれば、この特徴だけでジャパンネット銀行に決めたという事例も多くあります。

画面操作がネットバンキング業界で最も簡潔でわかりやすいといった特徴もあります。月額利用料金が無料、セキュリティに力をいれているといった特徴もジャパンネット銀行が愛されている要因となっています。
PayPay銀行の口座は最短当日に開設。その日からPayPay・ATM・Visaデビット・公営競技がスマホで利用できる!

トータルで判断しながらネットバンキングを選ぼう

ネットバンキングは、個人だけでなく法人の方にも愛用者が増えてきました。

年々ネットバンキングの利便性は高まっていますので、まだ法人の口座がネットバンキングでない方は、これを機会にネットバンキングに移行してみてはいかがでしょうか。
TOP