子供の教育費はいくらかかる?いつから貯めるべき?

子供の教育費はいくらかかる?いつから貯めるべき?

子育てでもっとも大変なのは、教育費と答える保護者も少なくありません。子供が希望する進路につかせたいけど、費用面でどうしても不安になる人も多いのです。しかし、それは教育費がいくらかかるのかを調べていない人に多いです。今回は、子供の教育費にはいくらお金がかかるのかなどを紹介していきますので参考にしてみてください。
子育てでもっとも大変なのは、教育費と答える保護者も少なくありません。子供が希望する進路につかせたいけど、費用面でどうしても不安になる人も多いのです。しかし、それは教育費がいくらかかるのかを調べていない人に多いです。今回は、子供の教育費にはいくらお金がかかるのかなどを紹介していきますので参考にしてみてください。

子供の教育費はいくらかかるのか?

こちらでは、子供の教育費に関して紹介していきます。小学校、中学校、高校で費用が大きく変わってくるのである程度でもいくらかかるのかを早めに知っておいてください。そうすることで、ある程度の目安になるお金が見えてくるはずです。

小学校でかかる教育費

小学校の場合、公立と私立で約130万円の差があります。こちらは1年間の費用なので、6年間では大体770万円ほどになります。公立の小学校が6年間の費用で200万円前後だとすると、市立の場合は960万円ほどになるのです。

児童の99%が公立小学校に入学していますが、一部の児童は私立小学校に入学しています。保護者が私立小学校に通わせたい場合、児童自体が私立小学校に通いたいと言っている場合など、さまざまなケースがあります。

中学校でかかる教育費

中学校にも小学校同様に公立と私立があります。公立中学校の場合、1年間が約50万円で3年間で150万円ほどが目安です。私立中学校の場合は1年間が140万円ほどとなっていて、3年間で420万円が目安となっています。

ただ、私立中学校の場合はあくまでも目安となっているのでなるべく多めに見積もりを取っていた方がいいでしょう。教育費は足りないということは多くありますが、多めに見積もっていて損をすることはありません。

高校でかかる教育費

高校の場合も公立と私立で教育費が大きく変わってきます。公立高校の場合は1年間が46万円ほどであり、3年間で大体140万円ほどと考えてください。一方、私立高校の場合は1年間が約100万円で、3年間だと300万円です。大体倍くらいの金額がかかると覚えておきましょう。

そして、進んだ学科によっては別に費用がかかる場合もあります。高校の場合は専門資格を取得できる機会が多いこともあり、資格検定費用や勉強のための費用なども上乗せされることがあるからです。

大学ではどんな教育費が必要か?

小学校、中学校、高校とそれぞれで教育費がかかります。そして、もっとも覚えておきたい教育費が大学費用です。大学費用は子供の教育費の中でもっとも費用が膨らむ時期です。公立と私立というくくりだけではなく、私立文系、私立理系、私立医師系などで費用が変わってきます。

入学料や授業料

入学料の場合、国立が30万円ほどだとすると公立が40万円、私立文系が23万円、私立理系が26万円、私立医師系が100万円と学科によって大きく異なります。

授業料は国立が220万円、公立が220万円、私立文系が320万円、私立理系が450万円、私立医師系が1720万円となっています。これを見ても分かるように選んだ学科でかなり費用の差が出てくるのです。

大学で必要な学費以外の教育費

大学で学ぶ際に必要な費用は授業料や入学料だけではありません。それは必要最低限のお金と言ってもいいでしょう。他にも施設設備費、実験実習費、それ以外のお金などさまざまな教育費がかさんでくるのです。

衣食住の費用も考えておく

大学進学の場合、地元から離れる人が多くいます。その場合は衣食住のお金も考えておかないといけません。大学生なのでバイトなどはできますが、バイトだけで衣食住をまかなうとなるとどうしても勉強が疎かになってしまう場合があります。そのため、親が仕送りをするケースがほとんどのようですね。

子供の教育費はいつから貯めるべき?

子供のための教育費用はいつから貯めればいいのかと悩んでいる人も多いです。こちらでは、どのくらいから貯めるべきなのかをチェックしていきましょう。現在妊娠中の人、子供の教育費用について悩んでいる人は参考にしてみてください。

乳幼児の時から貯め始める

理想的な時期と言えば、子供が乳幼児期の時期です。乳幼児の時はおむつやミルク代などでお金がかかりますが、幼稚園児や小学生などと比較するとお金はかからない方だと言われています。

そのため、一番貯蓄をしやすい時期でもあります。しかし、子供のためにいろいろと買ってあげたい親心もありますよね。手っ取り早い方法として児童手当を貯めるなどを実践していきましょう。

子供が大きくなればなるほど貯めにくくなる

基本的に子供が大きくなればなるほどお金は貯めにくくなります。子供が大きくなればクラブに通い始めるなどお金がかかることが増えていくからです。子供が野球を始めたい、バスケを始めたい、水泳を始めたいなどで習い事に関するお金もかかってしまいます。

お金は後から貯めればいいと考えていても、実際にその場になるとなかなか貯められないことがあります。そのため、後から貯められるという考えは捨てるようにしましょう。

余裕を持って貯めることが重要

お金の問題は決して楽観視できるものではありません。そのため、予定金額ぎりぎりと貯めていても土壇場で足りないという状況になりかねません。そのため、目安金額よりも多めに用意するようにしてください。

多めに用意しておいてそこまで使わないなら、別のことに使うことができます。でも、逆の場合だといきなりお金を用意しなければいけなくなります。そうなると慌ててしまいます。お金は簡単に用意できるものではありません。だからこそ、余裕を持って貯めることを考えましょう。

子供の教育費を貯める方法

こちらでは、子供の教育費を貯める方法について見ていきましょう。教育費は簡単に用意することができません。だからこそ、早めにどうするべきかを考えるようにしましょう。教育費を貯める方法はいくつもあるので、自分たちに合う方法を見つけるようにしてください。

学資保険

もっとも一般的なものといえば、学資保険です。子供の教育資金を準備するための保険です。貯蓄型なので、無理なく利用することができます。毎月保険料を収めることによって大学進学時などの高額な費用がかかるタイミングで教育資金を受け取ることができます。毎月の負担はありますが、必要なタイミングでお金を受け取れるのは魅力的です。

運用

運用をすることで、預金口座にお金を寝かせるよりもお金を貯めることができます。ただ、これは投資の一種なのでリスクがあります。リスクがあるので、確実な貯金方法とは言えません。つみたてNISAなどで運用して、教育費を貯める人がいます。

ただ、20歳以上の人しか利用できません。教育費は子供名義で行う人が多いですが、投資や運用などは20歳以上と決まっているので親名義で行いましょう。

口座に貯蓄

リスクなく貯金をしたい場合は、口座に貯蓄するのが一番です。ただ投資と異なって、口座に入れたお金だけが貯まるので利息などを求めている人は期待ができないと考えてください。

子供がいる家庭に振り込まれる児童手当などを貯める方法として口座に貯蓄がおすすめです。ただ、これはすぐに引き出せる分、貯めたとしても何らかの時に使ってしまう場合があります。

教育費が貯まらない時は?

こちらでは、教育費が貯まらない人、貯められるか不安な人におすすめの方法です。教育費が貯まらなかった人などは、これから紹介する方法を試してみてください。ただ、奨学金などは返済をする必要があるので、支援ではなく融資という借金であることも覚えておきましょう。

高等学校等就学支援金制度

高等学校等就学支援金制度は世帯年収が910万円未満であれば、公立高校の実質授業料の負担なしとなるのです。私立高校も2020年の制度改正によって、年収590万円未満の世帯は授業料が実質無償化となりました。ただし、制服代、入学金などは自己負担となります。

しかし、授業料が実質無料になることで教育費に関する不安を軽減できる家庭も少なくありません。むしろ、そのおかげで私立高校に通えるようになった子供もいるのです。

奨学金制度

奨学金制度は経済的な理由で修学が困難な学生に学費の貸与を行うことです。貸与型の奨学金だけではなく、給付型の奨学金もあります。これらの違いは貸与型は返済が必要ですが、給付型は返済不要のケースもあります。

大学に通いたいけど費用面の不安がある人は、奨学金も検討しましょう。ただ、返済によって就職後も悩んでいる人がいます。そのため、出来る限り事前に用意しておくことをおすすめします。ただ、いろいろと調べてしっかりと子供の学びの道をしっかりと示してあげましょう。

教育ローン

教育ローンは民間企業が行っているものです。一括で借りることができます。奨学金の場合は卒業後からの返済ですが、教育ローンの場合は借りた翌月からというケースがほとんどです。奨学金は大学に通う子供名義となりますが、教育ローンは基本的に保護者が返済していく形があります。

教育ローンは進学予定であれば、入学前に借りることができます。借りたお金は進学費用やひとり暮らしようのお金などさまざまなものに使うことができます。奨学金と比較して素早く借りることができるのも魅力のひとつです。

子供の教育費は早めに貯め始めよう

子供の教育費はかなり高額なものです。子供が大きくなればなるほどその費用は大きくなります。そのため、早めに貯め始めることをおすすめします。早めに貯め始めることで、子供の進路の幅も広がる可能性があります。子供の将来のためにも、しっかりと貯金をしておきましょう。

教育費用に関して悩みがある場合は保険会社などに相談することもおすすめです。その家庭に適切な学資保険などを提案してもらえるはずです。自分たちの生活を振り返って、無理のない貯金をしていくようにしましょう。
TOP